BE YOURSELF 06|LIEN
FEATURE | 2021.9.13
BE YOURSELF 06|LIEN
様々な業界で活躍する方に「HANKYU MUSE」がインタビューする"BE YOURSELF"。今回は9月1日(水)に1周年を迎えるコンセプトショップ<LIEN>のオーナー小椋奈央さんが登場。
小椋奈央 プロフィール
コンセプトショップ<LIEN>オーナー。高校3年生からアパレル業界に携わり、様々なブランドで経験を積む。2017年にオンラインショップ<アクドレ>を立ち上げる。2020年に洋服、インテリア、お花などを扱うコンセプトショップ<LIEN>を立ち上げる。日本の作家さんの作品を自らセレクトし、芦屋のお店で展開している。2児の母でもあり、仕事と育児を両立。

9月1日(水)に1周年を迎える<LIEN>。<LIEN>はフランス語で“絆”を意味し、“衣食住×人=絆・繋ぐ”という思いをこめたコンセプトショップです。Made in Japanで質の高いオリジナル洋服ブランド<LIEN>をはじめ、日本の作家の作品やアクセサリー、お茶、ドライフラワーを展開。上質で洗練されたナチュラルな暮らしを連想させる品々をセレクトしています。そんな<LIEN>にかける想いやこだわり、お洋服やインテリアに興味を持ちはじめたきっかけなど、オーナーである小椋さんにお聞きしました。



-今までの経歴を教えてください。
「高校3年生からアパレル業界で働き始めました。当時はギャルが流行っているときで、ギャルに憧れて金髪のウィッグをかぶって働いていました(笑)高校卒業後は、エゴイストやディーゼルなどたくさんのアパレルブランドで経験を積みました。その後2017年に<アクドレ>というオンラインショップを立ち上げて、2020年に衣食住のコンセプトショップ<LIEN>を立ち上げました」

-高校3年生からアパレル業界に携わっていたとのことですが、昔からお洋服が好きでしたか?
「物心ついたときから、洋服は大好きでした。小さいときは、人形で洋服を着せ替えたり、ぬり絵で自分で考えて色をぬったり、配色を考えたりすることが好きでした」

-店内からお洋服、インテリアへの愛が感じられるのですが、<LIEN>を立ち上げた経緯・きっかけを教えてください。
「昔から洋服が大好きだったので、洋服のお店を作りたいとずっと思っていました。歳を重ねていくにつれてインテリアや身体に優しいお茶など、ライフスタイルにも興味を持ち始めて。最初は趣味の一環で集めていたのがきっかけです。まだまだ日本には知られていない作家さんがたくさんいます。そういった状況を目のあたりにしたとき、もっと多くの人に見てもらいたい、知ってもらいたい、使ってみてほしいという気持ちが強くなったと同時に、私自身が人が大好きなので、人とコミュニケーションがとれるお店を作りたいと思うようになりました」



-店内にはフルーツ茶やハーブティ、香料や着色料を使用していない体に優しいお茶が展開されていますが、昔から体に良いものに興味があったんですか?
「20代までは全然興味はなかったのですが、30歳を超えてから気になりだしてきて、色々調べながら少しずつ生活に取り入れるようになりました」

-そのきっかけについて教えてください。
「一番のきっかけは子どもが生まれたのが大きいです。子どもが生まれてから肌のことや健康面が気になってきたので、自分も飲んでずっと健康できれいな母親でいたいと思うようになったことが一番のきっかけです」

-お子様が生まれてから健康面など気にするようになったとのことでしたが、<LIEN>を立ち上げてから小椋様自身の生活に影響したこと・変わったことはありますか?
「特にないですね(笑)今まで通り自分の興味のあるものはそのまま継続して多くの人に広めたいと思っています。だけど更に新しいものを見つけるとか常に探求心を持つようになりました」

-お店に入った瞬間、おしゃれな食器とお洋服で溢れていて、ここにいるだけでわくわくで幸せな気分になるのですが、セレクトするにあたってこだわっていることはありますか?
「すべて日本製というところにこだわっています。その中で、使っていく上の必要性はもちろんですが、お皿やマグカップなどの食器は食材を乗せなくても、インテリアとして使える、などいろんな用途で使えるものということも大切にしています。実用性とおしゃれなインテリアのどちらも兼ね備えられるものということを頭においてセレクトしています。自分自身が、部屋にたくさんものを置くのが好きでなくなってきたということもあり、食器としてもインテリアとしてもどちらにも使えるものがいいなと思うようになりました」


-お話しているとお店への愛が、<LIEN>に対する想いと笑顔から感じられたのですが、働いていているなかで楽しい・やりがいに感じるときはいつですか?
「お客様がお店に会いに来てくださったときや、直接お話しているときはとても楽しくて、お客様の笑顔を見るととてもエネルギーになります。お客様との会話はとても大切にしていて、商品のことだけではなく、色々な話をして人との繋がり、関わりを大切にしています。また会話をすることで、情報収集もできますし刺激にもなりますね!」

-9月1日で<LIEN>1周年を迎えられましたが、今度<LIEN>で挑戦したいことや目標はありますか?
「サステナブルにもっと力を入れていきたいと思っていて、洋服や小物でエコなものをもっと取り入れたいと思っています。また”食”とのコラボも計画中で、<LIEN>×”身体に優しい食材”といった新しいことも考えています。今はお茶などの飲み物だけですが、今までにないフードとのコラボも実現できたらと思っています。店舗のことですと、いまは1店舗だけですが、もっと多くの人に作家さんの作品を広めるためにも2号店も出したいと思っています」


小椋さんのこだわりが詰まった<LIEN>は、9月22日(水)~28日(火)の期間中、コトコトステージ41にて期間限定で出展。イベント期間中は、秋の新作や阪急先行商品も登場します。お洋服はもちろん、小椋さんがこだわりをもってセレクトした作家さん方の作品も揃い、<LIEN>の世界観を楽しんでいただけるイベントです。

<LIEN>conceptshop
○9月22日(水)~28日(火)
○4階 コトコトステージ41

※諸般の事情により、イベントを変更・中止とさせていただく場合がございます。
※一部の売場・ショップでは営業時間の変更または休業の場合がございます。

LATEST FEATURE

  • 飾らずに自由に楽しむ、冬のニットスタイル

    FEATURE | 2021.10.18

    飾らずに自由に楽しむ、冬のニットスタイル

    自分目線で心地良いと思えるスローライフに注目が集まり、ファッションも自分らしく自然体であることが新時代のスタンダードに。この冬、表情豊かに揃うニットは、そんなスタイルのキーアイテム。しなやかに自由にニットを纏う、最旬のスタイリングをお届けします。

  • BE YOURSELF | 10 veggy

    FEATURE | 2021.10.18

    BE YOURSELF | 10 veggy

    様々な業界で活躍する方に「HANKYU MUSE」がインタビューする“BE YOURSELF”。プラントベースで楽しむヘルスコンシャスライフを提案する「veggy」の編集長である吉良さおりさんが登場します。

  • BE YOURSELF | 8 Ayako & Gypsohila

    FEATURE | 2021.10.18

    BE YOURSELF | 8 Ayako & Gypsohila

    様々な業界で活躍する方に「HANKYU MUSE」がインタビューする“BE YOURSELF”。今回は、MUSE世代に人気である<Ayako><Gypsohila>のディレクターである田中彩子さんが登場です。