素肌に馴染むバッグとサンダル
FEATURE | 2020.6.2
素肌に馴染むバッグとサンダル
夏のファッションに取り入れたいのは、肌に馴染む素材やカラー。かっちりシルエットのバッグやスクエアトゥを選んで、きれいめに演出して。
夏を感じるファッションに欠かせないバッグとサンダル。今シーズンは鮮やかな色や大胆な柄にも合わせやすい、肌馴染みのいい素材やカラーが狙い目。シャープなシルエットや華奢なストラップを選んで、ラフになりがちな夏のスタイルもスタイリッシュにみせて。


〈ブラック バイ マウジー〉ドレス 24,200円_4階 ロビー フォー ウィメン〈ザネラート〉バッグ(W19☓H14☓D10cm) 85,800円_1階 バッグギャラリー

〈ザネラート〉のメインモデル“ポスティーナ”のBABYサイズのバッグは、レザーのパイピングがアクセント。ラフィア素材とレザーのシンプルな配色だから、インパクトのある色や柄の着こなしに合わせても好バランス。可愛らしいサイズ感とストラップ付きで斜め掛けにもできる2WAYタイプ。


〈マーク ジェイコブス〉バッグ (W20×H14.5×D8cm) 59,400円_1階 バッグギャラリー

ビンテージのランチボックスからインスパイアされた〈マーク ジェイコブス〉の“THE BOX”シリーズ。新色のメタリックシルバーは、コーデを邪魔しない万能色。小さめのスクエアシルエットはコーデの引き締め役として、見慣れたコーデもスタイリッシュに導くアイテム。ダブルコンパートメント仕様で使い勝手も抜群。同ブランドのウェビングストラップをプラスして、カスタマイズするのもオススメ。


〈ジャンニ キアリーニ〉バッグ (W26☓H16☓D12cm) 29,700円_1階 バッグギャラリー

〈ジャンニ キアリーニ〉からは、ストロー素材が夏らしいマルチカラーのミニバッグ。コロンとしたミニマムなシルエットは存在感があり、女らしいスタイルに一新。白やベージュのワントーンコーデを引き立てたり、バッグの色とリンクしたカラーコーデで統一感を出しても。華やかなカラーリングは、日常使いはもちろん、夏のオケージョンシーンでも活躍。


〈ウーア〉カーディガン 41,800円_4階 ロビー フォー ウィメン〈ルフトローブ〉パンツ 17,600円_4階 コンテンポラリー〈サキアス〉サンダル(ヒール高5.5cm) 57,750円_4階 シューズギャラリー

この夏は、レースアップサンダルのトレンドが回帰。お久しぶりのアイテムも安定感のある黒なら気負わず挑戦できる。パンツやマキシドレスに合わせるのもいいけれど、今シーズンは同じくリバイバルアイテムのショートパンツとのコーディネートが最旬。スクエアトゥのシャープなシルエットと、黒のカラーがすっきりとした足元に仕上げてくれる。


〈ペリーコ サニー〉サンダル(ヒール高1cm)29,700円_4階 シューズギャラリー

レッド、ピンク、ベージュのカラーリングは阪急うめだ本店別注カラー。華奢で可愛らしい配色のストラップにスクエアトゥのデザインが、フラットサンダルでも女らしく履きたいというMUSE世代にぴったり。ベーシックなブルーデニムはもちろん、カラーや柄ボトムスに合わせても甘くなり過ぎず、まとまりやすい。かかとストラップで歩きやすさも両立した一足。


〈オデット エ オディール〉サンダル(ヒール高5.5cm) 19,800円_4階 シューズギャラリー

チューブタイプのストラップが甲を覆う印象的なデザインのサンダル。かっちりとしたスクエアトゥが大人っぽい印象で、新顔デザインでも取り入れやすい一足。肌に馴染むナチュラルカラーは、コーディネートのテイストを選ばない上に、今季トレンドのベージュやキャメルで作るグラデーションコーデの足元にもぴったり。とろみ素材やシアーな質感のボトムスと合わせてレディーに寄せると、今年らしいスタイリングに。


〈ピッピシック〉サンダル(ヒール高6.5cm)35,200円_4階 シューズギャラリー

足元をヌーディーに見せる華奢なトングサンダルもこの夏のトレンド。抜け感を簡単に演出する一足として、活躍度大。トングのデザインがすっきりした脚のラインを作り、ショートパンツやミニワンピのスタイルアップにも一役。ラフになりがちなトングサンダルも、肌に馴染むヌーディーカラーとヒールできれいめにシフト。ヒールは太めで安定感があり、快適な履き心地もフォロー。

LATEST FEATURE