HANKYU.MODE

NEWS-HANKYU NEWS

MIO HARUTAKA / BIJOU DE M “2021 SAME AS USUAL”

「ミオ ハルタカ」 「ビジュードエム」 “2021 SAME AS USUAL”

2021.9.11

HANKYU NEWS

MIO HARUTAKA / BIJOU DE M “2021 SAME AS USUAL”
9/15(水)~21(火)
3F コトコトステージ31

次の世代にも受け継がれるハイエンドジュエリー「MIO HARUTAKA」は、デザイナー自身が厳選した上質素材と熟練の技術により実現する高品質の美しいジュエリー。一方、「Bijou de M」はデイリー&カジュアルに愛用できるデザインが魅力。2021年6月に発表された新作“Simple but also sweet”は、身につけることで自信がみなぎり輝きを与えてくれるようなオーセンティックなアイテムを展開。日本の熟練した職人が一つ一つ手作業で制作した2021年最新作が登場するポップアップは、見逃せない。
※写真はイメージ
「MIO HARUTAKA」のアイコンであるマーガレットシリーズの新色“センターピンク”が登場。花びら一枚一枚が揺れ動く優雅で繊細なマーガレットはデザイナーのこだわりが詰まった逸品。華やかで可愛らしいピンクサファイアの“ちょうちょ”。左右異なるモチーフを纏って優しいピンクのコーディネートを。
左から)
ピアス(マーガレット) 759,000円(片耳・18金ホワイトゴールド、ローズゴールド、ダイヤモンド、ピンクサファイア)【阪急うめだ本店先行販売】※リングも展開。
ピアス(ちょうちょ) 198,000円(片耳・18金ホワイトゴールド、ローズゴールド、ダイヤモンド、ピンクサファイア)
自然界のモチーフ使いが特徴の「MIO HARUTAKA」。サファイアやガーネットの美しい“てんとう虫”と“葉っぱ”のピアスは、上品でラグジュアリーな可愛さが魅力。ラッキーモチーフの“てんとう虫”と色鮮やかな“葉っぱ”モチーフを重ねづけして、華やかなオーラを身に纏いたい。
左から)
ピアス(てんとう虫) 203,500円(片耳・18金ローズゴールド、ホワイトゴールド、オレンジサファイア、ブラックダイヤモンド、ダイヤモンド)
ピアス(葉っぱ) 121,000円(片耳・18金ローズゴールド、グリーンガーネット)
“こんなデザインなかった!”と、2019年の販売以来人気の「Bijou de M」ひらがなシリーズのピアス、リング、ネックレスをラインアップ。日本特有のひらがな。名前の一文字や、好きなフォルムのひらがなを好きなアイテムで。
リング "お" 各283,800円 (18金イエローゴールド、ダイヤモンド)
ピアス "さ" 149,600円、"か" 161,700円(いずれも片耳・18金イエローゴールド、ダイヤモンド)
“新しい始まり”を意味するさくらんぼや“平和”“成功”“思いがけない贈り物”などの花言葉を持つヤシの木モチーフのネックレスと、思わず片耳ずつ付けたくなる、音符とト音記号のモチーフのピアス。遊び心満載のポップなジュエリーで、明るくハッピーな気分に。
上左から)
ネックレス(さくらんぼ) 167,200円 (18金イエローゴールド、ルビー、ダイヤモンド)
ネックレス(ヤシの木) 138,600円 (18金イエローゴールド、グリーンガーネット、ダイヤモンド)
下左から)
ピアス(ト音記号) 各161,700円(片耳・18金イエローゴールド、ダイヤモンド)
ピアス(音符) 各86,900円(片耳・18金イエローゴールド、ダイヤモンド)

facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック