阪急メンズ大阪

ザ・ロビーブログ

 

“デニムシャツ”をお洒落に着こなす大人のカジュアルスタイルをご提案

  • 更新日: 2021/4/20
  •  
  •   mixiチェック

◎3階 スタイルメイキングクラブ
少しずつ気温も上がり、暖かな日差しに春の訪れを感じられる今日この頃。
今回は、デニムシャツとダンガリーシャツの着こなしについてご紹介。
春のコーディネートに新しいスタイルを取り入れたいあなたにおすすめのアイテムです。

デニムシャツとダンガリーシャツは、よく似てますが、織り方に違いがあります。
デニムシャツは、縦糸に“白系の糸”、横糸に“色味のある糸”を用いた綾織物を指すのに対し、
ダンガリーシャツは、縦糸に“インディゴなど色味のある糸”、横糸に“白糸”を用いた綾織物を指します。しかし最近では、インディゴカラーのシャツ全般を「デニムシャツ」と呼ぶことも多く、境界線は曖昧になってきてます。

左:¥27,500
中央:¥27,500
右:¥31,900
シャツ(4階 ジャンネット)

こちらは、ダンガリーシャツを合わせたジャケパンスタイル。カジュアルなイメージがあるシャツですが、ジャケットと合わせる事で綺麗めスタイルに。
シャツの色味を拾ったジャケットとチーフを合わせ、まとまりのある着こなしになります。
ジャケット(4階 LBM)¥133,100
シャツ(4階 ジャンネット)¥31,900
パンツ(4階 インコテックス)¥37,400
チーフ(4階 LBM)¥8,800

ベストとネッカチーフを合わせていただく事で、遊び心のあるスタイリングに。
デニムの風合いが程よく感じられながらも落ち着いた印象を与えれらます。ラフに袖口をロールアップしていただくと、こなれ感のある雰囲気に。
ベスト(4階 LBM)¥50,600
シャツ(4階 ジャンネット)¥31,900
パンツ(4階 インコテックス)¥37,400
ネッカチーフ(4階 LBM)¥12,100

ベージュの綿パンを合わせたカジュアルな着こなしは、もちろん相性ぴったり。
デニムシャツは、1枚着るだけでサマになりコーディネートの主役にもなります。着回し力が高い点も魅力的です。
インナーの半袖ニットを白色から黒に変えると、男らしく締まりのある印象に変化します。色やアイテムとの組み合わせをひと工夫して、様々な着こなしをお楽しみ下さい。
シャツ(4階 ティージャケット)¥31,900
ニット(4階 グランサッソ)¥20,900
パンツ(4階 トラマロッサ)¥38,500
ベルト(4階 アンダーソンズ)¥19,800
シューズ(1階 コールハーン)¥26,400

いかがでしたでしょうか。ファッションの幅が広がる、大人のお洒落アイテム。今年の春の一枚に取り入れてみてはいかがでしょうか。
ぜひ、この機会に『スタイルメイキング クラブ』をご利用くださいませ。お待ちいたしております。
スタイルメイキング クラブへの入会など詳しくはこちらをご覧ください。>>
▼スタイリストがあなたのコーディネートをご提案「スタイルメイキング クラブ」会員募集

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

ホームへ戻る