にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 桜の下で春を感じて。 お花見弁当、どれにする?

桜の下で春を感じて。
お花見弁当、どれにする?

更新日: 2014.4.2

  •  
  •   mixiチェック
◎1階 食料品売場
私が住む街には、桜の木がたくさんあります。
出かける時は、わざわざ遠回りして桜並木を通ったり。限られた開花期間、少しでも長く桜を楽しみたいと思うんです。

桜が散ってしまう前に、お花見に行っておかないと。そんな私のつぶやきが聞こえていたようで。
こども達は、リュックにレジャーシート、お菓子を詰めて、準備万端。
「ママ、早く行くよー!」「お弁当はどこかで買って行けばいいよ。」と玄関でバタバタしています。
そうね。たまには奮発しちゃおうか。お花見弁当を買いに、西宮阪急へ行きました。

私が気になっているのは「なだ万厨房」のお弁当。こどもが生まれる前、母とよく「なだ万」に食事に行っていたから。
料亭の味を、お弁当として気軽にいただけるのは、とってもありがたいです。
子連れでは、なかなか食事に行きにくい・・・という方に、ぜひおすすめしたいです。

季節御膳「春らんまん」は、春ならではの筍ご飯と厚焼き玉子の太巻きに色とりどりのお料理、
桜餅まで入っています。
品数も豊富で華やかさがあるお弁当です。
どれから食べようか、こどもみたいに迷ってしまうほど、目も心も奪われてしまいました。

「なだ万厨房」
季節御膳「春らんまん」2,463円[4月29日(火)までの期間限定販売]
◎1階 惣菜売場

お花見御膳「はるうらら」は、酢飯ご飯の上に錦糸玉子とかにのほぐし身をちらし、しいたけと
酢れんこん、さやいんげんで飾ったちらし寿司です。
わらび餅と大福餅のデザートも付いています。
このわらび餅、単品で販売してほしいとの要望が数多く寄せられているそうです。
それほどの人気だと聞くと、買わずにはいられなくなっちゃいますよね。

「なだ万厨房」
お花見御膳「はるうらら」1,944円[4月20日(日)までの期間限定販売]
◎1階 惣菜売場

古都、浪速の味を現代にアレンジした「六齋」のお弁当もおすすめです。

「春の嵐山弁当」は、炊き込みご飯、ちらし寿司、白ご飯と3種類のご飯が楽しめます。
筍と鶏の青じそ風味焼きに、大根と人参を春色に染めたなますなど、九つのますに色とりどりの春の食材を詰合せました。
「六齋」で一番人気のお弁当だそうです。

「六齋」
春の嵐山弁当918円
◎1階 惣菜売場

見た目にも春らしい彩りに心惹かれる、「花景色弁当」。旬の筍ご飯が入っています。
とろりとした口どけのとろろ揚げ出し生姜あんかけをはじめ、銀鮭の幽庵焼きやいかなごのくぎ煮などのお料理が楽しめる季節限定のお弁当です。
春の多彩な美味しさが揃って、とても華やかですね。

4月15日(火)までの期間限定だそうです。
‘期間限定’という言葉にめっぽう弱い私。お財布の紐が緩んでしまいそう・・・

「六齋」
花景色弁当1,620円[4月15日(火)までの期間限定販売]
◎1階 惣菜売場

伝承料理研究家、奥村彪生先生監修の季節料理弁当は、薄味仕立てで季節の素材の美味しさを大切にしたお弁当です。ご年配の方から好評だそうです。
脂ののった白身魚、メロの幽庵焼きをセットしたお弁当。蛸のやわらか煮と、旬の筍ご飯、筍と鶏肉と合わせたつくね団子を取り入れたお弁当など。

ジィジやバァバとお花見に行く時に、買って行ってあげようかな。きっと喜ばれると思います。

「六齋」
奥村彪生の季節料理弁当[写真左]1,620円・[写真右]1,080円など
◎1階 惣菜売場

割り箸や紙皿もいくつか用意しておくと、みんなでお弁当をシェアして楽しめますよ。
今の季節は、急に冷え込むこともあるので、ブランケットやストールがあると便利かも。
私は花粉症対策も忘れないようにしなきゃ。
桜の下で食べるお弁当は、また格別。愛する家族や友達と、お花見を楽しみたいと思います。


<プロフィール>
千枝 (ちえ)
短大卒業後、製薬会社に入社。企画・宣伝、役員秘書などを担当し、その後 結婚・出産。現在は中学生と小学生の娘を育てる傍ら、地域情報誌の編集・ライターとしても活動。“仕事も子育ても遊びも全力で取り組む”をモットーに、キラキラママを目指して日々奮闘する2児のママ。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。