色と素材で春を纏う、バッグ&シューズ
FEATURE | 2021.3.8
色と素材で春を纏う、バッグ&シューズ
新しい季節の着こなしに真っ先に取り入れたいバッグ&シューズ。今季は、優しい色合いのバッグや抜け感を演出するシューズが豊富に登場。春らしいエッセンスを加えるアイテムで、マイスタイルのアップデートを。
少しずつ気持ちが外に向き始める春。新たな装いにまず加えたいのは、トレンドのバッグ&シューズ。華やかなペールカラーや軽やかなPVC素材のデザインに注目が集まる今シーズン。阪急うめだ本店から、オススメアイテムをご紹介します


〈マーク ジェイコブス〉左から バッグ (W21×H13×D8.5cm) 59,400円 バッグ (W25×H19×D8cm) 67,100円_1階 バッグギャラリー

サーモンピンクやライラックピンクなど、ピンクのバリエーションが豊富な今シーズン。<マーク ジェイコブス>のアイコンバッグ「THE SOFTSHOT」からは、トーンの異なるピンクのカラーブロックデザインが新登場。長財布がすっぽりと入るダブルコンパートメント仕様で使い勝手が抜群。「THE J LINK」はヴィーガンレザーとバンジーロープを組み合わせたトップハンドルのディテールが印象的なデザイン。センターにはブランドのアイコンでもある、ダブル Jをグラフィカルに表現。心ときめく春色のバッグは、白やニュアンスカラーのワントーンコーデに取り入れると、さらに今年らしいムードに。


〈ジャンヴィト ロッシ〉パンプス(ヒール高5.5cm) 100,100円_4階 シューズギャラリー

透明なPVCパネルを取り入れたデザインが特徴の「PLEXI」パンプスは、ブランドを象徴するスタイル。トゥとヒールにはエナメルレザーをあしらい、モダンさとエレガントさを兼ね備えたデザインに。PVCパネルの内側にはパンチング加工を施して通気性を高め、快適な履き心地を追求。シャープなポインテッドトゥとすっきり見えるPVCの素材感で膝下を長く見せれるので、スキニーパンツはもちろん、今年らしいのハーフパンツの足元にも活躍しそう。


〈フルラ〉左から バッグ (W20×H16×D8cm) 49,500円 バッグ (W20×H16×D8cm) 45,100円_1階 バッグギャラリー

<フルラ>の定番であり、昨年リモデルしたFURLA METROPOLIS。太めのゴールドチェーンが目を惹くホワイトブルーは、シンプルなスタイリングにもリッチなアクセントを加える存在。カジュアルもキレイめも、テイスト問わずにマッチするのもプレーンなホワイトブルーバッグの魅力。マットな質感のナイロンマテリアルが軽やかな、フラワーのカモフラージュプリントは、無地コーデに一点投入して引き立てたいアイテム。レザーのフロントラインや太めのショルダーストラップで、スポーティーなエッセンス漂うデザインも今年ならでは。


〈ディアナドット〉ミュール(ヒール高4cm) 19,800円 〈ピッピシック〉サンダル(ヒール高6.5cm) 33,000円  〈ネブロー二〉サンダル(ヒール高5cm) 52,800円_4階 シューズギャラリー

歩くたびに視界に入って、気持ちも足取りも軽やかにしてくれるカラーシューズ。<ディアナドット>の鮮やかなラベンダーカラーのミュールは、同系色の洋服とリンクコーデで取り入れるとグッと今年顔に。ポインテッドトゥとVカットラインでスタイルアップ見えも。足当たりがソフトなボリューム感のある素材と爽やかなアイスブルーで、存在感のある足元に導く<ピッピシック>のサンダル。ドラマティックに舞う、光沢素材やとろみ素材のスカートやドレスと好相性。<ネブローニ>の新作は、肌馴染みのいいピンクスエードのサンダル。華奢なストラップでカジュアルなデニムルックも女性らしく刷新。


〈ヴァネッサブリューノ〉左から バッグ (W15×H15×D18cm) 63,800円 バッグ ((W21×H15×D6cm) 64,900円_1階 バッグギャラリー

<ヴァネッサブリューノ>からは、これからの季節のキーアイテムになるナチュラル素材のバッグをリリース。ミニバケツ型のバッグは、柔らかく肌触りのいい天然のラフィア椰子素材とカーフスキンをミックスした春夏らしいデザイン。ボタニカルな花柄プリントのドレスに合わせれば、リラックス感と女性らしさを両立したスタイルに。同じく天然素材のラフィア椰子を職人の手編みで仕上げた、クラフトマンシップを感じるポシェットバッグは、他にはないカラーリングも特徴的。ベージュやブラウンのようなアースカラーを軸にしたサファリルックの相棒としても最適。


〈ロランス〉パンプス(ヒール高1.3cm) 44,000円 〈ネブロー二〉パンプス(ヒール高1.2cm) 48,400円_4階 シューズギャラリー

今シーズンは、一点投入でコーデが華やぐ主役級パンプスのバリエーションも豊富。色や柄で足元にメリハリを生むシューズは、薄着になり、着こなしがフラットになりがちな時期に重宝するアイテム。<ロランス>からは見た目も履き心地も涼しいチュール素材のパンプスをリリース。優しい色合いのシャーベットカラーは、ベーシックカラーコーデの差し色に効果的。小ぶりなフラワープリントと淡いカラーリングが女心くすぐる<ネブローニ>の新作は、あえてメンズライクなパンツルックに取り入れても新鮮。


〈ジャンニ キアリーニ〉バッグ (W22×H10×D9cm) 42,900円_1階 バッグギャラリー ※3月下旬入荷予定

春になると恋しくなるピンク。冒険カラーも取り入れやすいバッグから挑戦してみるのがおすすめ。<ジャンニ キアリーニ>の一押しは、構築的なボウリングバッグにレトロな雰囲気のロゴクロージャーをあしらったフレッシュなカラーバッグ。ニュアンスピンクとゴールドチェーンのコンビで、シンプルな着こなしも華やかにブラッシュアップ。ダークカラーやモノトーンのコーデに、ほんのり甘さを加えたい気分にもマッチ。


〈ロランス〉サンダル(ヒール高4cm) 44,000円_4階 シューズギャラリー

この春、一足は押さえておきたい白のシューズ。<ロランス>のサンダルは、クラフト感のある凝ったディテールが着こなしのアクセントに。4cmのミニヒールとスクエアトゥのシルエットでトレンドらしさを演出しながら、足元をしっかりとホールドする甲深タイプで歩きやすさも兼ね揃えて。クリーンでスタイルに導く白のサンダルは、どんなアイテムにも相性が良く、着こなしの幅を広げてくれるパートナー。

掲載商品は、ご来店いただけないお客様にもご自宅や外出先からスマートフォンでご注文いただける、阪急百貨店のリモートショッピングサービス“Remo Order”がご利用いただけます。
詳しくはこちら

LATEST FEATURE

  • 軽やかに、心地よく。
HANKYU MUSE 春のスタイリング。

    FEATURE | 2021.3.8

    軽やかに、心地よく。 HANKYU MUSE 春のスタイリング。

    HANKYU MUSEの今季テーマは“New spring mind”。新しいスタイルに挑戦したい気持ちが高まる春、優しげな色や軽やかな素材でファッションを楽しんで欲しい。スタイリスト 辻 直子さんのメッセージと共に、最旬スタイリングをお届けします。

  • 色と素材で春を纏う、バッグ&シューズ

    FEATURE | 2021.3.8

    色と素材で春を纏う、バッグ&シューズ

    新しい季節の着こなしに真っ先に取り入れたいバッグ&シューズ。今季は、優しい色合いのバッグや抜け感を演出するシューズが豊富に登場。春らしいエッセンスを加えるアイテムで、マイスタイルのアップデートを。

  • BE YOURSELF 04|AgAwd

    FEATURE | 2021.3.8

    BE YOURSELF 04|AgAwd

    岡山発、4人のインフルエンサーがプロデュースするアパレルブランド<AgAwd(アガウド)>が、3月10日(水)から期間限定登場。ブランド立ち上げのきっかけや服作りへの思いを、ディレクター兼デザイナーの赤木和美さんにお聞きしました。