にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 春を感じる旬のおもてなし料理 【つちだ縁に習う『料理のツボ』】

春を感じる旬のおもてなし料理
【つちだ縁に習う『料理のツボ』】

更新日: 2015/3/16

  •  
  •   mixiチェック
こんにちは、料理のツボ研究家のつちだ縁(ゆかり)です。
3月10日(火)のセミナーでは、終わってからのお客さまの一声に皆が外の景色に釘付けでした。
一瞬で外は真っ白な吹雪が!!西宮でこんな吹雪に出合うのはワタクシにとって初体験。
ちょっとだけ得した気分になっちゃいました。朝はかなり冷え込むと言ってましたものね♪
この日、食のミニセミナーでご紹介したテーマは
『春の食材で季節を感じる』 『卵料理バリエーション』です。
今回も皆さまからのアンケートにもとづいてご紹介いたしました。

今回もお馴染みの簡単スピード料理ですよ(^^)/。
茹でずに作るラザニアに挑戦!
季節の食材でミートボロネーゼを作り、ホワイトソースは手軽さを重視してレンジで作ります。
量を増やして作られる場合は、鍋で作る方が時間は短縮出来ます。
旬をたっぷり味わえるラザニアです。
※ラザニアはメーカーにより異なります。

『簡単に出来る♪筍と菜の花のラザニア』
『今が旬!空豆とほたるいかの前菜』
『ふわふわ玉子のコーンクリームスープ』


をご紹介いたします。

『簡単に出来る♪筍と菜の花のラザニア』

【材料】
★菜の花
★ミートボロネーゼ・・・
ニンニク/オリーブオイル/ローリエ/筍の水煮/玉ねぎ/牛肉合い挽きミンチ/赤(白)ワイン
トマト水煮(カットタイプ)/コンソメ/蜂蜜
★ホワイトソース・・・
バター(有塩可)/薄力粉/牛乳(室温)/塩コショウ/マヨネーズ
★ラザニア(乾)/ピザ用チーズ

【作り方】
〔1〕菜の花を少し硬めに茹で、醤油洗い(a)をして2㎝幅にカットする。
(a)醤油洗い・・・茹でた素材に醤油を数滴垂らし、巻き簾を巻いて絞る。そうする事で、素材に下味が程よく付く。
〔2〕筍を下ゆでしてザルに取り(臭みを抜く)、飾り用に数枚薄切りして醤油を数滴絡めておく。残りはみじん切りにする。

<ミートボロネーゼを作る>
〔3〕鍋にオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れ、(弱火)で香りが出るまで煮出す。
〔4〕〔3〕に玉ねぎと筍のみじん切り、塩少々を加えて玉葱が透き通るまで(中火)で炒める。更に合い挽きミンチを加えほぐしながら炒める。
〔5〕白ワインを加えてアルコールを飛ばし、(a)を加えて水分が2/3に減るまでかき混ぜながら煮込む。

<ホワイトソースを作る>
〔6〕バターと小麦粉を耐熱容器に入れ、レンジ900wで1分弱加熱。しっかりと粘りが出るまで泡立て器でかき混ぜる。
〔7〕牛乳(室温)を半量加えてかき混ぜる。レンジ900wで1分加熱し、残りの牛乳とマヨネーズ15gを加え混ぜ合せる。

<3~4段に組立てる>
〔8〕グラタン皿にラザニアを敷き、ホワイトソースを1/4量を塗り広げ、菜の花を1/4量を散らす。ミートボロネーゼを1/4量塗り広げる。
〔9〕これを繰り返し、一番上にピザ用チーズをかけて30分以上休ませる。
◆ポイント!:ラザニアの乾麺がソースの水分を吸ってふやけます。
〔10〕食べるタイミングでオーブントースターで焼き目を付ければ、出来上がり。(約10分)

『今が旬!空豆とほたるいかの前菜』
ほたるいかの下処理をする事で、食べやすくプリッとした食感に変わります。
空豆をグリルで焦げ目が付くまで焼き上げる事で、甘くしっとりした味わいに。
いつもの酢みそに洋風のテーストを加えるだけで、オードブルの完成です♪

【材料】
★ほたるいか/付属の酢みそ/空豆/オリーブオイル/ブラックペッパー
★仕上げ・・・
カレーパウダー 少々

【作り方】
〔1〕空豆をさやごとグリルで焦げ目が付くまで焼き、1粒づつ皮を剥いておく。

<ほたるいかの下処理>
〔2〕骨抜きで目と歯を取り除く。

〔3〕1リットルのお湯を沸かし、酒大さじ1を加えて〔2〕をサッと湯引き。
冷水に引き上げ、水気を切る。
〔4〕パックに付いている酢みそに、オリーブオイルとブラックペッパーを混ぜ合せて、〔1〕と〔3〕を絡める。
〔5〕お皿に盛りつけ、カレーパウダーを少々振りかけて完成。

『ふわふわ玉子のコーンクリームスープ』
コーンクリーム缶に牛乳を加え、ミキサーを使わず混ぜるだけ!
仕上げに溶き卵を加えたボリュームのある食べるポタージュスープです。

【材料】
★コーンクリーム缶/水/コンソメ/塩コショウ/牛乳
★仕上げ・・・
溶き卵/オリーブオイル

【作り方】
〔1〕鍋に材料を入れ、中火で混ぜながら加熱する。
〔2〕鍋肌からフツフツと沸き始めたら、溶き卵とオリーブオイルを回し入れて火を止める。
〔3〕ゆっくりとかき混ぜて器に注いで完成。

スープのアレンジは中華風にも和風にも、ベースのお出汁とオイルで変化を楽しめますのでぜひ色々お楽しみくださいね(^^)

レシピには計量表は載せておりませんが、ぜひご家庭の配合で作り方のコツやポイントをご参考にしていただければ嬉しく思います。
セミナーではご質問コーナーや復習タイムで、いつも熱心にご質問してくださる皆さまに感謝しております。
また、今後も皆さまのアンケート内容から、メニューを提案していきますね♪

さて来月の食のミニセミナーは、4月23日(木)午前10時15分スタートです。
次回もセミナーでのアンケートを取り上げます。テーマは、
『ゴールデンウイークは家族やお友達とホームパーティー♪はずさない!おもてなし料理』
[1]やわらかミートボールのトマト煮込み
[2]半熟卵で基本のポテトサラダ
[3]たっぷりオレンジのマフィンケーキ


ぜひ、西宮阪急1階 食料品サービスカウンターでご応募ください。
皆さまにお会い出来ます事を、心よりお待ちいたしております。

つちだ縁に習う料理のツボ 関連記事はこちら


<プロフィール>
つちだ 縁 (つちだ ゆかり)
料理のツボ研究家
辻学園日本調理師専門学校を卒業後、エアライン 国際線機内食(ファーストクラス・ビジネスクラス)を担当。その後、イタリア料理店・有名料理教室のマネージャー経験を経て独立。現在は 『studio 縁 en』を運営しながら、各種レストラン・小売店でのメニュー・レシピ作成、ディレクションを請け負う。創作メニューを得意とし、日常生活をより素敵にアレンジする 『料理のツボ』 を研究・提案し続ける。




新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。