Event

We love Curry!
カレーとカレーのためのうつわ展

Event

2019.8.23




カレーの魅力を様々な角度からご紹介する“カレーとカレーのためのうつわ展”。3回目となる今回は、“あいがけカレー”に注目。一皿でいくつもの味を楽しめるお得感のみならず、見た目のインパクトも。


「パブリス・シルワ」
ライス&カリー/マール(マグロ、1人前)1,836円
左上窓)パブリス・シルワ

スリランカの“生ける伝説”と言われる、スリランカの4つ星ホテルの名誉料理長シェフ、パブリス・シルワ。スリランカ料理の研究と発展に情熱を注ぎ、ドクターの異名を持つシェフが来日します。こだわりのレシピとスパイス、食材で創り上げる正統派スリランカカリー。伝説のシェフ自らが腕を振るう、本場のカレーを会場で味わって。


「レストラン白山文雅」
とろける牛タンシチューカレー(1人前)1,296円
※カレーの盛りつけはイメージです。

昭和33年創業の佐賀を代表する欧風カレーの専門店「レストラン白山文雅(しらやまぶんが)」。香味野菜と一緒にトロトロになるまでじっくり煮込んだ牛タン。お店の顔である、フレンチをベースにした欧風カレーソースをたっぷりからめていただきます。


「カレー・スパイス料理研究家 一条もんこ」カリームソーダ(1杯)648円

ターメリックやカルダモンといったスパイスカレーに必要な5種類のスパイスやハーブを使用した、まさに“飲むカレー”といったイメージの新感覚ドリンク。甘いインドのお菓子“グラブジャムン”や、インドのスナック“パニプリ”を添えて。レモン・ハチミツ・ジンジャーの効いたスパイシーな甘さがクセになる、クリームソーダならぬ“カリームソーダ”。辛いのか甘いのか、気になる味はぜひ会場で試してみて。


栢野紀文(愛知)ライオンカレー皿 5,400円
増田 光(愛知)ラッコ皿 8,100円
※画像はイメージです。

岡山県のギャラリー「アートスペース油亀」とともに、人気企画“カレーのためのうつわ展”を今年も。カレーを愛する作り手68名が、カレーのために作った多種多様な形のうつわ10,000点以上が集結します。


水野仁輔

会場ではライブ、トークショーなど、カレーをテーマにしたエンターテインメントも盛りだくさん。人生のほとんどをカレーの研究に費やす、“カレーの人”、水野仁輔(じんすけ)が“カレーの取調室”と称し、9階催場 特設ブースからラジオの公開生放送をオンエア。糸井重里や松尾貴史など、カレーを愛する重要参考人たちが連日取り調べられます。





見て、聴いて、学んで、食べて。残暑を盛り上げる、刺激的なカレーフェスティバルをホットに楽しんでみてはいかがでしょうか。


カレーとカレーのためのうつわ展
◎8月28日(水)~9月3日(火)
◎9階催場
※催し最終日は午後6時終了

新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook