Special Edition

普遍的なスタイルを
私を表現する一着に

Special Edition

2021.3.22


新しい時代の風を受けて、おしゃれは、よりパーソナルなものに。装いは“私自身”を映し出す鏡。この春、モダンな印象にアップデートした普遍的なスタイルで表現してみませんか。上質な素材が生み出す心地いい抜け感を楽しみながら“私らしく着こなせる一着”を見つけて、新しい季節へ力強く歩み出しましょう。


控えめなラグジュアリーを体現する一着



「アクリス」ジャケット368,500円、スカート141,900円、ニット82,500円、バッグ192,500円 ◎5階 インターナショナルブティックス ※シューズは参考商品

ドイツ人モダンアーティスト、イミ・クネーベルのアートワークから着想を得た配色が目を引くセットアップは、ラフィア調に仕立てたコットンポリエステルにオレンジ色のレザーパイピングを施したユニークな素材使い。ジャケットはスナップボタンクロージャー、ペンシルスカートはサイドにスリットをあしらったモダンなデザイン。


異なる素材と軽やかなフィット感で、ハイコンテンポラリーを表現



「ファビアナ フィリッピ」ジャケット183,700円、コンビネゾン122,100円、ウォレットポーチ84,700円 ◎6階 プレミアム ※シューズは参考商品

透明感のあるシルクオーガンジージャケットと、シルク混のシックなコンビネゾンを合わせたセットアップ。ウォレットボーチをカジュアルに斜めにかけて、さらにコンテンポラリーな雰囲気を楽しんで。


昼も夜も視線を惹きつける洗練のルック



「エンポリオ アルマーニ」ジャケット92,400円、パンツ66,000円、ノースリーブ51,700円、シューズ61,600円 ◎6階 プレミアム

動くたびにブルーに輝くルレックス(金属糸)を使用したセットアップは、カーディガンのように柔らかく落ち感がある素材が、スタイリッシュに大胆な魅力を放つ。オーバーサイズジャケットのインにはホワイトを合わせて清涼感のあるコーディネートに。


清涼感と優雅さにあふれるブルー&ホワイトのルック



「タエ アシダ」ジャケット107,800円、スカート66,000円、ニット52,800円 ◎6階 プレミアム ※実ジャケットはフリンジが10㎝短くなります。※シューズは参考商品

光沢感のあるコットンビスコース混のサマーツイードジャケットに、ドライタッチのロングスカートを組み合わせた優雅なスタイル。インナーのリネンニットは芦田多恵自らが撮影した空の写真をプリント。


ハリ感と光沢感のあるキャンバス織で、大人カジュアルなセットアップ



「ジョゼフ」ジャケット58,300円、パンツ36,300円、「ブランイリス」イヤカフ28,600円、リング41,800円 ◎6階 プレミアム ※シューズは参考商品

ノーカラーのジャケットコートはポケットがアクセント。ウエストのドローストリングを緩めにしてストンとした落ち感を楽しんでも、ややタイトにウエストマークしてもOK。高密度なキャンバス織は、経糸にブライトポリエステル、横糸にリネンレーヨンを組み合わせている。ノーアクセサリーでさらっと着ても素敵だが、存在感のあるアクセサリーでシルバーの輝きをプラスすればモードな印象に。


流星のようなパールが揺れるピアス



「メテオ」ピアス(淡水バロックパール、10金イエローゴールド)37,400円 ◎1階 アクセサリー売場 ※バロックパールは個体差があります。

ブランド名「メテオ」は流星という意味。バロックパールの魅力を生かしたデザインをエッセンシャルなスタイリングにプラスして。


ピュアな輝きとリズムのある美しいラインが魅力



「フォーセブンナイン」リング(純金〔24金〕)〈人差し指〉214,500円から、〈中指〉88,000円から、〈薬指〉各38,500円から ◎1階 アクセサリー売場 ※3月31日(水)~4月13日(火)期間限定販売

素材に加えるのはプリミティブな鍛金加工。純金、純銀というピュアな素材の魅力を最大限に引き出したリング。重ねづけして、輝きをパワーアップしても素敵。


◎掲載商品は、ご来店いただけないお客様にもご自宅や外出先からスマートフォンでご注文いただける、阪急百貨店のリモートショッピングサービス“Remo Order”がご利用いただけます。
※詳しくはこちら
ご注文・お問い合わせは各売場係員まで。


◎撮影協力
兵庫県立美術館
神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1
電話/078-262-0901
artm.pref.hyogo.jp
開館時間/10時~18時(金・土曜日は20時まで)※入場は閉館の30分前まで
月曜日休館(祝休日の場合は翌日)

日本を代表する建築家、安藤忠雄氏の設計による美術館。目の前に広がる海と建物が一体となり、訪れる時間や季節によって様々に変化する光景を目にするのも楽しみのひとつ。



新しい記事へ 過去の記事へ 記事一覧へ

Latest最新記事

View All

  • Instagram
  • Facebook