阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

スーツのお手入れ

  • 更新日: 2014/3/25
  •  
  •   mixiチェック

季節が変わり仕事の上でスーツやジャケットなど新調された方もおられることと思います。
お洋服が新しいうちにどうぞお手入れをお忘れなく・・。
春の新しいスタートを機にスーツのお手入れをご紹介します。
一日着たスーツは生地の中にほこりなど汚れがついています。ブラッシングをすることでほこりを取り、生地の毛並みを整えると生地の風合いが長持ちします。
そして肘や膝など着用中にできたシワも気になります。必ずハンガーにかけてシルエットを保ちましょう。特にパンツのクリースライン(センタープレス)をキープするために少なくとも1日休ませるのが理想的です。

お手入れのポイント
①着用後は必ずブラッシング
②ハンガーにかけて休ませる

まずはブラッシングのポイント。
ポケットの中身をすべて取り出し、パンツはベルトも外します。ブラッシングは上から下へ。やさしくなでるように使うとかえってほこりを埋めこみます。一方向へサッとはらいます。
ジャケットは肩から後襟、パンツは膝下を重点的に。

次はハンガーかけのポイント。
ハンガーは服の肩幅に合ったものを使用します。ジャケットの肩は人の動きを考えた立体的な縫製になっているので肩先に丸みがあって前方にカーブしているものは形くずれを防いでくれます。
パンツの場合は裾を挟んでとめるクリップ式のハンガーにかけておくとパンツ自体の重みでシワが伸びやすくなります。

ブラシはしなやかでコシの強い豚毛が適しています。
中でも阪急メンズ大阪がおすすめのブラシは「ケント」

KENT
ケントはイギリスで1777年に創業した歴史あるブラシメーカーで王室御用達です。
豚の中でも放牧されている猪の一種のおなかのあたりの毛を使用しており、顕微鏡で見ると毛先がうろこ状になっているためほこりや汚れをしっかりはらうことができます。
阪急メンズ大阪1階
紳士服飾品売場8,640円


毎日のお手入れは洋服のシミや傷みを見つけられます。
今の時期は花粉対策にもなります・・。


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る