美しきかな日本~What a beautiful Japanese
ひらがなの美しさに親しむ

2019.6.5


書家/デザイナー 國廣沙織

省略することによって生まれる“余白の豊潤”を大切にする引き算の美学など、装飾を排し、無駄をそぎ落としたストイシズムは、日本文化の礎にある美意識のひとつ。日本独特のミニマムな美しさが幅広い世代で再認識されつつある今、特に、日本独自に発展した“ひらがな”文化は、そのシンプルな美しさで海外からも注目を浴びています。


「Hiragana」
ネックレス(シルバー)25,920円から

7階 コトコトステージ71では、書家/デザイナーの國廣沙織による、‘身につけるひらがな’としてのアクセサリー「Hiragana」が登場。日本特有の文字である“ひらがな”の美しさを身近に感じられるアイテムが幅広くそろいます。


「Hiragana」
ピアス(10金、片耳)27,000円から


「UmDimm(ウーム ディム)」花器 幅10×奥行10×高さ35㎝ 21,600円

‘ひらがなを書く’ための空間をコーディネートするための雑貨の提案も。こちらは鉄の持つ素材感とシャープなラインを組み合わせたミニマルなデザインの花器。書に向かう凛とした空間にマッチする和モダンなインテリアです。


「UmDimm(ウーム ディム)」蚊遣り(窓蛍)幅14×奥行14×高さ5㎝ 16,200円

鉄材を用い、ひとつひとつ溶接して手作りしている蚊遣り。立ち上がる線香の煙と独特の香りは、夏の夜の風情が感じられるもの。ミニマルなデザインは置くだけでもおしゃれなインテリアに。



心に留めておきたい言葉を美しいひらがなの曲線で表現したアクセサリーや、書に向かう空間にふさわしいたたずまいのインテリア。身にまとう、書くなど、さまざまなアプローチで、ひらがなとの対峙を楽しみ、その美しさを今一度体感してみてはいかがでしょうか。




美しきかな日本~What a beautiful Japanese
◎6月5日(水)~18日(火)
◎7階 コトコトステージ71

ワークショップ ~自分の名前をひらがなで書いてみよう~
◎6月8日(土)・9日(日)各日午後1時30分~5時 ※随時受付。混雑時にはお待ちいただく場合がございます。

新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook