「デルヴォー」マグリットコレクション
おしゃれに軽妙なウイットを

2019.6.22


1829年、ベルギー ブリュッセルで創業したベルギー王室御用達のファインレザーグッズブランド「デルヴォー(DELVAUX)」。1870年代年には世界最大級の鉄道網を有していたベルギー。創業者シャルル・デルヴォーは、旅行がもたらす革命の訪れに注目。旅行の際に貴重品を手元に置いておきたい女性のニーズに応え、1908年ハンドバッグの意匠登録をいち早く出願しました。
ブリュッセルはまた、今も昔も芸術の都。20世紀の国際的な芸術運動である、シュルレアリスム(超現実主義)においてその主要な舞台となりました。「デルヴォー」のクリエーションにはベルギーのシュルレアリスムの精神が脈々と流れ、どれもウィットに富み、オリジナリティーあふれ、型にはまらないデザインが特徴です。


6月22日(土)から2階 バッグギャラリー内にリニューアルオープンしたデルヴォーブティック。“Belgitude(ベルギーらしさ)”を象徴する、魅力的でユーモアあふれるマグリットコレクションを中心に、デルヴォーの世界を表現します。
ルネ・マグリット(René François Ghislain Magritte、1898-1967)は、ベルギー出身のシュルレアリスムの画家。ある物体が現実的にはありえない場所に置かれていたり、ありえないサイズで描かれる手法“デペイズマン(Dépaysement)”を巧みに利用し、作品を制作しました。


ルーモア MM シエル(W29×H21.5×D13.5cm)973,080円

「デルヴォー」のシグネチャーバッグ、“ブリヨン(Brillant)”。その中でもひと際人気の“ルーモア(ユーモア)”。フランス語で、‘Ceci n'est pas un DELVAUX’(=これはデルヴォーではありません)とカットワークで記載され、ベルギー・シュルレアリスムの皮肉と反逆者精神が映し出されています。美しいスカイブルー“シエル(Ciel=空、天国)”は今シーズンの新色です。

タンペート(W27.5×H21×D10.5cm)797,040円

「デルヴォー」のもうひとつのアイコンバッグ、“タンペート(Tempête)”は、帆船のトラペーズ(台形)からインスパイアされ、ベルギーの著名な建築家によりデザインされました。マグリットコレクションのタンペートは、内側にマグリットの代名詞とも言える雲柄をあしらっています。まるで“目にするものすべての裏に別のものが隠れている”とマグリットがささやくかのよう。



トラベル ウォレット(シエル/ヌード)各214,920円

遊び心にあふれたトラベルウォレットは、マグリットが好んだ“だまし絵”効果を用い、身に着け方によってシンボリックな鳩が現れては隠れます。“見た目どおりのものなど、どこにもない”というマグリットの言葉をそのまま具現化したような小粋なクリエーションです。



ルネ・マグリットのユニークな作品に通底するシュールレアリスムの精神やだまし絵の効果。シックなエレガントスタイルを演出するマグリットコレクションで、あなたもおしゃれにユーモラスなひねりを加えてみてはいかがでしょうか。




「デルヴォー」マグリットコレクション
◎6月22日(土)から
◎2階 バッグギャラリー

新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook