• 総合
  • 各階コトコトステージ
  • 婦人服
  • 時計・メガネ
  • バッグ・シューズ・アクセサリー/ジュエリー・服飾雑貨
  • 化粧品
  • スポーツ・紳士服
  • こども服・呉服
  • リビング用品 ・美術
  • うめだスーク
  • フード
  • レストラン・カフェ

『GOOD FOR THE FUTURE』~着物の技法「刺繍」のご紹介~

  • 更新日: 2020/10/30
  • mixiチェック

こんにちは、フォーマルきもの売場です。

ただいま阪急うめだ本店全館では『GOOD FOR THE FUTURE』をテーマに、未来へ向け持続的な社会にしていく為の、色々な活動や品々をご紹介しています。

きもの売場では、「時代・世代を超えて、長く纏うことが出来る衣服」という着物の特性と魅力あふれる伝統の技法をご紹介していきます。
今回は、染めの柄の上から施す装飾技法のひとつ「刺繍」を特集。古くからいろいろな種類の刺繍が受け継がれています。

付下げの着物に、立体的なアクセントを加えるのは日本刺繍による蘭の花の柄。
細く繊細な複数の糸を重ねることにより表現される、色糸の奥行と立体感は刺繍ならでは。

こちらは華やかな訪問着の中の菊の花に施されたもの

限られた柄だけに刺繍を入れることにより、柄全体に立体感が生まれます。

こちらは見た目が特徴的な「相良(さがら)刺繍)」
三大中国刺繍の一つで、日本では奈良時代からの歴史があるとされており、ビーズ細工のような丸く立体感のある刺繍です。
平面に絹糸が広がる刺繍と違い、光沢を抑えた表現ができるため特徴的な立体感はありつつ上品で落ち着いた印象に。

また、振袖などハレの日の華やかな着物で目にする機会の多いこちらは「金駒刺繍」。駒繍い(こまぬい)という技法を使った刺繍です。

刺繍針に通らない太い金糸を、駒(糸巻き)に巻きつけ、下絵に沿って転がしそれを綴じ糸で留めています。
存在感のある金糸の輪郭により、着物が一層華やかになります。

今回ご紹介したものはほんの一部ですが、着物や帯の中には柄の上にこのような高度な技術の刺繍を施すことで、装いにさらなる華やかさを加えています。
時代を超えて引き継がれた技術や美しさを、ぜひお楽しみください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

阪急百貨店では、ご来店いただかずに商品の購入が出来る
WEB決済サービス『Remo Order(リモ オーダー)』や
Zoomアプリを使ったリモートショッピングサービスも
スタートしております。
詳細は、11階きもの売場までお問い合わせくださいませ。
06 6361 1381(代)

◆阪急百貨店のリモートショッピングサービス
『Remo Order(リモ オーダー)』


阪急百貨店で取り扱っている商品を
ご自宅や外出先から、スマートフォンでご注文いただける
リモートショッピングサービスです。

※詳しくはこちらから

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
トップページへ戻る