阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

『帽子スタイル』 ~スタイリストおすすめの帽子のかぶり方~

  • 更新日: 2016/2/10
  •  
  •   mixiチェック

メンズファッションでもスタイリングのアクセントがあると、グッとイメージを変えることができます。
そのアイテムとして是非取り入れていただきたいもの・・・・、それが帽子です。
今回は帽子にスポットをあててみたいと思います。

帽子をこよなく愛し、帽子のことを語るならこの方!

メンズ大阪の5Fにあるショップ 『オーバーライド』 アルチザン・一色 昭男氏です
一色 昭男氏に帽子についてお話いただいた内容をもとに、帽子のかぶり方についてご紹介したいと思います。

「コツさえつかめば、どなたでも帽子を着こなせますよ」と、一色さん。
「似合わないから恥ずかしい」とか「イメージと違う」と、思ってしまうのが最も残念なケースなのです。 これは単純に、自身の帽子姿を見慣れていないことが要因。 まずはトライし続けることで、自分自身の帽子姿に慣れてみることから始めましょう。

では実際のフィッティング時に大事なこと・・・・、それは全体のバランスを確認しながら試着することです。
ありがちなのはショップの小さな鏡を見て、自分の帽子姿を確認していると思います。 しかし、ここに大きな落とし穴が・・・・。 小さな鏡だと、どうしても首から上の部分だけのバランスで判断してしまいがち。
でも、大きな鏡があれば、全身のバランスを確認することで自分に似合う帽子を見つけることができるのです。 また同時に、合わせ鏡を使って後姿の確認もするようにしましょう。

次に、実際に帽子をかぶったときのチェックポイントです。 基本は、まず水平に真直ぐかぶること。

帽子のトップを押えて、写真のように指一本が入るとOKです。

その後、帽子の後ろ側を持ってぐっと下に引っ張って倒すのも一手。

他にも、かぶる深さやつばの角度などを変えることでこなれ感が出てきます。 頭に乗せて角度をいろいろ変えてみてください。


ちょっとかぶってみたけど似合わない・・・そんな帽子でもこのようなかぶり方を試してみてはいかがでしょうか?

・浅くかぶったり、しっかり深くかぶったりしてみる
・少しだけ横に回して、つばを横にずらしてかぶる
・右や左に傾けてななめにかぶる
・髪を出したり、入れたり、前髪の分け方を変えてみる
・かぶる時は、顔のところにシャドーをつくり変化をつける
・ニット帽の時でも横から見て曲線をつけるようにかぶる

似合わないと思っていた帽子でも、角度を変えるとシルエットが変化し馴染んできます。

フォーマルシーンでは前髪を帽子の中に入れるのが基本ですが、カジュアルシーンなら出してみることで表情を作るのもよいでしょう。

またメガネなどの小物を併用し、帽子のカラーと合わせることで帽子がだけが目立つのを防ぐことができます。

なかなか帽子をうまくかぶることができないと言っていたスタイリスト山口も、お話を聞いたあとにみせたこの表情。 これから少しずつ帽子も取り入れていきたいと意気込んでいました。

このように、ほんの少しのコツやかぶり方をかえるだけで気軽に取り入れることができます。

コーディネートのスパイスに是非帽子を加えてみませんか?

ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。
お待ちいたしております。


メンズファッション講座 参加者募集中! 詳しい内容はこちらから>>
▼メンズファッション講座 『スタイルメイキング セミナー』 のご案内

スタイルメイキング クラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>
▼スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキング クラブ」会員募集





※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る