• 総合
  • 各階コトコトステージ
  • 婦人服
  • 時計・メガネ
  • バッグ・シューズ・アクセサリー/ジュエリー・服飾雑貨
  • 化粧品
  • スポーツ・紳士服
  • こども服・呉服
  • リビング用品 ・美術
  • うめだスーク
  • フード
  • レストラン・カフェ

【Good for the future】スーククローゼット 
    food & flower-loss dyeing

  • 更新日: 2021/6/1
  • mixiチェック

  • ◎6月1日(火)~6月8日(火)  
  • ◎10階 南街区スーククローゼット



サスティナブルファッション

本来廃棄される食品やお花でサンプルの洋服を染め直し、新たな作品に仕上げました。

ワイナリーで剪定され廃棄されるデラウェアの枝を材料に使用し、染色したブラウス。
デラウェアの枝は、カタシモワインフード株式会社にご提供いただきました。

ポン酢を製造する際に排出される橙の外皮を使用し、染色したワンピース。
橙は、株式会社 平井製作所よりご提供いただきました。

すべての染色を依頼した福井プレスが得意とする、賞味期限切れのコーヒー豆を使用し染色したブラウス。

買い手がつかず、捨てられるはずだったカーネーションを材料に染色しました。
スーク 北街区 「フェニックス」よりご提供していただきました。

食品フロアで廃棄されるアボカドの皮を使用して染色したブラウス。
アボカドの皮は、阪急うめだ本店 地下の食品フロアより、ご提供いただきました。

今回のSDG's企画にご賛同くださった大阪の企業と一緒に、ものづくりをさせていただきました。
染色の材料だけでなく、染める洋服もサンプル品を使用し、本来ただ捨てられてしまうだけのモノを有効活用することにこだわりました。
たくさんの方々とのつながりで、素敵な一点ものの洋服に生まれ変わりました。
少しでもサスティナブルな活動に、参加するきっかけになればと思っております。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
トップページへ戻る