阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

『ストールの楽しみ方』(その1) ~スタイリストおすすめのストールの巻き方~

  • 更新日: 2015/1/31
  •  
  •   mixiチェック


まだまだ寒さが身にしみる季節ですが、阪急メンズ大阪は、少しずつ春へと向かっています。
阪急メンズ大阪では、2015S/Sシーズン立ち上がりのテーマとして『ポエティック ジェントリー』と題し、クリアパステルカラーと呼ばれる優しい色使いの商品を提案しています。

マフラーとストールの違いは・・・? と思われている方、その一番の違いは素材と大きさです!
定義としては、マフラーは首に巻くもの、ストールは肩にかけるもの、となります。 マフラーはウールなどの素材で作られた細長い長方形のものが主流ですが、ストールはシルクやカシミヤなど薄手で柔らかさがあり大判サイズのものが主流となっています。

薄手のため防寒アイテムとしては不向きに思われるストールですが、実は機能性にも優れています。

ふんわりと空気を包み込むように巻くことで、繊細な素材が重なり合って空気の層をつくり、保温性を高めてくれます。 軽い素材は窮屈感がなく、幅広い年齢層の方にオススメです!


今回ご紹介する通称「ピッティ巻き」は、年2回イタリアのフィレンツェで行われる、世界最大級のメンズプレタポルテの見本市「PITTI IMMAGINE UOMO」 (通称:ピッティ・ウォモ)に集まるファッション関係者がしていたことからこのように呼ばれるようになったといわれています。


それでは、巻き方の手順です。
写真上から①~⑤の順にご説明します。


画像1
①ストールを肩にかけます。この時、全体の長さの3分の2ぐらいの部分を首中心におき、長い方をひと巻きします。

画像2
②短い方を先ほど巻いた輪の内側から少し引き出します。

画像3
③②で引き出した部分の穴に長い方を通します。

画像4
④③で通したものをひっぱります。

画像5
⑤全体を整えて完成。ふんわりと結ぶのがコツ。

おしゃれ上級者がこぞって取り入れたこの巻き方、程よいボリュームと立体感を出せるので是非取り入れてみてください!

ストールはどんな巻き方をする場合でも、ゆるくふんわりと巻くのがポイントです!
一巻きするだけで装いを華やかにオシャレにしてくれるストールは、薄手で軽く、防寒対策にも優れています。
首元から春色を取り入れて、おしゃれをお楽しみ下さい!



ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。
お待ちいたしております。


■スタイルメイキングクラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>
スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキングクラブ」会員募集 

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る