HANKYU MEN’S OSAKA DENIM LAB ◎阪急メンズ大阪5階

デニムイメージ デニムイメージ デニムイメージ

長く愛着を持ってはき続け経年変化を楽しむ、そんな魅力あふれるデニムにクローズアップ。注目を集めるデニムブランドから、デニムを育てる楽しみ方や、リメイク&ビンテージ風など旬のアイテムをご紹介。自分らしいデニムスタイルをここで見つけよう。

スペシャルデコレーション

  • ◎4/19(火)まで
  • ◎1階 ステージ1
スペシャルデコレーション

カウボーイが現代の様々なデニムコレクションを披露するという趣向のデコレーション。数々のブランドから多彩なデニムアイテムが登場。その加工や作り、デニムをはき育てていく楽しさなど、自分だけのデニムがほしくなるような高揚感をお楽しみください。

LEVIS VINTAGE CLOTHING

BRAND STORY

AboutLeviStrauss&Co.:
1873年に世界で初めて“ジーンズ”を誕生させ、1890年には 501®を発表。“伝統と革新”というコンセプトのもとに、様々な銘品を世に贈る「リーバイス®」。いつの時代も核となってきた 501®を中心に新しいスタンダードを打ち出し続ける「リーバイス®」ジーンズは、時代を切り拓いてきた世界中のパイオニアたちに愛され、今もなお、支持され続けています。

世界に1本の自分だけのジーンズを作る
“LOT No.1”のご紹介

  • ◎4月9日(土)・10日(日)
  • ◎3階 特設スペース

※ご参加は事前にWEBでのお申込みが必要です。
※写真はイメージです。

LOT No.1 (ロット・ナンバーワン)

LOT No.1 (ロット・ナンバーワン)は、「リーバイス®」のクラフトマンシップの真骨頂ともいえるビスポーク・ジーンズサービスです。

デニム生地や糸、レザーパッチ、リベット/ボタンなど細部まで指定でき、マスターテーラー(職人)が、生地選びや裁断、縫製、仕上げなど全工程を手作業で制作します。

このサービスはロンドン、パリ、ニューヨーク、サンフランシスコに続き、原宿フラッグシップストアが世界5店舗目のアジア初の展開。そして今回、大阪の百貨店に初出店です。

「リーバイスビンテージクロージング」
LOT No.1 110,000円から

「リーバイス®」 LOT No.1

  • ◎4月9日(土)・10日(日)
     各日午前11時~午後1時・3時~5時・6時~8時
  • ◎3階 特設スペース
  • ◎定員:各日各回1名様
  • ◎参加方法:イベントサイトから申込み。
     事前にWEB抽選を実施。
  • ◎参加申込み受付期間:
     3月30日(水)午前11時~4月3日(日)午後8時

※写真はイメージです。

デニムの楽しみ方

「リーバイスビンテージクロージング」
ショップ店長 田中

1955年501®復刻モデルと未加工の生デニムから約20年着用した1本。サイズはジャストサイズから2インチアップし、ゆったりとしたシルエットで楽しむのが私のスタイルです。着用前に洗濯機で洗い縮め、着用後は2~3ヵ月に1回程度洗い、履きこみました。オン・オフともに使用したこのジーンズは、私のライフスタイルそのもの。思い出の詰まった愛着のある1本です。

「リーバイスビンテージクロージング」

DENHAM

BRAND STORY

2008年にアムステルダムで誕生した「デンハム」は、国際的にも名高いデニム職人ジェイソン・デンハムによって設立されました。『細部に見出される真実』『伝統を重んじ、しきたりを壊す』をコンセプトに掲げたプレミアムデニムがブランドの中心です。

“穿き込み師”が手掛けたデニムを紹介

今回は、デンハム・ジャパン公式認定“穿き込み師”による、個性あふれる穿き込みデニムをご紹介します。穿き込み師とは、「デンハム」のデニムを愛用し、唯一無二の経年変化、素晴らしい“穿き込みデニム”という作品を作成した方を表します。またその方に敬意をこめて “穿き込み師”という称号を授与しています。

穿き込み師のデニム紹介Vol.01

着用時間は約6,000時間。フルカウント社のオリジナルジンバブエコットンを使用した生地です。着用時間が5,000時間に達するまではほぼ毎日12~14時間穿き込んだ1本。その後2回洗い、黄ばみ除去のため1度、つけ置き洗いしました。冬場は外側にもう1本デニムを重ね2枚穿き。普段激しい動きは多くありませんが、休日の洗車時やバイク乗車時にも穿いています。ジンバブエコットンの風合いと穿き心地が良く、あえて糊付けせずに販売当時の1ウォッシュ状態から穿き込みました。目立ったダメージもなく良い感じに育ってきているので、休日のみ穿き込んで着用時間10,000時間を目指しています。

穿き込み師のデニム紹介Vol.02

約10年間着用。13.75オンスの日本製ノンウォッシュデニム生地で作られた1本。お風呂上がりに睡眠用ユニフォームとして着用しています。生デニムから5年間水に通すことなく、しっかりとアタリをつけてから洗いを行いました。洗いは冷水とデニム用の洗剤を使用し、バスタブで押し洗い。そして裏返しの状態で天日干しをしています。ポケット部分や裏返した内側のスレ感、横ポケットの色落ち、カイハラ生地特有のこの色落ち感は特にポイントです。穿いたら穿いただけの結果(経年変化)が必ずついて来るからこそ、愛情を注ぎ毎日デニムを穿いています。

穿き込み師のデニム紹介Vol.03

約4年3ヵ月着用。イタリアの老舗デニムメーカー「カンディアーニ」社製の12.5オンスデニム。着用期間中4回洗い、全てを「デンハム」のハンドウォッシュサービスで洗いました。最初の1年間はほぼ毎日1日15時間ほど着用し、その後は週1~2回に頻度を減らし穿き込んでいます。バックポケットにある円形の色落ちは、リップクリームのケースを入れていました。穿き込みデニムならではのリペアしたダメージ部分には、代官山店のハンドペイントサービスを利用し、程よく飛んだペイントがお気に入りです。デニムの内側にはなりますが、右側のスレキ部分に代官山店のスタンプを押してもらっていて、そこもポイントです。

穿き込み師のデニム紹介Vol.04

約2年3ヵ月着用。日本製ブラックデニムのノンウォッシュ生地を使用。洗いはこれまで5回で、そのうち3回は海でサンドウォッシュ&シーウォッシュ。穿いていない時には日焼けをさせるために天日干しをしていました。普段の生活の中では、テレビを見ている時などに、胡座をかいて座り、太もものひげの辺りを手や爪で常に擦っていました。また、草野球の時にたまにですが、ユニフォームの下にデニムを穿いてプレイしていました。ヒゲのダメージ部分をグレーカラーで統一したリペアステッチや、白黒グレーの全体的なコントラストなど、味わい深い表情に仕上げています。

穿き込み師のデニム紹介Vol.05

約3年3ヶ月着用。ライトインディゴベースのノンウォッシュデニム。初洗いまでの1年半はとにかく毎日愛情込めて、1日15時間ほど穿きました。また手を洗った後はデニムのフロントポケットから太ももあたりで、あえてアタリが付くよう手を拭いていました。初めての洗いは、海でのシーウォッシュ、2・3回目は「デンハム」のハンドウォッシュサービスを利用しました。フロント部分のクッキリ入ったヒゲやハチノス、コインポケットに入れていたZIPPOライターのアタリなど、穿き込みにより綺麗なブルーデニムに仕上げています。

「デンハム」RAZOR MIJKOTAROSSV

日本製のノンウォッシュデニム。インディゴ100%での染色、2%のストレッチ、経糸は程よいムラ感のある弱ムラ糸を使用。穿きやすく、経年変化が楽しめる1本です。定番のスリムテーパードフィットは、太腿周りは程よくゆったりとし、膝から裾にかけて緩やかにテーパードした細すぎないシルエットです。

「デンハム」RAZOR MIJKOTAROSSV 50,600円

「デンハム」CROSSBACK MIJLV

100年の長い歴史のある「カイハラ」定番の生地を使用した、日本製ノンウォッシュデニム。緯糸はムラの違う2種類の糸を、染色は硫化とインディゴを使用することで、色落ちにビンテージ感がよりはっきりと出てくるように織られています。

「デンハム」CROSSBACK MIJLV 51,700円

DIESEL

BRAND STORY

独自のユニークなアイデアで、革新的なライフスタイルを提案するイタリアのプレミアム・カジュアル・ブランド。シーズンテーマに合わせた斬新なコレクションを中心に、デニムや小物などトータルコーディネートを取り揃え、個々のニーズに合わせた幅広いスタイルを展開する。

「ディーゼル」
デニムライブラリー

  • ◎3月30日(水)~4月15日(金)

今季よりスタートしたパーマネントデニムコレクション「DIESEL LIBRARY(ディーゼル ライブラリー)」。サステナビリティ・フォワードの理念を反映し、長く愛用できることを目指した、ジェンダーレスなプロダクトが揃うコレクションです。

JOGGJEANS素材のトラックジャケットが初登場。クライミングディテールやメッシュ素材に加え、ワークウェアの要素をMIXしたデザインが、モダンなアクティブスタイルを演出します。

「ディーゼル」
デニムジャケット(D-RODNEY JOGGJEANS 069ZJ) 74,800円
デニムパンツ(D-KROOLEY-CARGO JOGGJEANS 069ZJ) 52,800円
デニムスウェット(インディゴ) 42,900円
デニムスウェット(ブラック) 47,300円
「ディーゼル」デニムパンツ

パンクロックにインスパイアされたオーセンティックな1979 SLEENKER。幅を小さくしたバックポケットは、従来のスキニーに比べて更にきれいなシェイプに。スーパーストレッチ素材で、はき心地抜群。どんなスタイリングにもマッチします。

「ディーゼル」デニムパンツ 31,900円

「ディーゼル」デニムパンツ

ゆったりとしたシルエットのトラックデニム。サイドに施された切り替えデザインが幅広のストレートシルエットをすっきりした印象に。フロントのベイカーポケットは容量も大きく機能的。着脱もしやすく、使い勝手の良いデニムパンツです。

「ディーゼル」デニムパンツ 46,200円

「ディーゼル」デニムパンツ

ストリートやヒップホップからインスパイアされたルーズフィットモデルの2010。クラシックな5ポケットスタイルは、タフなユースカルチャースタイルに最適。爽やかでいて武骨なムードのアイスウォッシュデニムは、着こなしの幅を広げます。

「ディーゼル」デニムパンツ 38,500円

お買い上げプレゼント

  • ◎3月30日(水)~4月15日(金)

期間中、デニムコレクションお買上げでご参加いただけるロッテリーマシンが登場。ロッテリーにはオリジナルギフトなどスペシャルプライズをご用意しています。

REPLAY

BRAND STORY

「リプレイ」は1981年に設立以来、ビンテージを現代のスタイルと融合したコレクションを発表しています。中でも“AGEDコレクション”は長年履きこんだビンテージのような色落ちダメージを職人技術によって再現したもの。履きこんだ年数に応じた経年変化をイメージしています。

デニム

太陽や水・大地など自然の恵みをいかして栽培・生産されたコットンを使った、12オンスの質感のあるパワーストレッチデニムを使用したデニムをご紹介。ともにブラックカラーで、ひとつはデニムを10年着用したような質感へとウォッシュ。もう一方は20年着用したようにウォッシュし、コントラストを付けて使用感を出しています。

「リプレイ」
AGED10YEARS 37,400円
AGED20YEARS 41,800円
スリムフィットデニム

サステナブルコットンを使ったパワーストレッチデニムを使用。90年代のソルト&ペッパールックをイメージした粒感のある生地を使用。人気のANBASSモデルのスリムフィットです。

「リプレイ」AGED 20YEARS 41,800円

スリムフィットデニム

ホワイトの緯糸を使用したインディゴコンフォートデニム生地を、ミディアムライトトーンにウォッシュ。厚手の13オンス生地でシルエットはテーパードタイプのスリムフィットに仕上がっています。

「リプレイ」AGED 30YEARS 44,000円

KNIFEWING

BRAND STORY

服を生産する際どうしても生地が残り、残布が廃棄されることが多い中、「ナイフウィング」では残布をパッチワークする、小さな雑貨にするなど、廃棄物を少しでも減らす環境配慮をコンセプトとしています。リメイク&アップサイクルし、新たな価値を持たせ、長年愛されるようにという、サステナブルな取り組みを行っています。

パネルキャップ、パネルハット

ユーズドの「リーバイス」501をリメイクした際の残布を使用。デニムの濃淡がハッキリとしたパッチワークの生地から制作。すべて手作業で1点ずつ異なるデザインと表情が楽しめます。

パッチワーク6パネルキャップ
(ブルー、M(58cm)・L(60cm)) 9,900円
パッチワーク6パネルハット
(ブルー、S(56cm)・M(58cm)) 12,100円
デニムウエスタンシャツ

アメリカの3大ジーンズブランドのひとつ「ラングラー」。ひときわ無骨で、トレンドに左右されない正統派デニムで、本物志向のファンから人気があります。色が濃くても薄くても、きれいでも使いこまれていても格好良いデニムウエスタンシャツです。

「ナイフウィング」
ラングラーウエスタンシャツ(ユーズド) 9,680円
ワイドタックテーパードデニム

1980~90年代の「リーバイス」501のUSA製のみをピックアップ。大きめサイズのウエストは前後にタックを入れて、ウエストサイズを小さくし太めのシルエットに。職人の手により、一点ずつペイントしています。

「ナイフウィング」
ワイドタックテーパードデニム 19,250円