にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > イベント・コトコトレポート 富士登山デビューのビギナー必見! 快適夏山・富士登山ワンポイントアドバイス会

イベント・コトコトレポート
富士登山デビューのビギナー必見!
快適夏山・富士登山ワンポイントアドバイス会

更新日: 2014.7.30

  •  
  •   mixiチェック
◎7月26日(土)
◎3階 イングス・ウオーク 「ザ・ノースフェイス」
登山・ハイキングツアー専門の旅行会社「山旅人(やまたびと)」。少人数募集によるアットホームな雰囲気と、細やかなプラン作りやサポートでツアー初参加の方々にも好評を得ています。今回は、引率登山のプロフェッショナルとして、現場の最前線で活躍中の堀 淳吾さんをお迎えし、これから登山を始めようという登山初心者の方々にアドバイスをいただきました。
最初に、富士山はどんな山なのか簡単にお話します。標高3,776mの日本一高い山、富士山。登山ルートは、4種類。山梨県側に吉田ルート[出発地標高2,305m]と須走ルート[出発地標高1,970m]。静岡県側には、御殿場ルート[出発地標高1,440m]と富士宮ルート[出発地標高2,390m]があります。どのルートも休憩を入れてゆっくり登ることが大切です。

1泊2日くらいかけてゆっくりとした行程をとることが望ましいでしょう。山登りというのは、登って下りることが目標です。登る行程と下りる行程を楽しめるよう、自分に合った行程がとれるようにしましょう。

初めて登山をすると、2,400~2,500mを過ぎた辺りで高度障害が起こります。酸素が低下するために発生する障害で、あくびや頭痛、食欲減退、吐き気などの症状が現れます。登山口に到着したら、1時間くらい休んでスタートしたほうがいいと思います。高度に体を慣らしてからゆっくりと登ってください。

また、寒いときは酸素が不足します。たとえば、0mで30℃の場合は、100m上ると0.6℃位温度が下がります。3,460mの9合目付近では20℃位下がるので、10℃位になります。さらに風速が1mで体感温度が-1℃に。登山中には、風速10~15mなどということが頻繁にあります。血行良くして酸素をたくさん取り込むことが大切です。水を飲んで排泄させて血の循環を良くすること、スポーツドリンクなどで必須アミノ酸を補給しましょう。富士山には、各山小屋にトイレがあるので、がまんせずに水分補給をしてください。


次は装備についてお話します。軽くて薄いダウンは防寒用に、歩くときにはフリースなど通気性の良いもの。レインウエアは、寒いときや風の吹いたときに使います。上下分かれているタイプが便利です。レインウエアによっては、ゴアテックスという素材を使っているものがありますが、この素材には無数の小さな穴が空いていて、汗は体温で気化させ外へ放出し、雨粒は通しません。人は濡れると体温を奪われてしまいます。

砂やじゃりの多い登山道では安定感があり歩きやすい、靴底が固く、重量感のある靴が活躍。ねんざしにくいミドルカット以上のトレッキングシューズがおすすめです。じゃりが入りやすいのでスパッツがあると便利です。

ウエアは乾きやすい化繊のものまたはウールもOKです。薄手の服を着重ねるといいと思います。空気の層をたくさん作ると温かくなります。また、日差しが強いので体温調整しやすいこともポイントです。手袋や防寒用にニット帽をかぶり、末端を冷やさないようにしてください。日差しよけには、サングラスや帽子(防寒用のニット帽とは異なる日よけ用の帽子)。トイレに行くときやご来光を見るときに必要になるヘッドランプ。あとは、水、食料、お金など。

ザックは、1泊2日で30L位の容量が目安です。背負ったときに、肩だけでなく腰に荷重を分散し、背中全体で荷物を支えられるタイプ。重いものを上のほうに上げると軽く感じられます。ザックには、雨ぶたがあって、パッキングしやすいものを選んでください。

ザックの中は、防水することが大切。着るものが濡れては、台無しです。ザックカバーの用意や、防水仕様のインナーバッグがあると濡れずに持ち物も整理しやすくなります。

富士登山の期間は、7月上旬から9月中旬まで。暑い寒いの感じ方は個人差も大きいので、自分のペースで調整してください。一番寒いときに対応できる服装ができるようにしてください。


イベント前日まで富士登山をしていたという堀さん。リアルな体験談を交えた楽しいトークで、あっと言う間に時間が過ぎていきました。「今回のイベントが、登山を始めるきっかけになれば・・・。」山旅をこよなく愛する優しい人柄を垣間見たひとときでした。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。