にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 南田理恵の子育てサロン☆「こどもの野菜や果物のおやつ」

南田理恵の子育てサロン☆「こどもの野菜や果物のおやつ」

更新日: 2014.6.24

  •  
  •   mixiチェック
こんにちは。ママズケア代表 助産師の南田理恵です。
毎週水曜日の午前中に「ベビー&キッズマッサージクラス」、午後からは「おやこサロン」として、
ママ達の交流と学びの場にしたいと考えて、様々な子育ての関心事に関するお話会をさせていただいております。

赤ちゃんやこどもに離乳食や食事の他に、おやつは何をあげていらっしゃいますか?
離乳食が3回食になったら、
食事と食事の間に2回「補食(ほしょく)」をいれます。

おやつではなくて、
食事を補うものと考え5回食にするつもりくらいでちょうどよいです。

×「おやつ」=おかし
○「おやつ」=食事を補うもの


とくに炭水化物や芋類がおすすめです。身体をつくる栄養素のあるものを与えます。
「手づかみ食べ」できる野菜もいいですね。

甘いお菓子類(ボーロやクッキーなど)のおやつは、出来るだけ遅く。
先日は7ヵ月でチョコレートのウエハースなどをあげている方がいらしたのですが、お菓子の強い刺激的な味に慣れてしまい、昆布などのだし汁のお味を美味しいと思える子になれるのか、ご飯を食べなくならないか、少し心配になりました。

赤ちゃんやこどもにおすすめのおやつは何でしょうか。
生後7ヵ月くらいになっておすわりができるようになったらこんなおやつはいかがでしょう。

ひとくち大のおにぎり
蒸しパン(甘くないポットケーキミックスに野菜をすりおろしていれたり)
バゲットのスライスやベーグルパン
食パンをトーストしてスティック状に切ったもの
干しいも
ドライフルーツ
ゆでたオクラ
スティック状の野菜
うるめいわし(小さなお魚を干したもの)
あたりめ(干したイカを長細く切ったもの)

上にあげたのはひとつの例ですので、ご家庭で工夫してなるべく自然なおやつを工夫します。
コツとしては、あまり細く小さくせずに、手でしっかり握っても、手からはみ出すくらいの大きさ。
1〜2センチの太さは欲しいですね。

ドライフルーツは干した果物のこと。薄くスライスした果物を天日で干すか、ドライフルーツメーカーで作ります。
西宮阪急1階食料品売場でもドライフルーツが手に入ります。

「丸呑みしてしまう」
「全部口に詰め込んでしまう」
という子もいますが、だんだん上手に食べられるようになりますよ。
「手で食べない」という子もいますね。
スプーンの練習の前に手づかみ食べを練習します。
ぐちゃぐちゃになっても良しとして、食べる楽しさに気づかせてあげられるとよいですね。

西宮阪急では「コトコトステージ」として、専門家も含めて様々なこどもの食のミニセミナーを行っています。
私は毎週水曜日の午前中に「ベビー(キッズ)マッサージクラス」、午後からは「おやこサロン」として、子育てに関する様々なテーマでお話会をしています。こどもの食やおやつについても、マッサージクラスやおやこサロンでお話しています。
ぜひおこしくださいね。

南田理恵の子育てサロン 関連記事はこちら

<プロフィール>
南田 理恵 (みなみだ りえ)
助産師・看護師
平成24年度 母子保健奨励賞 受賞
神戸市看護大学臨床教授
産後ケアサポート「ママズケア」代表
“マ マと赤ちゃんのためのお手伝い”をキーワードに、産後ケアサポート「ママズケア」を設立。女性のライフサイクルを考え、従来の助産師の仕事から幅を広げた 活動を展開。子育てママの身近な存在として悩み相談にも対応。各種セミナーや講演活動は国内外を問わず、幅広く活動中。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。