• 総合
  • 各階コトコトステージ
  • 婦人服
  • 時計・メガネ
  • バッグ・シューズ・アクセサリー/ジュエリー・服飾雑貨
  • 化粧品
  • スポーツ・紳士服
  • こども服・呉服
  • リビング用品 ・美術
  • うめだスーク
  • フード
  • レストラン・カフェ

11/23(月・祝)からの地下1階 ツリーテラス
「きっと見つかる 私のシュトレン」

  • 更新日: 2020/11/17
  • mixiチェック

  • ◎11月23日(月・祝)~12月1日(火)
  • ◎地下1階 ツリーテラス
  • 「シュトレン」とは、酵母の入った生地にドライフルーツやナッツ、マジパンなどを練りこんだ
    ドイツの伝統的な焼菓子。日本でも「シュトーレン」と発音され親しまれており、クリスマスを
    待つまでのアドベント(イエスキリストの降誕を待つ期間)の間にシュトレンを少しずつ
    スライスして食べる習慣があります。

    毎日少しずつ食べることで生地が熟成され、その日の味のうつろいをお楽しみいただける
    1本サイズのシュトレン。
    お気に入りのシュトレンを探したい!というかたは1カットサイズを買い集めて自分だけの
    シュトレンセットをつくってはいかがでしょうか。

    登場するシュトレンを少しご紹介いたします。
画像1
キルシュ漬けのグリオットチェリーやドレンチェリーを、
ふんだんに練りこんで仕上げて。
ほんのりピンク色の生地は、
やさしいグリオットチェリーとキルシュの香り。
■大阪・南堀江
「パティスリー ショコラトリー オーディネール」
シュトーレン・スリーズ

画像2
コニャックとラム酒でマリネしたドライフルーツを
生地と同量近く練りこみ、生地にもアーモンドプードルと
スパイスを配合。焼き上がりに、フランス産
イズニー発酵バターの上澄に浸してバターリッチな
シュトレンに。
■大阪・京町堀「セイイチロウニシゾノ」
シュトレン

画像3
2020年とかち小麦ヌーヴォー、ウイスキーベースの
オリジナルドライフルーツ漬け、タカナシバターなど
使用し、従来のどっしり系のシュトーレンではなく、
食べやすく、そして味わっていただけるNewタイプの
シュトーレン。シュトーレンづくりの基本的要素と
素材本来の良さを生かした製法。
■大阪・伝法「プププ プティッタプティ ベーカリーカフェ」
Happy Foodie STOLLEN

画像4
ぎゅっと締まった食感にリッチなスパイスの香りと、
果物を漬け込んだ4種類のリキュールが複雑に
絡み合う、大人向けの味わい。
日に日に熟成してより深みを増してゆく変化も
お楽しみください。紅茶に、ワインに、ウイスキーと
合わせて・・・など、贅沢なひとときにぴったりのお菓子。
■兵庫・養父「ル・フルーヴ」
ルフルーヴのシュトーレン

画像5
宇治抹茶の深みのある香りが特徴。
くるみ、大納言鹿の子とくりを使用。
ホワイトチョコを隠し味に。
■京都・長池「PIE&SANDWICH OHSHIMA(オオシマ)」
抹茶シュトーレン

この他にも、たくさんのショップからシュトレンをご用意。

【大阪から】
■池田「パティスリー ア・テール」/■北堀江「パティスリー アクイユ」/■福島「パティスリー クロシェ」
■江戸堀「ショコラトリ・パティスリー ソリリテ」/■豊中「ルフラン」/■豊中「ル・ブーランジェ ヨシヒロ イケダ」
■大宮「パン屋のグロワール」/■十三「Touchez du bois(トゥシェドゥボワ)」/■阿倍野「アミール」
■東大阪「ベーカーズショップ パピオ」

【兵庫から】
■岡本「ラトリエドゥマッサ」/■神戸「ラヴニュー」/■神戸「バウムウントバウム」
■摂津本山「ブーランジュリー グルマン」/■宝塚「パティスリー ベル クルール」
■芦屋「パティスリーエトネ」/■西宮「セゾンマルシェ」

【京都から】
■今出川「ラマルク」/■四条烏丸「パティスリー・エス」/■北山「ブリアン」/■山科「燻製菓子店」
■亀岡「ベーカリー・オーディナリー・デイ」/■藤森「ブーランジェ・ジェリコのお店」
■桂「オークフードライトカフェ」

【さらに】
■滋賀・大津「パン工房 ロゼッタ」/■長野「麦香房epi」/■福岡・北九州「木輪」
■「シュライフェ プレゼンテッド バイ ベッカライペルケオ」※ドイツパン専門店
「ベッカライペルケオ」のセカンドブランド と盛りだくさんです。

様々なブランドを食べ比べしても楽しい“シュトレン”
クリスマスまでの期間をお楽しみください。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
トップページへ戻る