カメラを持って春を探しに出掛けよう
FEATURE | 2020.3.17
カメラを持って春を探しに出掛けよう
あたたかな日差しに誘われて、どこかへお出掛けしたくなる季節はもうすぐ。心躍るカラフルなカメラグッズで、フォトジェニックな春の思い出を残そう。
花々が咲き始め、あたたかな色合いに包まれる春。楽しいお出掛けの思い出をとっておきのカメラで形に残しませんか。憧れのメーカーのカメラや、思い出にいっそう彩りを添えるアルバムなどを、10階『うめだスーク』からご紹介します。
<ライカ>ライカ ゾフォート(レッド) 36,850円_10階『うめだスーク』北街区 ライカ ※その他は参考商品

フィルムに浮かび上がるまでわからない仕上がり、そして独特の風合いが新鮮で人気が再燃しているインスタントカメラ。170年以上の歴史を持つドイツの名門カメラブランド<ライカ>の“ライカ ゾフォート”は、手軽にクリエーティブな撮影を楽しめます。新色のレッドは、スタイリッシュなデザインにどこかレトロなムードを感じさせ、ファッションの一部になるキュートなカメラです。
<ライカ>ライカ C-LUX(ライトゴールド) 151,800円 C-LUX用レザープロテクター(レッド、ストラップ付) 15,400円_10階『うめだスーク』北街区 ライカ ※その他は参考商品

こだわり派には“ライカ C-LUX”を。洗練されたデザインに、2000万画素のセンサーや、4K動画撮影機能、10コマ/秒の連写機能など、大事な思い出を高画質で逃さず切り撮ることができる高機能を搭載。また、Wi-Fiに接続して、スマートフォンなどに簡単かつスピーディーに画像を送ることもできます。大切なカメラを守ってくれる専用レザープロテクターで、持ち運びも安心。
<ライカ>C-LUX用レザーバッグ Andrea レッド 25,300円 ゾフォート用カラーフィルムパックダブル 2,420円_10階『うめだスーク』北街区 ライカ

カメラバッグもおそろいで。ライカ C-LUX専用のバッグだから、使い心地のよさはお墨付き。アイコニックなカラーで、ミニバッグのように持ててしまうのもうれしい。ノスタルジックな写真の雰囲気に合う、オフホワイトのフレームを採用したフィルムは“ライカ ゾフォート”のお供として。
<アシュフォード>バインダー 2,530円 カラーリフィル(30枚入り) 各660円 <デルフォニックス>PDフォトアルバム 1,430円_10階『うめだスーク』北街区「スーク文具店」

図形が描きやすいカラードットリーフで、自分らしさいっぱいのフォトブックにカスタマイズ。ノート感覚で気軽に使えるバインダーだから、思い出を加えたり、仕分けしたりも簡単に。ギフトとして渡すなら、気持ちを込めて華やかなカラーのフォトアルバムを選んで。
<ぷんぷく堂>左から あなたの小道具箱 2,640円 いろこばこ 2,420円 大人の落書き帳 550円_10階『うめだスーク』北街区「スーク文具店」

ペンやマスキングテープなど、アルバムをカスタマイズするグッズを収納したいお道具箱は、丈夫な紙素材・パスコを使用して作ったものがおすすめ。好きなカラーを選んで楽しみたい。20年前のカラフルな便箋で作られたリングノートは、プレイフルにアルバムとして使っても。

LATEST FEATURE

  • MUSE STYLE 06│スープ作家・有賀 薫さんの冬スープレシピ

    FEATURE | 2020.12.14

    MUSE STYLE 06│スープ作家・有賀 薫さんの冬スープレシピ

    毎日の様々なシーンを楽しみながら自分らしく輝くことを忘れない、〈MUSE〉な女性のライフスタイルと、とっておきのアイテムをお届けする連載。寒い季節に作りたいスープレシピと共に、スープ作家・有賀 薫さんの冬の過ごし方をご紹介します。

  • MUSE STYLE 05│美舟さんのホリデービューティー

    FEATURE | 2020.12.1

    MUSE STYLE 05│美舟さんのホリデービューティー

    毎日の様々なシーンを楽しみながら自分らしく輝くことを忘れない、〈MUSE〉な女性のライフスタイルを伝える連載。ヘアメイクアップアーティストの美舟さんが選ぶ、華やかなクリスマスシーズンのメイクや、冬に取り入れたいスキンケアアイテムをご紹介します。

  • MUSE STYLE 04│竹下玲奈さんのホリデーストーリー

    FEATURE | 2020.11.24

    MUSE STYLE 04│竹下玲奈さんのホリデーストーリー

    毎日の様々なシーンを楽しみながら自分らしく輝くことを忘れない、<MUSE>な女性のライフスタイルを伝える連載。本年のHANKYU MUSEのカバーを務めるモデルの竹下玲奈さんに、この冬を心地よく過ごすためのヒントやとっておきのアイテムを伺いました。