阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

秋冬ファッションの主役アウター特集

  • 更新日: 2020/10/28
  •  
  •   mixiチェック

◎3階 スタイルメイキングクラブ
10月も後半に差し掛かり、朝夕の冷え込みも日増しに強くなってきましたね。
寒さが増すこれからの時期、アウター選びでお悩みではございませんか。
今回のスタイルメイキングブログでは、カジュアルな着こなしにぴったりな
4種類の代表的なアウターをピックアップし、特徴や着こなしのポイントについてご紹介いたします。

秋冬のファッションアイテムとしても、高い人気を誇るライダースジャケット。
ハードで男らしい雰囲気に加え、クールな印象を演出することができます。
ニットやカットソーなどと合わせたシンプルな着こなしから、シャツと合わせたきれいめスタイルまで幅広く対応してくれるのもライダースジャケットの魅力のひとつです。
 
アウター(エンメティ) 137,500円(4階 サードスタイル)
ニット(ジョンスメドレー) 35,200円(4階 サードスタイル)

上品で落ち着いた雰囲気を持つチェスターコート。
インナーに無地のハイネックニットを合わせる事で千鳥柄のコートが引き立ち、シックで大人の着こなしとなります。
メンズの洋服は「肩で着る」と言われるように、コートも肩のラインが重要です。ジャケットを着てから羽織るものなのか、単品で着こなすものなのかによってサイズが変わってきます。
自分が着たいイメージやコーディネートを考えながら選ぶ事がポイントです。

コート(LARDINI) 141,900円(3階 ストラスブルゴ)
ニット(CRUCIANI)49,500円(3階 ストラスブルゴ)

秋冬に欠かせないアウターといえばダウンジャケット。
タウンユースにはもちろん、アウトドアなどのカジュアルなコーディネートにも合わせやすく、幅広い着こなしが可能な万能アイテムです。軽くて暖かいのが特徴で長時間着用されても疲れにくく、厚着になりがちな冬場にピッタリのアイテムです。
 
ダウン(ムーレー) 188,000円(4階 ムーレー)

本物を求める大人の男性の間で憧れの存Barbour(バブアー)のオイルジャケット。
独特の風合いは、上質なコットン地にオイルを塗り込んで作られているため、光沢と防水性、保温性を持っていることが特徴です。
交通機関など人が多い場所では、オイルが移染しないよう周りへの配慮が大切。オイルドジャケットの最大の魅力は、自分だけの一着として経年変化を楽しめること。唯一無二の存在として着用下さい。

ブルゾン(バブアー)53,900円(4階 サードスタイル)
ニット(ザノーネ) 42,900円(4階 サードスタイル)

本格的な寒さがやってくる前に、自分のワードローブに最適な秋冬アウターを準備してみてはいかがでしょうか。
次回からは、それぞれのアイテムについてさらに掘り下げてご紹介させていただきます。

また、この機会にぜひ『スタイルメイキングクラブ』をご利用下さいませ。

スタイルメイキング クラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>
▼スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキング クラブ」会員募集

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る