阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

『ジレ』~スタイリストおすすめの選び方~

  • 更新日: 2016/10/30
  •  
  •   mixiチェック

ここ数日気温の寒暖が大きく、着るものに困りますね。
これからのシーズンに着こなしの幅を広げてくれるジレを取り入れてみてはいかがでしょうか。
ジャケットだけでなく、ニットやアウターにもジレを合わせることができるので、着回しが利きます。
そこで今回は、ジレの選び方についてご紹介したいと思います。

上のキャメルのような無地のニットジレでも、背中側がリブ編になっていたり、ネイビーのようなストライプ柄を使ったブークレ素材のものが出てきたりと色柄や素材も豊富になってきました。

左から
「ドルモア」 ジレ 38,880円
「ラルディーニ」 ジレ 36,720円
「ストラスブルゴ&ワークス」 ジレ 31,320円 (3F 「ストラスブルゴ」)

デザインも襟付きやダブルブレストなど、シンプルなシングルタイプのものに加えてデザインに工夫を凝らしたものもあります。
写真は、ショールカラーのダブルブレストのジレです。

「ガブリエレ パジーニ」 ジレ 73,440円
「バルバ」 シャツ 32,400円 (3F 「ストラスブルゴ」)

ジレをセレクトする時には、まずサイズ感が重要です。
大きすぎると、ボタンを留めた時に胸周りがゆったりしすぎ、Vゾーンのラインが緩んでしまいます。
写真のように後ろにベルトがあるジレの場合は、体にフィットするように調整してからの着用が◎。

次に大切なのは着丈です。
ジレの着丈が長すぎると、バランスを崩してしまい残念な印象に。
パンツのベルトが隠れるくらいの長さがおすすめ。
ジレの一番下のボタンは留めずに開けておくのが着こなしのルールとなっています。
ジレは何となく取り入れにくいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
まずは、基本色であるネイビーやベージュ、グレーなどが入っているものを選ぶとコーディネートがしやすくなります。
慣れてきたら遠目無地にみえる柄、その後大柄なインパクトのあるものを試してみてはいかがでしょうか?

大柄でインパクトのあるものを取り入れられるのもジレの良いところ。
ジレの上にジャケットやコートを重ねることで、みえる面積は小さくなります。
写真のような大柄なチェック柄をジャケットで取り入れるのは難しい方・・・ひとまずジレでトライしてみてください。
ジレの大柄が着こなしのアクセントになりいつもの装いをイメージチェンジできます。

「ラルディーニ」 ジャケット 105,840円
「ガブリエレ パジーニ」 ジレ 55,080円
「ボルゾネッラ」 シャツ 38,880円
「インコテックス」 パンツ 39,960円
「サルトリオ」 チーフ 14,040円
「アンダーソンズ」 ベルト 15,120円
「エドワード グリーン」 シューズ 146,880円 (3F 「ストラスブルゴ」)

これからの季節には、印象を変えてくれるジレを加えておしゃれを楽しんでみませんか?

メンズファッション講座 参加者募集中! 詳しい内容はこちらから>>
▼メンズファッション講座 『スタイルメイキング セミナー』 のご案内


ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。

スタイルメイキング クラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>

▼スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキング クラブ」会員募集


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る