TOP > 食料品 > 【読むマルシェ】丹波市「西山酒造場」 酒蔵が造る糀甘酒ヨーグルト

【読むマルシェ】丹波市「西山酒造場」
酒蔵が造る糀甘酒ヨーグルト

更新日: 2021/7/14

  •  
  •   mixiチェック
◎Nishinomiya Food Marche
◎1階 食料品売場 阪急デイリーマート特設
みなさん、こんにちは
兵庫の食を通してより地元を身近に感じていただきたくて、生産者や食材に出会える
Nishinomiya Food Marcheを月1回開催しています。
マルシェ開催までの時間も楽しんでいただきたく、【読むマルシェ】で一部をご紹介。
今回は、
丹波市で170年以上も続く「西山酒造場」
酒蔵が造る麹甘酒を使ったヨーグルトです。

西山酒造場は1849年(嘉永2年)清酒蔵として創業。
企業理念は「丹波のリラクゼーションと創造の提供」
酒造りから得た米の発酵技術を応用し、『お子様からお年寄りまで幸せを感じていただけるものづくり』をモットーに製造をされています。

西山酒造場「小鼓」の麹甘酒は米と米麹(ふくよかな甘さが特徴の兵庫北錦の酒米使用)と自然豊かな丹波の仕込み水を使い丹波杜氏の製麹技術で厳重な温度管理のもと、3日かけて丁寧に造られた麹を使用しています。
麹の割合を多く使用することでトロッと濃厚な味わいになります。

◎甘酒のおはなし◎
甘酒は”飲む点滴”と呼ばれ江戸時代に夏バテ防止として、夏によく飲まれたことから夏の季語としても使われています。

■小鼓 甘糀ヨーグルト(125g)税込324円
京丹後市「平林乳業」と共同開発された甘糀ヨーグルト(2021年5月発売)
米麹と水から丁寧につくった糀甘酒とこだわりのヨーグルトのコラボレーション。
健やかな生活のために自分への愛をカタチにしました。

甘さの由来は麹だけ。

3種類の乳酸菌(サーモフィラス菌・ブルガリア菌・ビフィズス菌)と麹甘酒と牛乳を入れ、一緒に発酵させる後発酵製法。
食べ方が一味違う、ストローで食べる??ヨーグルト
食べるタイプの濃厚ヨーグルトを振って崩してから飲む、とろとろの新食感。

■甘酒ヨーグルト(150ml)税込292円
こちらは丹波市「丹波乳業」のヨーグルトとの組み合わせ。
自然の優しい甘みと優しい酸味のヨーグルトドリンクです。

■栗果(1箱)税込1,620円
大きな丹波栗がゴロゴロと入ったしっとりしたパウンドケーキ。
香り付けの小鼓の栗焼酎がふわっと香る大人スイーツ。

■黒香白果(1箱)税込1,620円
小鼓の黒豆焼酎が香るふんわりパウンドケーキ、
丹波黒豆の自然な甘さと黒豆焼酎の香ばしい香りがアクセント。
※栗果・黒香白果のパウンドケーキは酒使用のため小さなお子様やアルコールに敏感な方、運転時などはご注意ください。

■甘麹(180g)税込756円
※写真左
原材料は米と米麹だけ。
麹の甘さを最大限に引き出した調味料。
砂糖の代用として、料理や甘味としてお使いいただけます。
味噌と和えて野菜のディップ、
醤油とあわせみたらしに
ジャムとしてバターと一緒にパンのお供に。

■塩麹(180g)税込756円
※写真右
原材料は米、米麹、塩だけ。
うまみとコクがアップする塩麹。
肉や魚の下味付け、ごま油などと混ぜてドレッシングなどにも使えます。
また炊き込みご飯の味付けや麺類の味付けのアクセントとしても美味。

マルシェ当日は「西山酒造場」の造り手の方がご来店!
モノづくりのこだわりや食べ方など聞いてを新しい発見をしてくださいね。

Nishinomiya Food Marche
7月17(土)・18(日) 各日午前10時~午後5時
※なくなり次第終了

食料品売場 阪急デイリーマートでは、
地元兵庫の生産者とのふれあい、
新たな出会いと美味しさを発見する場として
月に1度、Nishinomiya Food Marcheを開催しています。

西山酒造場HP:https://kotsuzumi.co.jp/
(2021年6月取材)

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。