Fashion

「ディオール」と日本の深い絆を知るエキシビション
「ディオール、パリから日本へ」展

Fashion

2020.2.24






フランスのラグジュアリーブランド「ディオール(DIOR)」。70年以上に及ぶメゾンと日本の深い絆を華麗にひもとく展覧会『ディオール、パリから日本へ』が3月1日(日)から、9階  阪急うめだギャラリー、阪急うめだホールで開催。豊かな日本文化にインスピレーションを得たオートクチュールのドレスから、無限のイマジネーションによって様々なアーティストに再解釈されてきた“レディ ディオール”バッグまで、「ディオール」が誇る貴重な“サヴォワール フェール(savoir faire=職人の技)”の数々を展示します。


刺繍入りラフィア ジャケット
2017 春夏 オートクチュール コレクション
クリスチャン ディオール by マリア・グラツィア・キウリ
ディオール ヘリテージ コレクション、パリ
©Laziz Hamani

花模様の刺繍や鳥の羽根をあしらったピンクのチュール ドレス
2017 春夏 オートクチュール コレクション
クリスチャン ディオール by マリア・グラツィア・キウリ
ディオール ヘリテージ コレクション、パリ
©Laziz Hamani

Peep-Bo-San
刺繍入り グリーン シルク イブニングドレス
2007 春夏 オートクチュール
クリスチャン ディオール by ジョン・ガリアーノ
ディオール ヘリテージ コレクション、パリ
©Laziz Hamani



LADY DIOR AS SEEN BY
ラン・ファン
Eternal Muse 2016
ボタン、ビーズ、ピン、アクリロニトル、ブタジエン、スチレン


パリから大阪にやってくる、まばゆいオートクチュールピースの展示とともに、会場にはアトリエを再現。「ディオール」がファッション界に革命をもたらしたニュールックの象徴である“バー”ジャケットと“レディ ディオール”バッグという、メゾンのふたつのアイコンを制作する職人たちの様子をご覧いただけます。さらに9階 アートステージにはエキシビションストアが登場。





歴史ある“サヴォワールフェール”が息づくアトリエの様子を通し、パリと日本の時空を超えた対話を楽しんでみてはいかがでしょうか。



「ディオール、パリから日本へ」展
◎3月1日(日)~22日(日)
※22日(日)まで延長いたします。
◎9階 阪急うめだホール・阪急うめだギャラリー・アートステージ
※9階 アートステージは3月15日(日)で終了いたします。
※入場無料


◆営業時間短縮期間延長について
新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、24日(火)まで営業時間短縮期間を延長いたします。
なお、18日(水)以降の各店舗の営業時間は以下を参照ください。
お客様には引き続きご不便おかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。

3月17日(火)までの各店舗の営業時間はこちらをご覧下さい。

3月18日(水)以降の各店舗の営業時間はこちらをご覧下さい。

新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook