BE YOURSELF 05 | Bé-A
FEATURE | 2021.8.23
BE YOURSELF 05 | Bé-A
様々な業界で活躍する方に「HANKYU MUSE」がインタビューをする“BE YOURSELF”。今回は美容家で企業家でもある山本未奈子さんが登場。3人のママであり、昨年の夏には超吸収型サニタリーショーツブランド<Bé-A(ベア)>を立ち上げました。
<Bé-A>は、女性が抱える健康への課題をテクノロジーの力で解決することをテーマに、女性特有の悩みを諦めることなく、新しい選択肢を作り続けるパイオニアとして注目を浴びています。公私ともにパワフルに過ごす山本さんに、身体の悩みを抱える女性たちへのアドバイスをいただきました。

山本未奈子 プロフィール
MNC New York/Bé-A Japan 代表取締役 CEO
1975年生まれ。ニューヨークの美容学校L’atelier Esthetiqueを首席で卒業。同校で教鞭を執る。その後拠点を日本に移し、2009年にMNC New York Inc.を設立。“日本で一番女性を幸せにする会社”をビジョンに掲げ、ビューティーブランド<SIMPLISSE(シンプリス)>、ファッションブランド<CALLi(キャリー)>を立ち上げる。
2020年にBé-A Japanを設立。話題の超吸収型サニタリーショーツブランド「Bé-A〈ベア〉」を展開する。著書多数。3児の母。




生理前のイライラに腹部の痛み、更年期障害で感じる目まいや体のほてり…。女性の悩みや健康面の不安をやわらげる「フェムテック」の分野が盛り上がりを見せています。年齢を重ねるごとに女性には、生理、妊娠、出産、更年期といった女性特有の体の変化が訪れます。
今回、阪急うめだ本店 4階に勤務する女性スタッフに、女性が生きていく上で、避けては通れない身体のお悩みについて、ヒアリングを実施。そのお悩みから厳選し、山本さんにアドバイスをいただきます。

-今回のお悩みで多く寄せられた“生理”。初潮から閉経まで。女性にとって悩み多き“生理”は、様々なトラブルに見舞われがちです。様々なお悩みがある中、生理中の“ニオイ”は不快な上に、気になるところ。ケアやグッズで軽減できないでしょうか。
「実は、経血そのものはそんなに嫌なニオイがしないものです。嫌なニオイは、蒸れて雑菌が繁殖することで発生すると言われています。対策には、通気性の良い、蒸れにくいサニタリーアイテム選びが重要。
<Bé-A>のショーツの開発でも“通気性”はとてもこだわったポイントです。まず、吸収体がベタッと肌に張り付かないように、肌に触れる面は水分が繊維に含まれずに、通過させるものを採用しています。吸収体の下層では、分子の大きい水分は吸収体の繊維にしっかり抱えられながら、分子の小さい蒸気は生地を通過させて、外へ逃す仕組みです。これらによってショーツ内は蒸れにくく、サラサラとした肌触りを実現できました。
生地には防臭のために抗菌加工をほどこし、一般的な生地の5倍の抗菌力でニオイを抑えています。完全にニオイをなくすことは難しいですが、従来よりも気にならなくなったとの嬉しいお声も。
また、通気性を確保するために、生理中はタイトな洋服も避けましょう」

-においに続いて多く寄せられた、生理後の肌トラブル。ナプキンやショーツでデリケートゾーンがかぶれてしまい、中には薬が手放せないほどの女性も。生理後のデリケートゾーンのお手入れについてアドバイスいただけませんか。
「かぶれやかゆみの防止には、フェミニンエリアに汚れを残さないことがポイント。そっと洗うだけでは不足です。不要なものをきちんと落とせるように、適切な洗浄力のあるものを選びましょう。お湯ですすぐだけ、体と同じボディソープで洗う、などはNG。肌と粘膜組織のあるデリケートなパーツなので、必ず専用泡ウォッシュ(洗浄料)を用いて、ひだの間を指で優しくなぞるように洗いましょう。
「シンプリス センシュアル フェミニン デオウォッシュ」は、すっきりと汚れを落とす洗浄力と、肌を傷めない優しさを両立させたフェミニンエリア専用ウォッシュ(洗浄料)です。洗い上がりのつるんとした肌の心地良さを、ぜひご体感ください」


<Bé-A>超吸収型サニタリーショーツ(ベア シグネチャー ショーツ 02) 7,590円_4階 コトコトステージ41

-ほとんどの女性が感じるデリケートゾーンのお悩み。生理と同じく、お悩みも多岐にわたります。誰にも相談ができず、密かに悩みを抱えがちな“デリケートゾーン”のお悩みについてお聞きします。デリケートゾーンのムズムズする不快感について、正しいケアは気になるところです。
「加齢やストレスなどが原因で女性ホルモンの分泌量が落ちると、粘膜は薄く硬く、乾きやすくなります。すると、乾燥よるかゆみを招きがち。内側からムズムズするようなかゆみには、ビタミンAなど粘膜に良いと言われている栄養が役立ちます。毎日の摂取にはサプリメントもおすすめです。肌にかゆみがある場合には、お風呂上がりの保湿ケアを重点的に。グリチルリチン酸2Kが配合されているものなどを選ぶと良いでしょう。クリームや乳液などいろいろなものがありますが、“美容液”がベストです」

-スキンケアやボディケアに気をつけても、デリケートゾーンのケアについてはおろそかにしがち。女性は隅々まで美しくありたいもの。デリケートゾーンの黒ずみや普段のお手入れが気になります。。
「下着とのこすれやトイレットペーパーでの摩擦、体圧、蒸れ、かぶれなど、さまざまな刺激によって黒ずみやすいエリア(デリケートゾーン)なので、お風呂上がりに放置はもちろん、保湿だけではややケア不足。顔と同じようにメラニンへのアプローチができる抗酸化成分の入った専用コスメでケアしましょう。この場合も、やはり美容液タイプがおすすめです。黒ずみだけでなく、デリケートゾーンの肌に対してふっくらハリ感アップも期待できます」


-スタッフの中には山本さんと同じく働くママからも、出産後の身体の変化についてお悩みが寄せられました。3児の母でもあり、フェムテックのエキスパートでもある山本さんに、出産後の尿もれについてアドバイスをいただけますか。
「せきやくしゃみなど、お腹に力を入れた時の尿もれは、女性で多くみられます。骨盤底筋群が緩むことで産後は特によく起きるもの。骨盤底筋の“筋トレ”に、普段から膣やお尻の穴を締めるように動かしましょう。軽い尿もれであれば、吸水ショーツも役立ちます」

-“生理”“デリケートゾーン”“出産”と続いて、“更年期”についてのお悩みです。女性の年齢をカラットに言い換えるように、年齢を重ねるごとに輝く女性達。彼女達にとって“更年期”は大きな悩みのひとつです。健やかに美しく、明日も明後日も何年後も輝くために、更年期のホットフラッシュや不眠に対して、日頃できる対策があれば嬉しいです。
「更年期の症状は一人で抱えやすく辛いですね。我慢し過ぎず早めに婦人科に頼るのも良いでしょう。これを機に、生活習慣にもぜひ目を向けてみてください。無理のない程度のウォーキング、サプリメントでの栄養補給など、まずは心地よいこと、手軽なものから焦らずに!」

-最後に「HANKYU MUSE」ご覧いただいてる悩み多き女性達に、山本さんからメッセージをいただけませんか。
「自分自身と向き合うことは、人生をより豊かで心地良いものに後押しすることへ繋がると実感しています。こうあるべき、という言葉に縛られず、それぞれの選択や好みを尊重し、ケアすることが大切。今をどう過ごすかで5年後、10年後の自分が変わってきます。丁寧なケアは将来の自分への投資だと思って、楽しめるといいですね」

「BE YOURSELF 05 | Bé-A」今回の記事のinstagramリール投稿はこちら>>>


<Bé-A>超吸収型サニタリーショーツ(ベア シグネチャー ショーツ 02) 7,590円_4階 コトコトステージ41 ※その他は参考商品

“フェムテック”という言葉に注目が集まる今、言い出しにくかった女性特有の身体の悩みもオープンになりつつあります。ケアグッズも豊富になってきました。人それぞれ個性があるように、お悩みも千差万別です。そんなお悩みに寄り添うイベント「SELF LOVE~健やかなココロとカラダのために~」を開催。今回、質問にお答えいただいた山本さんが代表取締役を務める<Bé-A(ベア)>の超吸収型サニタリーショーツや、そのショーツと<SIMPLISSE(シンプリス)>フェミニンエリア専用泡ウォッシュ(洗浄料)がセットになった阪急うめだ本店限定セットも登場します。また、まるで着けていないような着け心地の良さが嬉しいインナーブランド<cohan>、女性の心と体のお悩みに対応するサプリメントなど、女性の心と身体に寄り添うアイテムを取り揃えます。悩みを抱える全ての女性達が、笑顔になりますように。

「SELF LOVE~健やかなココロとカラダのために~」
○8月25日(水)~8月31日(火)
○4階 コトコトステージ41
詳しくはこちら>>>

※諸般の事情により、イベントを変更・中止とさせていただく場合がございます。
※一部の売場・ショップでは営業時間の変更または休業の場合がございます。

LATEST FEATURE

  • 冬のスタイルの完成度を高めるバッグ&シューズ

    FEATURE | 2021.10.22

    冬のスタイルの完成度を高めるバッグ&シューズ

    本格的な冬の到来を前にチェックしておきたいアイテム。スタイルの完成度を上げたり、自分らしさを演出するためのキーアイテムにもなるから、シーズンごとの更新がベター。今冬トレンドのロングブーツと、着こなしのアクセントに効くミニバッグをピックアップします。

  • 飾らずに自由に楽しむ、冬のニットスタイル

    FEATURE | 2021.10.18

    飾らずに自由に楽しむ、冬のニットスタイル

    自分目線で心地良いと思えるスローライフに注目が集まり、ファッションも自分らしく自然体であることが新時代のスタンダードに。この冬、表情豊かに揃うニットは、そんなスタイルのキーアイテム。しなやかに自由にニットを纏う、最旬のスタイリングをお届けします。

  • BE YOURSELF | 10 veggy

    FEATURE | 2021.10.18

    BE YOURSELF | 10 veggy

    様々な業界で活躍する方に「HANKYU MUSE」がインタビューする“BE YOURSELF”。プラントベースで楽しむヘルスコンシャスライフを提案する「veggy」の編集長である吉良さおりさんが登場します。