にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 西宮阪急店長 子育てブログ 『12月のヒト・コト・モノ 年末編』

西宮阪急店長 子育てブログ
『12月のヒト・コト・モノ 年末編』

更新日: 2013.12.27

  •  
  •   mixiチェック
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
『記録的な』が多い今年の天候。夏の酷暑に、冬の大寒波。
自然のチカラをまざまざと見せつけられた一年でもありました。
12月2号目のヒト・コト・モノ。
今号もナビゲーターは、由本(よしもと)が担当いたします。


■落ち葉の絨毯

欅やいちょうの並木が続く街並み。
低気圧通過の翌朝、落ち葉の絨毯がお目見え。

黄色いツイーディな絨毯、『この時期ならではの』が多い阪神間、やはり素敵な街なのですね。


■焼きいも

月に一度の週末の休み。いつもは平日なので、とても新鮮な時間です。
「焼きいもしようか?」
「しよう、しよう。焼きいも、焼きいも、お腹がぐー・・・」と歌まで登場。

おかきが入っていた缶の底に、缶切で空気穴を開けて、簡易コンロの完成。
おいもの巻き方は、こどもたちが幼稚園のときに習得済。

細めの『なると金時』を、濡れた新聞紙で巻き、アルミホイルを二重に。
木炭の火で、20分ほど。ほくほく焼きいもの完成です。


焼きいも、焼きいも、おなかがグー。
ほかほか ほかほか あちちのチー。
たべたらなくなる なんにもパー。
それ 焼きいも まとめて グー チー パー
最初は、グー。ジャンケンポン。

勝者の三女が、大きなおいもをゲットしました。


■クリスマスの食卓

プチ贅沢な我が家のクリスマス。
初のホールチキン、ポンテベッキオのピザ、パパ作の南瓜とさつまいも・生ハムのサラダ、ジェノベーゼソースを塗りトーストしたバタールと。
いつもの食卓にはない、濃い味が集結しました。


目玉は、三人むすめ作のケーキ。
タカナシの生クリームを2つ使い、カスタードクリームを挟みこんだ本格版。
ママやパパが手伝ったけど、殆どはむすめたちが作成仕上げ。
6月誕生日にパパからハンドミキサーを貰った長女が、スポンジやホイップの泡立てを仕切り、次女三女が、粉や砂糖の軽量裏ごし、デコレーションを担当する。
多少の揉め事はありましたが、みんな協力して完成しました。
やわらかなとろーりホイップは、手作りならではの贅沢かな。

「あわてんぼうのサンタクロース、・・・」
キャンドルをつけて、電気を消して、みんなで「フ~~」
暗さにまぎれて、感動で涙がポロリのパパでした。

その日の深夜4時、「あ~、プレゼント」と起きた次女。三女、長女も次々と起きて、ガサガサと包装紙を開けている模様。
「あ~」「やったー」「あれ?」と違う反応が、やがて疲れて寝静まりました。

すやすやと眠る一人ひとりの額に手を置き、娘たちの成長を実感。
「みんな、随分と大きくなったね。パパは嬉しいよ」

登校前の朝食時、「来年のクリスマスにはね、・・・」
こどもたちの中では、来年のクリスマスが早くもスタートです。


■年末

3連休とイブが終わりました。
クリスマスの赤いベルベットから、迎春の飾り付けへ衣装替えした西宮阪急。
年末特有のざわざわ感も感じるようになりました。

人が集まることの多い12月1月の『にしのみやぐらし』。
三世代の集まりに、遠方からの親戚友人との再会に、少しでもお手伝いできればいいなと感じます。

こんなに大きくなって、立派な成人になって、もう結婚したのだね、などなど。
皆さまの再会の温かい言葉を思い浮かべ、幸せな気分になっています。

年末年始のみなさまに、たくさんの笑顔が広がりますように。



■ありがとうございました

2013年が終わろうとしています。
本年も皆さまからたくさんの叱咤激励をいただきました。
「ありがとうございました」、心よりの御礼を申し上げます。

『子育てコミュニティ』を開設した百貨店の子供服売場。
5年前の開店時には、どうなることかと悩んでいたその売場は、お客様や地域の子育てスペシャリストの方々に育んでいただき、今の売場となりました。

お客様の多くの「ありがとう」にも勇気をいただきました。
転勤による転入者の方から、コトコトステージを通じて、ママ友ができたことへの御礼を多くいただきました。
「無事、幼稚園に通うようになりました」とも。
「ありがとう」のお言葉に、自分たちが取り組むべき社会性も知りました。

1年半ほど前から、由本もお邪魔するようになった第三水曜の親子サロン。
多くのママさんこどもさんと触れ合うことができました。
1ヵ月ぶりに再会したこどもさんを抱っこさせていただけることは幸せでした。
先日も参加者の方からレターをいただきました。ありがたい内容で、大切に保管し苦しいときに見るようにいたします。

人は、「ありがとう」と言い、「ありがとう」と言われ、成長していくのだと感じます。
幼少期でも、私のような50代でも、「ありがとう」は心に沁みて、恥ずかしくもあり震えるような感情を呼び起こします。
チカラの素でもあり、キセキの素でもあるのでしょうね。

来年も西宮阪急全館では、【地域愛・家族愛】をテーマに、4階 子育てワールドは、【こどもたちの笑顔のために】をテーマに、進むつもりです。
こどもさん自身の知徳体の健全な成長サポート、家族の素敵な子育てライフスタイル、この2つを両立し、素晴らしい子育てをヒト・コト・モノで特集させていただきます。
来年もよろしくお願い申し上げます。

5年間、大変お世話になりました。
また、本年もお世話になり、ありがとうございました。

お子様と取り巻く皆さまの笑顔が、一つでも多く実現されますように。
良いお年をお迎えくださいませ。

<プロフィール>
由本 雅則 (よしもと まさのり)
株式会社阪急阪神百貨店 西宮阪急 店長
地元阪神間に生まれ、育ち、暮らす。小4、小2、小1の三人むすめをこよなく愛すパパ。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。