にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > イベント・コトコトレポート ぐにゃぐにゃスライムを作ろう!親子おたのしみ科学体験会

イベント・コトコトレポート
ぐにゃぐにゃスライムを作ろう!親子おたのしみ科学体験会

更新日: 2014.6.18

  •  
  •   mixiチェック
◎6月17日(火)
◎4階 子育てコミュニティルーム
こどもたちの可能性を育む理科実験教室「キッズラボ」。理科実験を通じて自分の手や目で体験することによって得られる「知る喜び」「考える楽しさ」を伝えています。今回は、ママとこどもたちでスライムを作りました。

開始時間が近づくと、次々にママとこどもたちがお部屋に集まってきました。席についたこども
たちは、なにが始まるのか興味津々です。

今日は、ぐにゃぐにゃスライムを作ってみましょう。まず、最初にみんなに約束してほしいこと。スライムは絶対に口には入れないでください。食べないでくださいね。では、体験スタート!


まず、せんたくのりをカップ1/4くらいまで注いでください。その中に、のりの半分くらいの量の水を加えて、わりばしで混ぜ合わせます。しっかりと混ぜてくださいね。できましたか?よく混ざり合ったら、次に水で溶かしたホウシャをスポイトですくって入れてみましょう。これは、ママにお願いします。スポイトの先は、のりの液には付けないでください。そして、さらによく混ぜてください。

おやおや、なんだかすこしずつとろっとしてきましたよ。固まりづらいようなら、ママにもうすこし
ホウシャを足してもらいましょう。もっともっと混ぜ続けていると、どろどろのかたまりができました。みなさんいかがですか。かたまりを別のカップに移して余分な水分を除き、かたまりからわりばしを引き抜くと、スライムの出来上がりです。

ちょっとひんやりとしたその固まりを手にしたこどもたち。最初はそっとなでるように、手のひらに
はさんで、はじめての感触を言葉少なに楽しんでいる様子。


しばらくすると先生は「それではもうひとつ作ってみましょう。」と、ママとこどもたちに声をかけました。するとこどもたちの目の中に、キラリと光るものが・・・。

今度は、カップの中にさきほどよりすこし少な目にのりを入れてください。その中に、みんなのお家にもある‘お塩’をすこし多めに入れて、わりばしでよく混ぜ合わせてください。ぐるぐる、ぐるぐる。おやっ。またまた、わりばしに固まりができてきましたよ。できた固まりからわりばしを抜いて表面の水分をペーパータオルでおさえたら‘塩ボール’が完成です。

「最初のとは、ちがうなぁ。」。スポンジのような、さらりとした塩ボールの手触りを確認している男の子。ママはその姿を、ほほえましそうにながめています。テーブルの上にころがしてみたり、指でつまんでみたりしているこどもたちも・・・。

そして、全員が作品を手にしたところで、体験会は終了。短い時間でしたが、ママとこどもたちが一緒になって楽しんだひとときでした。「楽しかった。」「ありがとうございました。」の言葉とともにたくさんの笑顔の記憶がお部屋に残りました。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。