にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 南田理恵の子育てサロン☆初夏の母乳育児相談

南田理恵の子育てサロン☆初夏の母乳育児相談

更新日: 2014.5.27

  •  
  •   mixiチェック
こんにちは。産後ケアサポートMamas'Careの助産師南田理恵です。
毎月250人以上のベビちゃんとママに出会っている赤ちゃんのプロです。
「助産師」というと「お産のお手伝い」というイメージですが、
実は、女性のライフサイクルすべての時期に関われる専門職です。
私は、看護学生の臨床実習時に小児科のこども達と出会ったことで、
助産師を目指すことにしました。
実は・・・もともとはこどもがあまり好きではなかったんです
実習でこどもと接する時間が長くなってくると、
「赤ちゃんセンサー」のようなものが発達して、
どんどんこどもが好きになっていきました

助産師や看護師、保育士などのプロ集団Mamas'Careでは、
「ベビーマッサージクラス講師養成講座」・・・子育て支援をしたいママや専門職の方がベビー
マッサージクラスの講師になるために勉強します。認定講師達は、心疾患やダウン症などの
こどもさん向けのクラスもしています。
「痛くない乳房ケア研修」・・・全国の病産院勤務の助産師たちが、半年から1年間、宝塚市の
Mamas'Careまで研修にきています。
私はその中で、講師の育成や実際に教室開催・乳房ケアをさせていただいております。
赤ちゃんが大好きなので、ママ達に赤ちゃんが思っていることを通訳したり、育児の方法についてアドバイスしています。

雨の日が続くと、肌寒い日もあります。
そんな時には、乳腺炎やしこりができたというお電話が多いです。

乳腺炎や硬結(しこり)の原因は、乳腺のつまり。脂分の多い母乳が乳腺で冷えて固まり、
母乳の出口を詰まらせてしまいます。

【乳腺炎の症状】
 ・部分的に赤くなる
 ・痛みがある
 ・身体がだるく風邪のような症状
 ・37.5度以上の発熱が2日以上続く

こんなときには・・対処法として、

いつかは治るものですが、
助産師の乳房ケアをうけられますと、早く楽になります。

日々の食事を整えることも大切です。手作りのお漬物はいかがでしょう。
「発酵食品」を毎日とりいれて、身体の調子を整えましょう。
これからの季節、ぬか漬けがおすすめですよ。

つまりを取るための自分でできるお手入れのやり方です。
とっても簡単で、授乳前に1分間だけやりましょう。
赤ちゃんの上顎と下顎のあたる部分を「ちゅつ、ちゅつ」といいながら、赤ちゃんが吸うようにほぐして。
きれいにお掃除すると飲みやすくなりますよ。

毎週水曜日午前10時30分~正午 ベビーマッサージクラスと母乳育児相談を西宮阪急4階子育てコミュニティルームで行っております。
気になることなどございましたら、お気軽にお立寄りくださいませ。

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授
産後ケアサポート「ママズケア」代表
“マ マと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた 活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。