阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

『ストールの楽しみ方』(その2) ~スタイリストおすすめのストールの巻き方~

  • 更新日: 2015/3/7
  •  
  •   mixiチェック



3月に入り、少しずつ暖かな日もでてくるようになってきました。

そんな日は、春を先取りして薄手のコートにストールをしてみてはいかがでしょうか?

前回のブログに引き続いての第2弾は、通称「ラウンド巻き」からの「ニューヨーク巻き」です。
まさにストールの巻き方の基本ともいえる巻き方をベースに、そこからアレンジした巻き方をご紹介します。


それでは、巻き方の手順です。
写真上から①~⑤の順にご説明します。


画像1
①まずは 「ラウンド巻き」 から。
左右が1:2くらいの長さになるように、首にかけます。 後は、長目に取った方を首にひと巻きするだけ。

画像2
②片方が少しだけ長めになるバランスが、グッド・バランスでしょうか。 ふんわり感を出すために、少し “ねじり” ながら巻くのがポイントです。

このままサラッとさり気なく、軽やかに装って下さい。

画像3
③続いては通称「ニューヨーク巻き」。
長めに垂らしたほうが上になるようにクロスさせて・・・・・。

画像4
④輪っかの下あたりで、軽くひと結びします。
ギュッときつく巻くのはNG、あくまで優しくゆるめに結ぶのがコツです。

画像5
⑤結び目を縦目になるように整え、首元は少し開けるように仕上げたら完成です。
最後に結び目を支点に、少し散らす感じでふわっと動きを付けてやれば、より立体的な感じになります。

アウターの外に垂らして優雅に表情を楽しむのも良し、中にしまい込んでスッキリ見せるのも良いでしょう。


「FRANCO FERRARI」 ストール 30,240円 (3F 「ストラスブルゴ」)



左右の長さを変えたり、ストールの端がなびくように着こなすのがカッコよく見せるコツです!
薄手のストールを単純に巻くだけだと、どうしてもペタンとなりがちです。 「ねじる」とか「ゆるめる」「ほぐす」など、ひと手間加えることでこなれた感じが出てきます。 そうすることで、流れるようなドレープ感と立体感が生まれ、様々な表情を楽しんでいただくことができます
この春はストールを使って、おしゃれをお楽しみ下さい!


ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。
お待ちいたしております。

■スタイルメイキングクラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>
スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキングクラブ」会員募集 

■メンズファッション講座 参加者募集中! 詳しい内容はこちらから>>
メンズファッション講座 「スタイルメイキングセミナー」 のご案内



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る