Professional Note 02│感謝の気持ちと一緒に友達に贈るギフト
FEATURE | 2019.11.26
Professional Note 02│感謝の気持ちと一緒に友達に贈るギフト
ホリデーシーズンの様々なシーンで活躍するアイテムを、各業界の第一線で活躍するプロフェッショナルに紹介してもらう短期連載。今回は「友達に贈るギフト」をテーマに、6名にお話を伺いました。
今年1年お世話になった友達への贈り物や女子会でのプレゼント交換。
マンネリにならず、喜んでもらえるギフトを選びたいもの。
ファッションやインテリアの目利きの
プロが選ぶアイテムや、
ギフト選びで大切にしていることとは?
  • Brand

    COSABELLA〈コサベラ〉

  • Item

    Underwear

女同士だからこそ贈れる
とっておき感のある
ランジェリーを
ファッションスタイリスト辻直子
ホリデーシーズンに限らず、友達へのギフトにランジェリーを贈ることが多いと話す辻さん。 「私自身、下着が大好き。ノンワイヤーならサイズはある程度自由だから。同性目線で素敵だなって思うものをセレクトして、必ず試着もします」ランジェリーは親しい間柄だからこそ贈れるギフトのひとつ。「好みを知っているから、あえて相手が選ばなそうなデザインにするのもこだわりです。普段は着ないデザインも、下着ならチャレンジと思って。〈コサベラ〉のノンワイヤーブラとショーツのセットは日常にも使えるし、旅行先でガウンの中に着てもいいですよね。」 〈コサベラ〉ブラジャー 10,450円 ショーツ 6,270円 ソング 5,280円_3階 婦人肌着『メゾン・ド・ランジェリー』
Profile
辻直子/スタイリスト:数多くのファッション誌で活躍し、女優やタレントのスタイリングやブランドのディレクションも手掛ける。上品で女らしいスタイリングや洗練されたライフスタイルで幅広い女性から支持を集めている。
  • Brand

    AVEDA,THREE〈アヴェダ〉,〈スリー〉

  • Item

    Hairbrush,Bath salt

自分も愛用していて
自信を持っておすすめできる
アイテムを選びます
CLASSY.ONLINE編集室 編集室長原さやか
12月は仕事でもプライベートでも人と集まる場が多いという原さん。友達へのギフトに選んだのは、愛用している美容グッズ。「〈アヴェダ〉のヘアブラシは期間限定で名前の刻印ができるサービスがあって。そのひと手間がギフトに最適です。〈スリー〉のバスソルトは、相手に気を使わせないギフトとしてちょうどいいお値段で、コンパクトだから渡しやすい。体をスクラブをして、そのままバスタブに入れると入浴剤にもなって一石二鳥」普段からギフトを選ぶシーンが頻繁にあるそう。「仕事柄いろんなものに触れる環境にあるので、その中で自分が使ってよかったものを厳選するようにしています。その方が自信を持ってお渡しできるし、話の切り口にもなるんです」 〈アヴェタ〉パドル ブラシ 3,300円_2階 HANKYU BEAUTY ※次回実施は12月4日(水)~8日(日) ※刻印にはお買い上げ条件がございます。混雑時、あるいはご注文数によって後日お渡しとなる場合がございます。
〈スリー〉フルボディ トリートメント&バスソルト(グレープフルーツ/40g×7) 3,080円_2階 HANKYU BEAUTY
Profile
原 さやか/CLASSY.ONLINE編集室 編集室長:「CLASSY.ONLINE」のコンテンツやSNSを統括。ファッション・ビューティ・インテリアなど幅広いジャンルに精通。年末年始は自宅に自然と友達や仕事関係の仲間が集まり、ホムパになることが多い。2人の女の子の母。
  • Brand

    LLADRÓ〈リヤドロ〉

  • Item

    Candle

包みを開けた瞬間、
サプライズ感のあるグッズで
相手を喜ばせたい
インテリアスタイリスト長山智美
相手に喜んでもらえるものでありつつ、包みを開けた瞬間に「わぁ!」となるサプライズ感のあるものが、長山さんのギフト選びのポイント。今年のクリスマスに友達に送りたいのは〈リヤドロ〉の1001ライトキャンドル。「寛げるスペースでキャンドルの香りと、お城のビジュアルも愛でてもらえたらうれしいです」コレクションの中からひとつずつ贈ることで、最終的にセットができあがるところもセレクトの理由。「一度にすべてではなく1ピースずつ贈って時間をかけてお城を完成させるように、その方とのお付き合いも育んでいけたらいいなと思いますね」 〈リヤドロ〉1001ライトキャンドル(窓・Blue)(W17×D17×H13cm) 70,400円_7階 特選洋食器売場
Profile
長山智美/インテリアスタイリスト:「Casa BRUTUS」をメインに活躍し、同誌ではデザインコラム「デザイン狩人」を連載中。ショールームやカタログのインテリアスタイリングも手掛ける。プライベートでハマっているのはヨガとPS4。
  • Brand

    yumiko iihoshi porcelain〈ユミコイイホシ ポーセリン〉

  • Item

    Plate

仲のいい友人と
シリーズで揃えられる食器を
贈り合うのが定番
ファッションライター金セアル
「ツリーを出す家には珍しいオーナメントを。水引を習っていたときにはお正月の祝い箸袋やぽち袋を作ってプレゼントしたら本当に喜ばれました」と年末年始のシーンを意識した贈り物をするセアルさん。 「親友とはロイヤル コペンハーゲンやアスティエ・ド・ヴィラットなどシリーズで揃えて楽しめるものを贈り合っています」〈ユミコイイホシ ポーセリン〉はピンクとグレーのメインプレートやカトラリーなどを愛用中。「他にはない絶妙な色出しが好き。おしゃれな人に喜ばれる世界観とプレゼントしやすい価格帯も魅力です。今年はお料理好きの若いご夫婦に贈りたいです」 〈ユミコイイホシ ポーセリン〉matin plate プレート (約径27.8×H2cm) 4,950円_7階 キッチン&ダイニング
Profile
金セアル/ライター:「CLASSY.」や「VERY」などの女性誌をメインに活躍。関西在住。インスタで発信される女らしくて華やかなスタイリングやライフスタイルも人気でファン多数。ルルレモンのウェアに出会って以来、ワークアウトに夢中。
  • Brand

    Santa Maria Novella〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉

  • Item

    Bath salt

優しい香りの
バスソルトで
リラックスして欲しい
メイクアップアーティストAIKO ONO
「ホリデーシーズンに会う予定のある人にはギフトを用意しておく」という素敵な習慣を持つAIKOさん。 キャンドルや石鹸といった香りものは、贈ることも貰うことも多く、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉のバスソルトも友達からのプレゼントで貰ったことがあるもの。「置いてあるだけでも香りが広がるし、使うとバスルームにも体にもいい香りが残るんです。自分買いとしてはなかなか手を出しにくいプライスだから、貰うと余計うれしいですよね。仕事をがんばっている姿をいつも身近で見ている友達にプレゼントして、ゆっくりと疲れを癒して欲しいです」 〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉Sali da Bagno Melograno バスソルト ザクロ(500g) 7,700円_阪急メンズ大阪地下1階 メンズビューティー
Profile
AIKO ONO/メイクアップアーティスト:モード誌やファッション誌、広告をメインに活動し、多くのモデルやタレントから指名が絶えない。新作コスメは必ず吟味し、スキンケアやメーキャップなどの美容情報が豊富。
  • Brand

    OFFICINE UNIVERSELLE BULY〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉

  • Item

    Lotion

パッケージが可愛くて
渡したときに
テンションが上がるものを
阪急百貨店 婦人服バイヤー山宮聡美
パッケージや容器など、見た目を重視したギフト選びを心掛けている山宮バイヤー。「容器が可愛い香水やハッピーカラーのネイルやアイシャドウは実際にもらってうれしかったので、見た目が可愛くてテンションが上がるものを選びます」 〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉の化粧水はパッケージもおしゃれでインテリアにもぴったり。「自分で買うにはちょっと躊躇するプライスと、取り扱い店舗が少なく特別感があるところもギフト向き。ファッションやビューティーへの関心が高く、可愛いものや新しいものが好きな友人に贈りたいです」 〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉オー・スゥペールフィヌ(スージングローション/190ml) 5,280円_2階 HANKYU BEAUTY
Profile
山宮聡美/婦人服商品部バイヤー:阪急うめだ本店3階モードファッションを担当し、国内外のブランドから買い付けを行う。趣味は絵を描くこと。休日は絵画教室に通ったり、長期休暇には海外の美術館を巡るのが楽しみ。
次回、12月4日(水)は「自分に贈るご褒美アイテム」がテーマ。各界のプロが1年の締めくくりに自分買いするアイテムとは?

LATEST FEATURE

  • 素材や柄で冬を楽しむ、バッグ&シューズ

    FEATURE | 2020.10.13

    素材や柄で冬を楽しむ、バッグ&シューズ

    新しい季節の着こなしに欠かせないバッグ&シューズ。今季は素材感や柄であたたかみのある冬小物が充実のラインアップ。ふわふわ素材やタータンチェックや千鳥格子などをアクセントに効かせて、このシーズンならではのスタイルを楽しみたい。

  • 色とシルエットで遊ぶ フェミニンなニットスタイル

    FEATURE | 2020.10.8

    色とシルエットで遊ぶ フェミニンなニットスタイル

    この冬は例年以上にニットのバリエーションが豊富。ベーシックからトレンドを反映したデザインまで充実のラインアップの中から、今年取り入れたいニットアイテムを、辻 直子さんに伺いました。

  • 素直に、自由に。今を楽しむ。HANKYU MUSE 冬のスタイリング

    FEATURE | 2020.10.6

    素直に、自由に。今を楽しむ。HANKYU MUSE 冬のスタイリング

    HANKYU MUSEの今季テーマは“clear as day”。気負わず、無理せず、自分らしさを軸にしたスタイルを楽しんでほしい。新しい生活を迎えて見えてきたファッションとの向き合い方やトレンドの着こなしを、スタイリスト・辻 直子さんに伺いました。