阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

『コートスタイル』~スタイリストおすすめの着こなし方~

  • 更新日: 2016/12/30
  •  
  •   mixiチェック

寒さも一段と厳しくなってまいりました。
冬の装いにおいて最も大きな分量を占めるコートは、第一印象を左右するキーアイテム。
そこで今回は、コートスタイルについて、ご紹介したいと思います。

手前から

「ガブリエレパジーニ」 コート 187,920円

「ストラスブルゴ」 ニット 30,240円 (3F 「ストラスブルゴ」)

「タリアトーレ」 コート 129,600円

「パルト」 コート 89,640円 (4F サードスタイル)


今季のコートは、スリムフィットで着丈の短いものは少なくなってきています。

適度にリラックス感のあるシルエットのものが増えてきているのが特徴です。

写真のように着丈も、昨シーズンより5cm程長くなっています。

手前が今シーズン多い着丈の長いもの、奥が昨年までの着丈です。

大柄な方は膝が隠れるぐらい、小柄な方は、膝頭が少し出るぐらいを目安にセレクトすると好バランスですね。

奥のコート
「タリアトーレ」 コート 124,200円 (4F サードスタイル)

お手持ちのコートも、着方を工夫することで今季風に着こなせます。
今までのスリムなシルエットのコートのボタンを開けて着てみて下さい。
お手持ちのコートがタイトに見えずに着こなせます。
写真のようなIラインと呼ばれるステンカラーコートは、一番上のボタンだけ留めて着るとAライン風になり、ゆったりとしたシルエットになるのでおすすめです。


「パルト」 コート 89,640円 (4F サードスタイル)

「ストラスブルゴ」 ニット 24,840円 (3F 「ストラスブルゴ」)

ディティールは、ラグランスリーブのコートが増えてきています。

ラグランスリーブは、今後も継続してでてくるディティールなので取り入れていきたいですね。

着丈の短いコートはもう着れないのかと言うと、そんなことはありません。

ニットやデニムといったラフな着こなしに合わせると良いと思います。

裾に向かって緩やかに広がるAラインシルエットにも注目。

ラグランスリーブに、Aラインとトレンド要素がつまった一着です。


「エルネスト」 コート 200,880円

「エルネスト」 ジレ 47,520円

「ボルゾネッラ」 シャツ 25,920円

「インコテックス」 パンツ 37,800円 (3F 「ストラスブルゴ」)


今季コートの購入をお考えの方は、是非着丈の長いコートを試してみてください。
今までの感覚より少し長い位からスタートすると良いかもしれませんね。
今季はリラックス感のあるコートで、冬のおしゃれを楽しんでみて下さい!

ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。

スタイルメイキング クラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>

▼スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキング クラブ」会員募集

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る