新時代の働き方に備えてビジネススタイルをアップデートするならAUTUMN WORK STYLE WEEKを利用するのが近道!

ビジネススタイルの多様化が進む最中、予想し得なかった急激な社会情勢の変容により在宅勤務が推奨されるなど、働き方自体にも大きな変化の波が押し寄せてきている昨今。ビジネスウェアの選び方や仕事中に使用するアイテムも以前と変わってきているのでは?そんななか阪急メンズ東京が9/16~9/22に開催するAUTUMN WORK STYLE WEEKでは、新時代のビジネススタイルを支えていくアイテムをリコメンドする。

REMOTE WORK STYLE

あらゆるシーンで活躍が見込める「HITOYOSHI」のトラベラーシリーズの新作は、キリッとした顔立ちに機能性も備えているから依存度高し

リモートワーク時でも通勤時でも、一年中変わらず重宝するビジネスアイテムのドレスシャツ。パリッとしたハリ感のあるシャツも良いけど、デスクに向かう時間が長くなった今は、リラックスした着心地やシワになりにくい機能性を求めたくなるのが本音だろう。そこで阪急メンズ東京から現代のビジネスマンたちにおすすめしたいのが、「HITOYOSHI(ヒトヨシ)」のトラベラーシリーズだ。2020年の新作はアメリカン・シーアイランドコットンを素材に採用した自信作。ビジネスにふさわしいキリッとした顔立ちながら、幻の綿と呼ばれる素材のアメリカン・シーアイランドコットンが伸縮性とシワになりにくい特性を持つため、リモートワーク時にストレスフリーなのが嬉しい。もちろん通勤時でも活躍するため、これ一着に依存してしまうほど様々な働き方に対応できるハズ。

B1シャツ

「HITOYOSHI」

シャツ 各¥17,600

保温性と品のあるルックスを同時に求めるなら「Settefili Cashmere」のショールカラーカーディガンが狙い目!

これからの季節、自宅にいるとはいえ肌寒くなってくるため「何か羽織りモノが欲しい…」とお考えの方も少なくないのでは?そして今のご時世で重要なのが、ただ羽織れるだけでなく客先との打ち合わせにも対応できるキレイな見た目も兼ね備えたものということ。阪急メンズ東京には、そんな要望にも応えられるアイテムが多くラインアップされている。その一つが、こちらの「Settefili Cashmere(セッテフィーリ カシミヤ)」のショールカラーカーディガン。秋冬に重宝する保温性に加え、カシミヤを混紡しているため肌触りもバツグンで、何より上品なショールカラーが好印象を与えることうけあいだ。今後、こういった羽織りモノは確実に着用機会が増えるため、奮発して上質なアイテムを購入してみてはいかがだろうか。

4Fサードスタイル

「Settefili Cashmere」

カーディガン ¥99,000

「FIVEISM × THREE」のメンズコスメがあれば、ビデオミーティング時に重要なカメラ映えを狙える!

在宅勤務中でもオフィスに出社した際でも、最近の打ち合わせはもっぱらオンラインという方も多いだろう。そんなビデオミーティングの特徴として、画面には相手の顔だけでなく自分の顔も映ることが挙げられ、肌をはじめとした自分の見た目が気になるという方が多いのだとか。そこでトライしてみていただきたいのが、ファンデーションなどのメンズコスメグッズ。以前から何かと話題のメンズコスメがこの状況下でさらに注目度を高めており、今回ピックアップした「FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)」はその第一人者的存在だ。ウォーターベースの下地で肌を整え、フェイスパウダーでテカリを抑えた清潔感ある肌をつくればビデオミーティング時の印象は確実にアップするはず。さらに目元の表情を引き締めるアイブロウペンシルを使えば、第一印象を自在に変えられる。

1Fメンズビューティー

「Settefili Cashmere」

ネイキッドタッチ モイスチャライザー ¥5,720、ゲームフェイス カモキット ¥4,180、アイブロウスティック(リフィルのみ) ¥2,640

息が詰まりがちな在宅勤務中は香りでリラックス!「RATHBORNES1488」のディフューザー

リモートワークが推奨されていることで現在注目を集めているのがアロマディフューザーだ。「仕方がないとはいえ外出が制限されることで息が詰まる…」という際に、ストレスを軽減しリラックス効果をもたらしてくれる。そこで阪急メンズ東京がリコメンドするのは、500年以上にわたり人々の暮らしを照らしてきたキャンドルメーカー「RATHBORNES1488(ラスボーンズ1488)」のディフューザー(ダブリンダウン)。リード(棒)を挿して楽しむ電気いらずのスティックタイプで、アイルランドの夜明け、朝日が差し込む田園の風景をイメージしている。トップノートはカシス、ミドルノートはローズやダバナの華やかでフルーティーな印象、そしてスギやムスクのベースノートが甘さを和らげ、心地よい香りを醸し出す。

1Fメンズビューティー

「RATHBORNES1488」

ディフューザー ¥7,150

“座ること”を科学したワークチェアの傑作!「Herman Miller」のアーロンチェアがあればリモートワーク中の余計な疲れと無縁に

本来はリラックスする空間である自宅で仕事をするとなると、なかなかシャキッと気持ちが入らないという方も少なくないのでは?業務効率を上げるためにも、家での作業用に思わず背筋がピンと伸びるようなイスを購入してみるのも、選択肢として大いにアリだろう。そこで候補に入れたいのが、“座ること”に関する研究を積み重ねて生み出されたワークチェアの傑作「Herman Miller(ハーマンミラー)」のアーロンチェアだ。座面と背もたれには合計8つのゾーンが設けられており、それぞれ異なる張力で身体にフィットする。背もたれは、身体が最も強度を発揮する姿勢である直立時と同様の効果が座ったままでも再現できるようサポート。さらに、アーロンチェアはあらゆる人にフィットするよう3つのサイズが用意されている。阪急メンズ東京のAUTUMN WORKSTYLE WEEKで、実際に座って自分に合うサイズを探してみては?

7Fミッドセンチュリーモダン

「Herman Miller」
「Herman Miller」

左からミネラル ¥226,600、カーボン ¥225,500、グラファイト ¥205,700
※国内在庫が流動的の為、お手元に届くまで最短10日~最長4ヵ月かかる場合がございます。

自宅にワークスペースを作るとなれば、思わずSNSで自慢したくなるハイセンスな「METROCS」のデスクが気になる。

現在の情勢から、一過性ではなく今後ずっとリモートワークに切り替わるという企業も増えてきているのだとか。であれば、いっそのこと自宅に本格的な作業スペースを作ってしまうのも有意義だ。そうなると欲しくなってくるのがハイセンスなワークデスク。阪急メンズ東京からは、無駄を省き洗練させた「METROCS(メトロクス)」のデスクをおすすめしたい。デスクトップPCでも余裕をもって置ける奥行きに、深さが異なる引き出しはA3サイズの資料が入る大きさで収納力も十分。直線的でミニマルなデザインはどんな部屋にもマッチし、上で紹介した「Herman Miller」のワークチェアと合わせれば思わずSNSに載せて自慢したくなるワークスペースが完成するハズ。

7Fミッドセンチュリーモダン

「METROCS」

デスク ¥176,000~ ※最短2週間~1ヵ月でお届け

NEO WORK STYLE

「BARENA」のセットアップスーツはリモートワークからの急な出社でも着替えずに出かけられる!

多様化が進んでいたビジネススタイルの選択肢がさらなる広がりを見せる昨今。どんなシーンにも対応できるビジネスウェアが一式あればヘビロテしてしまうことうけあいだ。午前中はリモート、午後は出社という日でも着替えずに済む、リラックスしながらもきっちりとした見た目を持つのがこちらの「BRENA(バレナ)」のセットアップスーツ。伝統的なテーラリングから生まれるドレス感をしっかりと備えながら、ジャケットは大きめなパッチポケットでカジュアル度を高め、パンツはクロップド丈の緩やかなシルエットを採用して、リモートワーク・通勤時どちらもこなせるハイブリッドな一着に。シャツはノータイで足元はスニーカーを合わせれば、まさに現代的なビジネススタイルの好例だと言えるだろう。

4Fサードスタイル

「BARENA VENEZIA」

ジャケット ¥84,700、パンツ ¥39,600、シャツ ¥23,100

Tシャツのような軽い着心地でシワになりにくいからどこへでも連れて行ける「T-JACKET」のセットアップスーツ

エフォートレスなビジネスウェアといえば、Tシャツ感覚で使えるジャケットを提供する「T-JACKET(ティージャケット)」の十八番。シャツ感覚で羽織れるジャケットと共布のセットアップは、着心地は軽やかなのに光沢ある見た目でしっかりとしたスーツライクな着こなしを実現できる。下のようなニットやカットソーを着込んだラフなスタイリングも良し、インナーをチェンジすればガラリと趣が変わり、ドレッシーな着こなしも対応可能。さらにシワになりにくい素材を使用しているため、バッグに忍ばせていざという時にパッと羽織れるのも嬉しい。

4Fサードスタイル

「T-JACKET」

ジャケット ¥64,900、パンツ ¥35,200、スリードッツのニット ¥26,400

「1PIU1UGUALE3 RELAX」のセットアップはベロア糸で高級感たっぷりなのに着心地は楽チン!

凸凹とした表情豊かな生地を採用し、立体的なルックスに仕立てられたこちらのセットアップは「1PIU1UGUALE3 RELAX(ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ リラックス)」の一着。肉厚で重厚感のある質感ながら、身体にスッとフィットするように作られているため、ボディーラインがキレイに見えるのが特徴だ。素材は起毛感のあるベロア糸を使用しており、秋冬にぴったりの風合いを醸し、高級感の中に柔らかい雰囲気を醸し出す。ジャケットとパンツをセットで購入しても、4万円アンダーという価格も魅力的だ。

B1ホームウェア

「1PIU1UGUALE3」

ジャケット ¥19,800、パンツ ¥15,950

「69SLAM」プロデュースのマナ・マスクは、ポップなルックスとは裏腹に優れた機能性を搭載した頼れるヤツ

いまや日常の必須アイテムとなったマスク。使い捨てではなく洗って何度も使えるものがスポットを浴びており、さらに言えばファッショナブルなデザインのマスクが注目を集めている。「69SLAM(ロックスラム)」プロデュースのマナ・マスクは、そのどちらも兼ね備えた逸品。ポップなデザイン性に終始せず、はっ水ポリエステルで何度も洗える湿気をためない外層で、内層には約100時間使用可能で取り替えできるカーボンフィルターを装備しており、マスク本来の存在意義もしっかりと追求しているのが、このマナ・マスクの魅力だ。耳元の紐はバックル付きで長さを調整でき、顎のラインは立体的でぴったりとフィットするため、自分の骨格に合わせて使えるのが嬉しい。

B1アンダーウェア

「69SLAM」

マスク 各¥1,980

上品な見た目と返りの良い履き心地を両得した「Tricker's」のビットローファーは2020AWの新作!

「カジュアルなビジネススタイルに合わせる革靴」の有力な候補として挙がるローファー。中でもアッパーをホースビットで装飾したビットローファーは、上品な見た目でビジネススタイルでも重宝する。そして、こちらにピックアップした「Tricker's(トリッカーズ)」のビットローファーは2020年AWの新作。ブランドの十八番であるダブルソールの厚みを抑えたシングルソールにチェンジし、返りの良い履き心地を実現している。ラウンドトゥでホースビットも小ぶりなので、オンオフ問わず様々な着こなしに合わせやすい。

5Fジャーミンストリート

「69SLAM」

ローファー ¥84,700

ビジネスからオフの日のワンマイルシューズまでイケる「Paolo Barni」のタッセルスリッポン

「スニーカーを合わせるほど着崩すのは躊躇するけど、足元はリラックスさせたい」という際におすすめしたいのが、こちらの「Paolo Barni(パオロ バルニ)」のタッセルスリッポン。見た目は品ある革靴のムードを醸しながら、アンライニングで薄いソールを採用しているため、さらっと軽快に履けるのが魅力的な一足だ。ちょっと近所まで出かける際のワンマイルシューズとしても重宝するため、これ一足でビジネススタイルからオフスタイルまであらゆるシーンを任せられる。

5Fドレスシューズ

「Paolo Barni」

スリッポン 各¥33,000

快適でドレッシーなローファーをお求めなら「MAGNANNI」のDIVERSAはいかが?

楽チンな履き心地のローファーにドレス感を求めるなら、ロングノーズデザインのアイテムをチョイスするのが吉だ。そこでおすすめしたいのがスペインのブランド「MAGNANNI(マグナーニ)」のDIVERSA(ディベルサ)。スクエアトゥでノーズが長めに設定された一足は、ビジネススタイルをキリッと引き締めてくれる。快適な歩行性もポイントで、ラバーのアウトソールが衝撃を和らげ、足底への負担を軽減。キレイめな見た目でリラックスした歩行感を備えた現代のビジネススタイルにぴったりなシューズに仕上がっている。

5Fドレスシューズ

「MAGNANNI」

ローファー ¥53,900

詳しくは、売場スタッフまでお問い合わせください。

03-6252-1381(代表)

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。
※商品が売切れの節は、ご容赦くださいませ。

このページのトップ