阪急メンズ大阪

Men's Accessories メンズアクセサリーズブログ

 

【紳士服飾品】~シガーを楽しむ時間~

  • 更新日: 2016/6/1
  •  
  •   mixiチェック

◎1階 紳士服飾品
阪急メンズ6月のテーマはサザン バケーション。
リオオリンピックも間近に迫り、注目されている中南米にスポットをあてています。
そんな中、紳士服飾品売場からはシガー(葉巻)をご紹介させていただきます。
中南米キューバといえばシガー大国。シガーはキューバを象徴する嗜好品でもあります。
そして余裕ある大人の優雅な時間を楽しんでいただける趣味とも言えるのではないでしょうか。
葉巻というと敷居が高く、なかなか手を出しにくいかもしれませんが、興味のある方は是非この機会に一度楽しんでみてください。
まずシガーとはタバコの一種ですが、一般的に知られている紙巻のものと違い紙で包まず、タバコの葉を筒状に巻いたものになります。そしてフィルターもありません。
その中でもシガー中のシガーと呼ばれるプレミアムシガーはロング・フィラー(トリパ)という一枚葉数枚を芯にして、手作りで仕上げられた高級品。
葉のブレンドから発酵、熟成まで職人の手作業で行われます。保管にも気を配る必要があり、温度17度前後、湿度70%前後が最適な管理状態とされています。

【葉巻の吸い方】
・吸い口をカット
吸い口の閉じている方をカットします。
フラットカット、パンチカット、Vカットの3種類の切り方あり、それぞれ道具が異なりますが、今回はフラットカットをご紹介。
フラットカットには両刃のダブルブレードカッターが最初はオススメ。
シガーのヘッドの形状をよく見てカット位置を確認。わずかに丸みを残した位置でカットすると唇へあたる感触がよくなります。位置を決めたら思い切りよく一気にカットすると失敗しにくいです。

売場ではカッターのご用意もございます。



では引き続き・・

・火をゆっくりと全体につける
着火方法はいくつかありますが最も簡単なのが葉巻用ライターによる着火で、なかでもターボフレームタイプがオススメです。オイルライターは葉巻の香りを損ねるので使わないほうが賢明です。
着火ポイントは「しっかりと火を着けきる」「ラッパー(シガーの一番外側を巻いている葉っぱ)を焦がさないこと」です。
まず、シガーを水平に持ち炎を横からあてます。そして全体に火がつくように、ライターを回しながらゆっくりと火をつけていきます。外周に1㎜程度白い灰が見えるようになるまで火をつけきればOKです。

・ゆっくりとふかす
基本的な喫煙方法は口腔喫煙です。これは煙を肺に入れずふかすやり方で舌と口の中から鼻にかけての香りを楽しむものです。
よりおいしく味わうために、せかせかと吸わず、ゆっくりとした吸い込み・ペースが大切です。
そして灰を落とすタイミングですが、葉巻の灰はラジエーターの役割を持ち美味しく吸うために一役かっています。できれば2cm程度までは落とさないようにしましょう。
落とすときは軽く指でたたくか、灰皿に灰をあて軽く折るように落とします。

いかがでしたでしょうか。
売場では様々な種類のシガーをご用意しております。興味を持たれた方は是非一度足をお運びくださいませ。
係員一同、ご来店をお待ちしております。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る

アクセスランキング

2021/10/19 更新