ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「comfortQ」で、アートアドバイザー・奥村くみさんにお部屋に飾るアートの話をなんでも聞いちゃおう!


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2012/12/16
  •  
  •   mixiチェック

「部屋に絵を飾ってみたいけど、どんな絵を選んだらいいのか分からない」
「家に飾っている絵が、どうも部屋に合っていないような気がする」
そんな悩みを持つ方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
そんなあなたに、とっておき情報があります!
アートアドバイザー・奥村くみさんが12月22日(土)阪急うめだ本店 7階「comfortQ」に来店。家の中に飾るアートの事を、奥村さんに相談できるチャンスです!

アートコーディネーター 奥村くみさん
奥村さんの横の作品: 西村盛雄「億劫」 2008年 蓮の葉・和紙 67×30cm (2点共)

元々インテリアコーディネーターだった奥村くみさん。「アートのある暮らし」の豊かさをより多くの方に感じていただくために、アートアドバイザーの仕事も始め、「アートでおもてなし」教室も「comfortQ」やご自宅で実施されています。現在、女性ファッション誌『HERS』で「もてなしのアート」を今年1月から連載中で、心豊かな時間と空間を何より愛する女性たちから絶大な支持を得ています。

11月21日(水)オープンしたばかりのインテリアショップ「comfortQ」には、奥村さんがセレクトした高感度な現代アートがいっぱい。

ドナルド・ジャッド (DONALD JUDD)「無題」 1992年 木版
イメージサイズ 58.8×79cm

立体作品で有名なドナルド・ジャッド(1928-1994)。
ミニマル・アートを代表するアーティストらしい、幾何学的なコンポジションの作品です。
「ドナルド・ジャッドは建築的な作品が有名だったりする大御所ですが、この絵を選んだのは、赤と緑で構成され、まさにクリスマスなイメージだったから」と奥村さん。
「現代アートと言えば、哲学的なイメージがあったり、とかく難しく考えられがちですが、作品を選ぶきっかけは、季節感だったり、この色を家に置きたいとか、自然で素直なモチベーションから。はじまりは気軽でいいと思うんです」
こんな風に優しく背中を押してもらえれば、ちょっとハードルの高そうな現代アートも楽しく選べそうです。


左から
柴田健治「100322118」2010年 油彩・キャンバス
79.1×100.1cm
笹井青依「Pyrus(D2)」2012年 紙に木炭 
イメージサイズ 76×56cm
笹井青依「Pyrus(D1)」2012年 紙に木炭 
イメージサイズ 76×56cm

「床の間に掛軸を飾るように、現代アートも掛軸だととらえ、季節ごとにかけ替えるのも楽しいですね。人をお招きした時に、“この絵の花は何の花?”とか、“クリスマスらしい赤ね”とか、壁にさりげなく飾ってある作品が、カンバセーション・ピースとなって会話が弾みますよ」(奥村さん)。

生活の中に取り入れやすく、毎日心地よく暮らせる上質なアート。
「部屋に1点置くだけで、住まいの空間が躍動し、息遣いを始めます」(奥村さん)。
阪急うめだ本店9階の「阪急うめだギャラリー」や7階の「美術工芸サロン」でアートに親しみ、次は自宅にアートを!と思ったら、迷わず奥村さんに相談してみましょう!

■奥村くみさんのインテリアに合うアートアドバイス
◎阪急うめだ本店7階「comfortQ」
◎2012年12月22日(土)午前11時~午後3時
店内で奥村さんに、お声がけください。

【関連記事】
12月9日(日)午後4時開催! 「comfortQ」のトークイベント
アートコーディネーター奥村くみさんによる
「アートでもてなす、インテリアスタイリング」


阪急うめだ本店 7階に、世界のインテリアが集結!
阪急百貨店のインテリアショップ「comfortQ」のアートフルな世界



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2021/03/09更新)