ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

現代の具象絵画
それぞれのリアリティー展


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2012/12/19
  •  
  •   mixiチェック

現代写実絵画の粋と言える「ホキ美術館名品展」が阪急うめだ本店「阪急うめだホール」で開催されていますが、同展覧会と連動して、写実作品を展示即売する展覧会が12月19日(水)から、同 美術画廊で催されています。

野田弘志「薔薇」(41.2×41.2cm)パネル・キャンバス/油彩


森本草介「セミ・ヌード」(53×53cm)キャンバス/油彩


青木敏郎「無花果とプラムの静物」(33.4×53cm)キャンバス/油彩


小尾 修「Le Miroir」(60.6×60.6cm)パネル/油彩


原 雅幸「物語」(24.4×40.8cm)パネル/油彩


五味文彦「まなざし」(25.2×60.2cm)パネル/油彩


石黒賢一郎「SIN TITULO」(33.3×53cm)パネル・キャンバス/油彩

現実をそのまま表現することを目指す、いわゆる写実絵画のスタイルは、ルネッサンス以降の美術に確立されました。
時を経て、現代の日本洋画壇においても、古典絵画を手本に技術を習得し、奥深い本質までも描き切ろうと飽くなき挑戦を続ける作家たちが数多くいます。
徹底した細密描写と粘り強いリアリズム表現が際立つ具象絵画は、もはや存在そのものを超越したかのような崇高さを漂わせています。

阪急うめだギャラリー「ホキ美術館名品展」で現代写実絵画の粋を堪能した後は、新たなリアリティーを希求し飽くなき挑戦を続ける作家たちの生々しい今をぜひご覧ください。

■現代の具象絵画
 それぞれのリアリティー展
◎2012年12月19日(水)~12月25日(火) 
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

【関連記事】
阪急うめだギャラリーで日本初の巡回展
現代写実絵画の粋! 
「ホキ美術館名品展」で珠玉の1枚に出会う!



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2021/04/19更新)