阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

秋冬ファッションの主役アウター特集(コート編)

  • 更新日: 2020/12/12
  •  
  •   mixiチェック

◎3階 スタイルメイキングクラブ
前回のブログに引き続き、アウターについてご紹介させていただきます。今回はコート編です。

秋冬の必需品であるコートは、どのデザインを選ぶかで印象は大きく変わります。
着用するシーンや自分の好みのデザインに合わせて選ぶ事が重要です。
さまざな種類が展開されている中から、代表的な4つのコートについて、ご紹介させていただきます。

■チェスターコート

上品かつシンプルなルックスのチェスターコート。正式名称は「チェスターフィールドコート」で、英国のファッションアイコンであった、チェスターフィールド伯爵ジョージ・スタンザホープ氏の名前に由来するとされています。テーラードジャケットをロング丈にしたようなデザインが特徴的です。
スーツやジャケパンスタイルとしてはもちろん、最近では素材やシルエットのバリエーションが増え、休日スタイルに合わせるコーディネートも多くなっております。
コート(4階 サードスタイル)¥115,500
ニット(4階 サードスタイル)¥40,700

■ステンカラーコート
チェスターコートと並んでメンズの定番とされているステンカラーコート。
一般的には襟付きで比翼ボタンになったコートのことを指します。
普遍的なデザインなので、着こなし次第で、年齢問わず長い間着用いただけます。
コート(4階 ティモシーエベレスト)¥143,000
ジャケット(4階 ティモシーエベレスト)¥132,000
ニット(4階 ティモシーエベレスト)¥25,300

■トレンチコート
トレンチコートといえば、元々はイギリス陸軍などの防寒服として開発されたミリタリーウェア。高い防寒性と防水性を兼ね備え、また軍服として使用されていた名残から、他のコートと比べるとデザインも特徴的です。
「エポーレット」「ガンフラップ」「ヨーク」「トレンチベルト」などのディティールがあり、羽織るだけで存在感のある雰囲気を演出してくれます。
コート(4階 サンヨーコート)¥105,600

■ダッフルコート

ダッフルコートは北欧の漁師たちが着ていたコートが起源です。英国海軍の艦上防寒着に採用されたミリタリーアイテムとしても知られています。密度の高いメルトン生地で作られおり、風や冷気の侵入を防ぎ、防寒性に優れているのが特徴です。
「フード」「トグル」「ポケット」など、漁師やイギリス軍が防寒コートとして活用するためのディテールが今もなお、ファッションとして親しまれてます。
コート(4階 ブルックスブラザーズ)¥97,900
ニット(4階 ブルックスブラザーズ)¥19,800
シャツ(4階 ブルックスブラザーズ)¥17,600

コートは、コーディネートの主役となる重要なアイテムです。
自分にぴったりのコートを見つけて、冬のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。お待ちいたしております。
スタイルメイキング クラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>
▼スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキング クラブ」会員募集

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る