にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 南田理恵の子育てサロン☆こどもを紫外線から守りましょう

南田理恵の子育てサロン☆こどもを紫外線から守りましょう

更新日: 2014.5.13

  •  
  •   mixiチェック
こんにちは。毎週水曜日にベビーマッサージクラスと「おやこサロン」でお話しております助産師の南田です。
サロンにお越しになる赤ちゃんたちも、半袖の子が多くなりました。
5月の清々しい晴れの日には、お外に出たくなりますよね。
でも、ちょっと待って!
紫外線対策は大丈夫ですか?

春から紫外線量はどんどん増えて、5月は8月とほぼ同じ量です。
いちばんのピークは7月。
世界保健機関(WHO)は「Global Solar UV Index-A Practical Guide」として紫外線に関する
ガイドブックを出しています。
(図1-5 引用 http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/full.pdf)

WHOでは、こどもへの紫外線被爆についての注意喚起を促しています。
赤ちゃんの頃から繰り返し浴び続ける太陽紫外線によって遺伝子にキズをつけ続けることが
ある。

いつしか遺伝子に間違いが生じて正常な細胞でなくなり、皮膚がんやシミができる可能性がある。

特にこどもの頃は細胞分裂が大人に比べ盛んなため、傷ついた遺伝子が間違って修復される確立が高くなる。

こどもの紫外線予防が大切な理由
1.こども時代は細胞分裂も激しく、成長が盛んな時期であり、大人よりも環境に対して敏感で
ある。

2.こども時代(18歳未満)の日焼けは後年の皮膚がんや眼のダメージ(とくに白内障)発症の
リスクを高める。

3.生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びるとされている。

4.紫外線被ばくは、免疫系の機能低下を引き起こす可能性がある。

5.こどもたちは室外で過ごす時間が多いため、太陽光を浴びる機会が多い。

「ROMPING UNIVERSE」帽子3,132円など ◎4階 こども服飾雑貨売場

紫外線とは
紫外線は生き物によい影響と悪い影響を与えます。
ビタミンDを皮膚で合成する手助けをしますが、
浴びすぎると、日焼け、しわ、シミの原因になったり、長年浴びていると悪性腫瘍や白内障をひき起こすことがあります。
紫外線にはUV-A.B.Cの3種類があり、Cはオゾン層で壊れ、地表に届きません。
5月くらいから増えてくるUV-Bが問題です。
散乱率が高いので、太陽から直接届く紫外線量と空気中を通って届く量がほぼ同じ。
ベビーカーに乗っている赤ちゃんも、地面などから反射して太陽と同じだけ浴びてしまいます。

「エルバビーバ」チルドレン サンスクリーン(SPF30 PA+、75g)3,024円 ◎4階 ベビーセレクト

紫外線予防対策
1)帽子をかぶったり長袖の服を着る

帽子をかぶることで目への紫外線を防ぐことができ効果的です。帽子のつばは7センチ以上が
理想的です。また首を守るために、後ろに「たれ」の布があるものがおすすめです。

2)外出の時間と長さに気をつける


午前10時〜午後2時が一番紫外線の量が多いので、お散歩はこの時間を避けるようにします。

3)紫外線予防クリームをつける


SPF:Sun Protection Facterといって、日焼け止め化粧品を塗った場合、塗らない場合に比べて何倍の紫外線量をあてると翌日かすかに赤くなるかを示しています。

 SPF20↓ 日常生活

 SPF20-30 通常の外出

 SPF30↑ スポーツ、水泳など

SPF30くらいまでは効果は数値とともに上がりますが、それ以上はあまりかわりません。30以上は肌へのダメージが強いこともあります。

また、PAとは+が多くなるほど UV-A を防ぐ効果が高くなります。

こどもに使う場合は、材料の他、動き回るこどもへの塗りやすさも大切です。「エルバビーバ」の
チルドレンサンスクリーン SPF(75g)は、ナチュラルな原材料が中心で、伸びがよいので塗り
やすいとママ達に人気ですね。

紫外線予防をしっかりして、初夏のお出かけを楽しみましょう♫
西宮阪急で毎週水曜日に開催している「おやこサロン」では、5月14日(水)午後1時30分~2時
30分に「紫外線予防について」、6月25日(水)午後1時30分~2時30分「夏のお出かけのコツ」のお話会をします。ご予約は西宮阪急ホームページから。お待ちしております♫

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授
産後ケアサポート「ママズケア」代表
“マ マと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた 活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。