ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

【予告】中島 義行 油絵展
薫り立つ女性美


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/8/29
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


「公園の少女達」 P20号

名門スペイン王立サン・フェルナンド美術学校(現マドリード大学美術学部)を日本人として初めて卒業した油彩画家、中島 義行(なかじま よしゆき)氏。
1949年愛知県一宮市生まれ。
1971年にスペイン王立サン・フェルナンド美術学校入学。翌年同大学より名誉登録され、優秀賞を受賞。
現在もスペイン・マドリードに在住、旺盛な創作活動を続けています。

華やかなスペインの民族衣装をまとった女性を中心に、花や風景など卓越した写実力で描かれる油彩画。
スペインの中でも最も華やかと言われるバレンシアの民族衣装をまとい、公園でくつろぐ少女達を描いた「公園の少女達」。
清楚な美しさや明るいあどけなさが生き生きとした筆遣いで愛らしく表現されています。


「アルベルカの男女」 F10号

国の歴史や文化がつまった民族衣装に身を包む女性たちの香り立つような存在感。
映画のワンシーンのように切り取られ、ドラマを感じさせる一場面。
画面からあふれ出るような、みずみずしい油彩画の世界にぜひ触れてみてください。

■中島 義行 油絵展 <展示販売>
◎9月2日(水)~9月8日(火)
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊
※催し最終日は午後5時終了

▼ライカの世界 ハービー・山口写真展とライカ100年の歩み 阪急うめだ本店】



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る