にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > イベント・コトコトレポート よく見て、聞いて、いっぱい楽しもう。 親子で英語で遊ぼう!

イベント・コトコトレポート
よく見て、聞いて、いっぱい楽しもう。
親子で英語で遊ぼう!

更新日: 2014.9.10

  •  
  •   mixiチェック
◎9月8日(月)
◎4階 子育てコミュニティールーム
こどもたちに、コミュニケーションの道具としての英語を英語で教え、日本人に合ったフォニックス(発音とつづりの関係のルール)学習法を取り入れることによって「世界に通じる、英語のできる15歳」を育てる、mpi松香フォニックス。今回は、mpi松香フォニックス 認定英語指導者として、またNPO法人 TEACH 親子部門担当として活躍する高松 真衣子さんをお迎えし、ママとこどもたちが楽しい時間を過ごしました。
お部屋を訪ねてきたママとこどもたちに、先生が明るく元気な声で挨拶をすると、ひとりひとりに名前を聞いて英語で書いたシールを渡しました。全員が集まると先生が自己紹介。みなさんに約束してほしいことは「ママがいっぱい楽しむこと」と、「日本語は使わないこと」。よく見て、聞いて、いっぱい楽しみましょう。準備はOK?“ Yes,ready ! ”

先生の声や仕草をコピーして練習した後、お歌や手拍子、音楽に合わせて、ママとこどもたちは手を繋いだり、タッチしたり・・・。ママにふわりと抱っこしてもらいましょう。スイングしながら、ゆっくりと大きく回ります。わぁ、空を飛んでいるみたい。いつもと違うものがいっぱい見えてきますね。

今度は、ペアになってお歌に合せて、自己紹介をしてみましょう。相手をしっかりと見て、お名前をどうぞ。ママは軽く手を添えて、女の子はちいさな手を胸にあてて、名前を告げました。上手に言えた女の子には、男の子のママからパチパチ拍手が贈られました。おやおや、ママの手を離れてしまった女の子。お椅子の上で、笑顔を浮かべる女の子をママと先生が見つけました。気持ちがだんだん前を向いて、楽しさの中に引き込まれていきます。

先生は、フライパンとソーセージを用意しています。ひとつのフライパンに、1・2・3・・・10本のソーセージをセット。そして、お歌に合せてソーセージをポ~イ、ポ~イ。フライパンのソーセージは、8本になりました。どんどんほおっていくと、フライパンは空っぽに。“Sausage please! ”と、先生が声をかけると、こどもたちはソーセージを拾い集めて、先生のもとへ向かいました。

いっぱい体を動かした後に、先生は小さな絵本を手にして座りました。皆さんもうすこし、近くに集まってきてください。“Papa,Please Get the Moon for Me.” この本は、先生のお嬢さんがとっても好きな絵本だそう。お父さんが女の子のために、お月さまを手に入れようとする夢のある優しい物語です。先生のお話のテンポや表情に誘われて、こどもたちが絵本の前に集まってきました。お父さんは、女の子の願いを叶えることができたのでしょうか。

絵本の物語が終わりを告げるとともに、楽しいひとときも終わろうとしています。こどもたちはいっぱい遊び、ママからも温かな優しい笑顔がたくさんこぼれました。最後に、こどもたちをギュッと、ギュギュッと抱きしめて。笑顔の記憶がまたひとつ、共に心に残りました。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。