阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

阪急メンズスタイリストが教える着こなし術
ネクタイの結び方「セミ・ウィンザーノット」編

  • 更新日: 2015/3/16
  •  
  •   mixiチェック


前回ご紹介した「プレーンノット」はマスターされましたでしょうか。

「プレーンノット」が万能形で結び方の基本ならば、今回ご紹介する「セミ・ウィンザーノット」は、適度なボリューム感あり英国的でエレガントなノットを作りたいときにおすすめ。

襟型もワイドカラーやセミ・ワイドカラーなど、開き具合の大きな襟型に最適です。



それでは、結び方の手順です。
写真上から①~⑥の順にご説明します。



画像1

①プレーンノットの時よりも巻き方の手順が増えるので、大剣を長めに、小剣を短めに巻きます。
身長や体型によって長さのバランスを調整してください。

②大剣を小剣の上から交差させるようにして巻き始めます。


画像2

③小剣の下にきた大剣を、首の下にできた輪に上側から通します。 
 その際に大剣、小剣ともに、ねじれないように注意してください。


画像3

④大剣を反対側に移動させ、今度は首の下にできた輪の下側から上に通します。


画像4
⑤大剣を前にできた三角形の輪の中に通しながら、引き下ろしていきながら結び目を締めます。

画像5

⑥指先でディンプルを作り、結び目の形を綺麗に調整したら完成です。
 




どんな結び方でもディンプルといわれる結び目は、緩くならずメリハリのあるようにキュッと結ぶことがポイントです。

ドレススタイルで一番最初に目がいくネクタイ。
きっちりとそしてエレガントに着こなしてみませんか?


ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。
お待ちいたしております。

■スタイルメイキングクラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>
スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキングクラブ」会員募集 


■メンズファッション講座 参加者募集中! 詳しい内容はこちらから>>
メンズファッション講座 「スタイルメイキングセミナー」 のご案内




※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る