BE YOURSELF | 11 BEIGE,
FEATURE | 2021.11.1
BE YOURSELF | 11 BEIGE,
様々な業界で活躍する方に「HANKYU MUSE」がインタビューする“BE YOURSELF”。今回は、<BEIGE,>のデザイナーの宮下厚子さんが登場です。
■宮下厚子 プロフィール
美術大学を卒業後、「オンワード樫山」入社。1985年A/W新ブランド<SUIVI.>チーフデザイナーとして、東京コレクションデビュー。1996年A/Wキャリアブランド<ICB>を立ち上げ、2012年S/S<BEIGE,>を立ち上げた。


<BEIGE,>から、2021年春にデビューを果たした<BEIGE,ecru(ベイジ エクリュ)>。ブランド名の<BEIGE,>の最後には“,”(カンマ)がついています。これは、“続いていく”という願いが込められていて、“.”(ピリオド)だと終わりを意味してしまうから、“,”(カンマ)であることで、お客様にも<BEIGE,>の服を長く着続けていただきたい思いが込められています。その背景の中、生まれた新ラインはライフスタイルが変化する今、“見せる”だけではなく自分のために心地よい服を着て欲しい想いを込め<BEIGE,>のカジュアルレーベルとして早くも注目の的です。上質な素材使いやハンサムなエッセンスを受け継ぎ、女性を美しく見せるシルエットへのこだわりが特徴でありながら、肌に優しい天然素材をベースとした、やさしくエフォートレスなアイテムが揃う新ラインです。立ち上げから携わる宮下さん。彼女自身も様々な出会いや体験で培った美意識を持ちながら、日々を丁寧に、心豊かに暮らしておられます。

11月3日(水)~16日(火)の期間、阪急うめだ本店では「with AQ~with aesthetic qualities 審美とともに~」が各階で開催されます。心を動かされる“美しいと思えるもの”。美意識を深めつつ、新しい美と出会うことで価値観が広がっていきます。時代の潮流とともに変化を遂げる美の本質、探究すればするほど自分自身も深まり、心が豊かになる。そんなアイテムを各階で紹介します。

-今回、4階コトコトステージ41では、宮下さんの審美眼でセレクトしたアートやビューティー、プランターなどをご紹介いただけるとお聞きしました。今回ご紹介するアイテムはどういった思いでセレクトされましたか。

「<BEIGE,>の洋服は、他人が見るラグジュアリーではなく、朝、袖を通したときに豊かな気分になれる、自分自身のためのラグジュアリーを目指してデザインしています。ファッショナブルだけれど、がんばり過ぎないスタイル。この企画は、そんな審美を表現しながら普段ご紹介を出来ない<BEIGE,>の考える心地の良い生活を送るためのアイテムをセレクトしています」

―「with AQ~with aesthetic qualities 審美とともに~」の特集ページでは、肌触りが滑らかで、絶妙な色合いのウール素材のクッションカバーやブランケット、シンプルで無駄を全て排除しながら全てのバランスの調和が取られたノートやボールペンなど、宮下さんの審美が光るアイテムが紹介されています。それぞれのアイテムの特徴と選ばれた理由を教えてください。

「触れることで感じられる心地よさと、包まれることで満たされる充足感。ネパールの自然から恵みを受けたカシミヤが入ったとろけるような肌ざわり。天然素材のかけがえのない尊さと愛おしさが伝わるクッションカバーとブランケットです。このアイテムは、ネパールの女性の支援を目的の一つとして始まり、サステナビリティに妥協なく邁進しているデンマークのライフスタイルブランドから発信されているものです。“上質”とはお金で買うものではなく、環境に対する配慮があり、この世界に貢献できるものこそが“上質”だと説くデザイナーさんの言葉に共感しました」

-たくさんのものがあり選択肢が多い中、お買い物をすることに悩み、迷ってしまいがちです。サステナブルにも注目が集まる中、MUSE世代に刺さる言葉です。

「このアイテムはハンドメイドで生産しているので、大量生産ができません。上質なものを1枚、厳選した良いものだけを少しだけという“Less is Better”の概念にノックアウト。ブランケットにくるまれて、遠いネパールの女性たちに思いを馳せます」


<BEIGE,>クッション(約50×70cm/カシミヤ85% カシミヤ15%) 27,500円 ブランケット(約130×180cm/カシミヤ85% カシミヤ15%) 66,000円_4階 コトコトステージ41

-そのお買い物が社会貢献に繋がり、心も豊かになる。今の時代だからこそ、その感性を身につけたいMUSE世代も多いのではないでしょうか。デジタル機器が主流になりつつある昨今に、持っているだけで特別感が漂う、シンプルなデザインのノートブックやボールペンも気になります。

「ポルトガル発のステーショナリーブランドのシンプルでミニマルなノートブックは、上質な紙を使い、綴じはハンドメイドで糸を使って仕上げています。「BEIGE,」のアイコンであるゴールドを縁に配し、表紙にはロゴを控えめに入れてポイントにしました。シンプルでミニマルなのですが、ハンドメイドの温もりが伝わってきます。ボールペンも無駄なデザインのない、シンプルでスタイリッシュなツイスト式の日本製です。こちらも<BEIGE,>のアイコンカラー、ゴールドがポイントになっています」

-ちょっとしたメモもスマホに入力していましたが、書き残したくなります。宮下さんは、どんな時に使われますか。

「何に使いましょうか、私だったらちょっとしたデッサンノート?アイデアノート?ボールペンは、デザインだけではなく書きやすさも備わっています」


<BEIGE,>ノート 3,190円 ボールペン 880円_4階 コトコトステージ41

-ひとつひとつにストーリーがある今回のイベントのラインアップ。この他のアイテムもご紹介ください。

「イラストレーター/アートディレクターである、ティモシー・グッドマンとスケートボードカルチャーを盛り上げるアーティスト、ステファン・マークスのデザインによるユーモラス溢れるポスターは、ぜひご覧いただきたい。文字や配列のデザインも動物のモチーフも、ユーモラスでファッション感覚溢れるアートになっています。私自身が、こういうウィットにとんでいるアート、大好きです。元気が出ます」

-アートがひとつお部屋にあるだけで、毎日の暮らしがセンスアップします。アートがそうさせるのか、アートを飾る自分自身の気持ちがそうさせるのか…今からとても楽しみですね。また、アートの他にも、宮下さんセレクトの器が並ぶとお聞きしました。今回のラインアップはとても気になります。

「創業350年の伊万里焼の窯元が優れた骨董品を手本にして作った「骨董写し」と呼ばれる器をご紹介します。“骨董”と名はついてますが、“写し”とありますので、新品です。例えば、銀の一筆が加えられた器は、古い伝統のあるものとモダンで現代的な感覚との融合が絶妙です。わが家の食器は、ほとんどが骨董屋や骨董市で仕入れた器です。特に古伊万里が大好きで、和食はもちろん洋食にも、例えばパスタにも、ケーキやアイスクリームなどのデザートなどにも普段から使用しています」


<BEIGE,>器(直径12cm) 2,750円_4階 コトコトステージ41

-和食器を普段使いに、現代にアップグレードをさせた使用方法は気になります。おうち時間が見直された今だからこそ、プラスワンするだけで洗練した印象になる器に注目です。冬になると、いろんな種類が豊富に出てくるスノードーム。宮下さんがおすすめするスノードームを教えてください。

「イタリアのデザイナーPolo Dell’Elce(ポロ デッレ エルチェ)によってつくられたユニークなスノードーム。「CITY ICONS」と名付けられた、その名の通り世界の各都市のアイコンがモチーフになっています。今回は、TokyoとParisとNewYorkをセレクトしました。各都市のアイコンが個性的でキュンときました。東京-コクーンタワー、パリ-新凱旋門、ニューヨーク-新貿易センタービル。パリが定番のエッフェル塔でないことにデザイナーさんのウィットを感じます。今回は大好きな都市を選びました。その街に思いを馳せたいです。スノードームは見ているだけで物語が始まりそうですね」

-宮下さんの審美眼が選ばれたアイテムのお話をお聞きしました。宮下さん自身のことも教えてください。豊かな気分になれる、自分自身のラグジュアリーを目指してデザインをされているとお聞きしました。デザインをされる上で、宮下さん自身が心がけていることはありますか?デザイナーとして第一線で活躍されている宮下さんが気をつけていることも合わせて教えてください。

「豊かな気分というのは心地よいことだと思います。“自分ビジョン”を持って、全てを心から楽しみたいと思っています。いくつになっても衣食住に夢中になる。朝起きてから夜寝るまで、3回の食事、洋服選び、仕事、家族や友人との会話、などなど」

-心地よさを求めて、全てに夢中になる。どうしても“ま、いいか”となりがちな中、様々な選択肢を楽しみたいですね。今伺った言葉のひとつふとつが、今回のイベントのセレクトにも垣間見えますが、宮下さんが大切にされている美意識について、美意識を保つ、広げることに対して、気をつけていることを教えてください。

「バタバタと過ぎていく毎日の中で、ちょっとひと休みすることも重要だと思っています。一人の時間をもつことで“自分ビジョン”を見つめます。心地よいことを簡単に実践できることについては、部屋の中にグリーンや花を。花は365日欠かさないようにしています。季節の変化を身近に感じられて豊かになります」

―バタバタすると自分を見失ってしまいます。お花を飾って、自分を見つめなおす時間を持ち、心地よく過ごす。MUSE世代全ての人に伝えたいですね。宮下さんの美意識を保つ、広げる方法について伺いました。美意識を磨くために行くスポットなどはありますか。

「今は行くことが難しいですが、古い伝統のあるものと現代的なモダンな要素が融合された街、パリにはたくさん触発されてきました。パリの街中を歩き回って、休んだカフェではシックなマダムとムッシュをこっそりと観察していました。仕事ではもちろんですが、プライベートの旅行でもパリに向かいます」



-MUSE世代に対して、美意識を高めるためのアドバイスがあれば教えてください。

「“自分ファースト”ではない“自分ビジョン”を持って自分の考えに信念を持つこと。それを時間をかけて丁寧に自分のものにしていくことではないでしょうか」

-どうしても知らず知らず“自分都合”に考えがちです。もう一歩先から実現したい将来に向けて見通しを示す。慌しい毎日を送るMUSE世代だからこそ、立ち止まって考えるきっかけになります。宮下さんの美意識についてお聞きしました。慌しい毎日を送ってらっしゃるかと思いますが、プライベートではリフレッシュする方法やリラックス方法を教えてください。

「リフレッシュ方法は、家族や友人との美味しい食事と楽しいお酒と愉快な会話です。週1回のヨガと…近頃ボウリングを始めました!リラックスしたい時は、好きな音楽や香りを持ち込んで長風呂に入ること。休日の朝風呂もいいものです。今の時期は無心で棒張りを使った編み物もします」

-プライベートも多才な宮下さんですね。好きなことをすることが一番です。ジンクスや、お守り、ゲン担ぎなど、宮下さんが大切にされていることはありますか。

「家族が留守の時でも“行ってきます”“ただいま”の言葉をかけることです。外出時と帰宅時、玄関で室内履き、靴の方向をそれぞれ整えます。一日の感謝の気持ちを休む前に口に出すようにしています」

-とても素敵なことで、今から実践できそうですし、心掛けたいです。忙しいとため息と共に帰宅。靴を揃えることも忘れてしまいます。そういったことの積み重ねが美意識の構築につながっていきます。宮下さんが実践している美容や健康について気になります。気をつけていることやお気に入りのアイテムがあれば教えてください。

「仕事で疲れた夜も、たっぷりと飲んできた夜も(笑)、洗顔だけはきちんとしています。肌が弱いので保湿も欠かせません。我が家特製の生姜酢も必需品です」



-“生姜酢”気になります!また、機会があれば伝授いただきたい。ご自身の美意識から、プライベートまでお伺いしたインタビュー。そろそろ序盤です。ライフステージが変化するMUSE世代に向けて、不安に思うときや憤るとき、悲しみに暮れるとき。ふっと心が軽くなるようなアドバイスをいただけますか。

「過去より未来のことを考えようよ。こうありたいと想像することでいらない思いを吹き飛ばしちゃえ!肩の力を抜いて自然の流れに身を任せる、ケセラセラの精神で。私自身も辛いことや思い詰めたときも、無理に切替はしていないように、ケセラセラです」

-さて、宮下さんが立ち上げから携われている2021年春にデビューを果たした<BEIGE,ecru>について、2021年秋冬のテーマやおすすめポイントを教えてください。

「今回のテーマは、フランスのスキーリゾートからインスピレーションを受けたコレクションです。冬・雪山・自然…そんなキーワードからニューノーマルな時代に合わせて、ちょっと肩の力を抜いた感覚を大切にしています。肌触りの良いフラノやキャメルのニットで包み込まれるような感覚になれるアイテムを揃えています」


<BEIGE,ecru>カーディガン 47,300円 パンツ 39,600円 ニット 36,300円 ストール 36,300円_4階 コトコトステージ41 ※その他は参考商品

-最後に「HANKYU MUSE」の読者にメッセージをお願いします。

「このような機会をいただき、お酒が好きだとか朝風呂が好きだとかいろいろとばれてしまいましたが(笑)、あらためて自分の美意識を見つめなおすことができて感謝しております。意識して美意識を感じているわけではないのでお伝えすることが大変難しかったのですが、美しいもの、自分にとって心地よいものを感じるということは人生を豊かにするひとつの術だと思います。普段の<BEIGE,>ではご提案できないスペシャルアイテムやセレクトアイテムをご用意させていただきました。みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げます」

心に響く言葉が散りばめられた今回の「BE YOURSELF」。飾らない人柄と、高い美意識から培ったアイテムの数々。宮下さんのセレクトしたアイテムが揃うイベントで、思いも含めて触れてみませんか。
イベント初日11月3日(水・祝)にはインスタライブを開催。また、同日に宮下さんが来店します。
the essence of gentle
○11月3日(水・祝)~9日(火)
○4階 コトコトステージ41
詳しくはこちら>>>

「with AQ~with aesthetic qualities 審美とともに~」
○11月3日(水)~16日(火)
○各階
詳しくはこちら>>>

4階 コンテンポラリーのスタッフが登場する「BE YOURSELF | 12 Chill」。11月になり今年も残すところ2ヶ月。慌しくなる毎日を送る皆さんに“Chill”について伺いました。
詳しくはこちら>>>



LATEST FEATURE