Fashion

「SANYOCOAT」
タイムレスな“100年コート”

Fashion

2020.10.19


※写真はイメージ

1943年に創設された「三陽商会」。コート専業メーカーとして、「サンヨーコート(SANYOCOAT)」のレインコート第1号が完成したのは、1946年のこと。なかでも、「サンヨーコート」のモノづくりの原点ともいえる“100年コート”は、“伝統と革新”“日本代表”“本物”をキーワードに、素材から縫製まで全て国内で生産。真の“メイド・イン・ジャパン”を追求し、多くのファンを獲得しています。



10月21日(水)から6階 プロモーションスペース61では「サンヨーコート」のポップアップストアが登場。洗練されたデザインの“100年コート”コレクションをご紹介します。


コート 105,600円
※その他は参考商品

“TIMELESS WORK”として本当に良いものを追求し、作られる“100年コート”。100年という言葉は、100年間の品質を保証するものではなく、手入れをしながら世代を超えて着られることを目指すもの。“100年コート”を代表するスタンダードモデルは、水牛釦にレザーのバックルなど細部までこだわった本格仕様のトレンチコート。ライナーは吸湿発熱効果のある中綿を使用しています。スッキリとしたシルエットと程良いフィット感が特徴です。


コート 119,900円
※その他は参考商品

一枚袖ラグランスリーブ仕様のクラシックバルマカーンコート。シンプルなデザインながら貫通ポケット&マガジンポケットを採用し、よりクラシックなディテールにこだわった定番コートです。


コート 138,600円
※その他は参考商品

一枚袖のラグランスリーブが特徴のクラッシックモデルのトレンチコート。スタンダードモデルに比べ肩、袖廻り、身幅にゆとりがあり綺麗なAラインのシルエットがポイントです。ライナー、衿裏は“三陽格子”と呼ばれるクラシックなチェック柄です。



親から子、そして孫に受け継いでもらいたい“100年コート”。長く着ることで経年変化が現れるのも味わい深いものです。時が移り変わっても、家族の想い出と共に、さらに魅力を増すコートで、この秋、颯爽と街を歩いてみてはいかがでしょうか。



「SANYOCOAT」“100年コート”
◎10月21日(水)~27日(火)
◎6階 プロモーションスペース61

新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook