にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 伊藤由香-小さな食憶- 鬼は外!福は内! 「豆まき」の豆と芽野菜で、春を感じる食卓へ。

伊藤由香-小さな食憶-
鬼は外!福は内!
「豆まき」の豆と芽野菜で、春を感じる食卓へ。

更新日: 2014.2.3

  •  
  •   mixiチェック
「鬼は外!福は内!」
数日後、掃除をしていて、こんなところにも豆があった!とびっくりするところに豆が落ちていたり、
スリッパで思わぬところに落ちていた豆を踏みつぶしてしまったりもしますが、
きゃっきゃと喜びながら豆をまく娘に、「掃除が大変だからほどほどに・・・」と大声では言えず心の中でつぶやいています。

節分は季節を分ける節目、季節は冬から春へ。
こんにちは、野菜ソムリエの伊藤由香です。

突然ですが、「これ、なーんだ!」

答えは、「ロマネスコ」、カリフラワーの仲間です。
初めてロマネスコと出合った時は、海の中の生き物ではないかと、虫めがねを使い観察したくなったほど面白くも美しい形をしています。形ほど扱いは難しくなく、茹でたり、蒸したりとカリフラワー同様にいただけます。ホクホクホロホロほのかに甘い食味です。

奥の緑は「プチヴェール」です。ケ―ルと芽キャベツを掛け合わせて誕生した野菜で、「小さな緑」との名のごとく、じっと見ると緑の花が咲いているようです。芽キャベツ同様、春先までしか並ばない野菜です。
冬から春先まで、花の蕾や花、芽を食べる野菜たちが増えていきます。
夕食メニュー考えながらのお買物でも、少し足を止めて毎日手に取る野菜から少し目線をずらすだけで、小さな春をみつけることができますよ。

「春」とは言っても、外はまだまだ寒い時期。温かい食べ物が嬉しいもの。
巻き寿司の翌日は、豆まきの残った豆をフライパンで炒った後、少量の淡口しょうゆを加え、洗ったお米と炊き込みます。そして、野菜は気負わず冬の根菜と共に蒸していただきますが、ほんわり湯気の中から出てくる緑の芽や蕾から、ほんのり春のいのちを感じます。

三寒四温、体調管理が大切な季節です。
先日ご紹介させていただきましたジンジャースープや、身体温まるものも召し上がってお元気にお過ごしくださいませ。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。