にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > イベント・コトコトレポート 手芸のテクニックでカードをデコレート! 「ティン・パン・アレイ」バレンタインカードづくり

イベント・コトコトレポート
手芸のテクニックでカードをデコレート!
「ティン・パン・アレイ」バレンタインカードづくり

更新日: 2015/2/11

  •  
  •   mixiチェック
◎2月4日(水)~2月10日(火)  
◎4階 クラフトマーケット
パッチワークとアンティーク雑貨のお店「ティン・パン・アレイ」が、クラフトマーケットに期間限定で登場。バレンタインカードづくりのワークショップも開催されました。

コーナーでは、アメリカやフランスなど海外よりセレクトしたパッチワーク用生地、可愛い色柄のボタン・リボンレースなど、ハンドメードを楽しくする手芸材料やオーナーこだわりの雑貨をラインアップ。レトロデザインのピンクッションやブリキの雑貨など、ひとつひとつのアイテムが、どこか小粋でおしゃれな雰囲気を漂わせています。

2月5日(木)・9日(月)に行われたワークショップでは、ミシンを使ったステッチと、リボンレースやボタンを使ったカードをつくりました。最初に、プリントした絵柄と封筒・カードのキットから好きなものを選び、リボンレースやボタン、ミシンで入れたステッチでカードをデコレートしていきます。

カードの表には、可愛い動物や女の子がプリントされたシールを貼り、周囲をカラフルな糸のステッチで飾ります。ピンクのカードには、ハート型にカットしたシールを貼り、赤いステッチでふちどります。女の子のシールを重ねると、グッとラブリーに。

表の出来栄えをチェックしたら、キラキラハートやお花のパーツを3つ選んで、中面のデザインにもトライ。パーツの位置を決めて、茎になる部分を下書きし、ラインに合せてミシンをかけます。ピンクのカードにはグリーンのステッチを、白いカードには、レインボーカラーのステッチをあしらいアクセントに。糸の端は結び、パーツに隠れるようカット。赤いリボンでハートのお花を束ねます。リボンにボタンをのせてもいいかも。もうすこしリボンをたしてみる?しばし悩みつつも、カードが完成。

手芸のテクニックが活かされた、手づくりのカード。レトロな絵柄との相性の良さにも新鮮な驚きがありました。参加されたお客さまからは「楽しかった。」とのお声がたくさん寄せられ、会場は温かな空気に包まれました。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。