にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > こどもたちの五感を刺激する砂遊びのススメ 【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

こどもたちの五感を刺激する砂遊びのススメ
【内田祐子 ふわはね絵本のお部屋】

更新日: 2015/5/19

  •  
  •   mixiチェック
娘たちが通っていた幼稚園は園庭が芝生で、裸足保育をしていました。
たまに保護者も裸足になり、園庭に下りることがあります。
その時の少しひんやりとした心地よい足の裏の感触は今でも鮮明に覚えています。

お外遊びが心地よい季節。

公園でもお砂場はいつも人気。
こどもたちは砂遊びが大好き。

砂遊びは、形のないものから創造力をはたらかせ、無限の可能性を含んだ遊びと言われ、脳をはたらかせるとともに、その砂の手触りは触覚を刺激し、自由な発想で自発的に遊べる遊びとして五感を育てる遊びとしてとてもいいと言われています。

今回ご紹介するのは、そんな砂遊びの絵本。
「どろだんご つくろ」

ざくざくざくざく ざっくりこ
ほって ほって ざっくりこ

「あっ どろだんごのつち でてきたよ!」
「でてきたね」

「みず いれよ」
「うん いれよ」
 ゆうちゃんは コップにみずを くんできて
あなのなかに いれました。

ちゃぷん ちゃっぷん じゃあー
とぽん とぽん じゃあー

どろだんごをつくるこどもたち。
擬音語が耳に心地よく、どろだんごづくりの様子をより豊かに伝えます。

ぐちゃ ぐちゃ ぐにゅ ぐにゅ
ぴちゃ ぴちゃ ぺちゃ ぺちゃ

保育園が舞台のこの絵本。

作者のとくながまりさんは、保育園の園長をされていて、実際にこどもたちに接し、その中で「ゆうちゃんは3さい」というシリーズなど、そのこどもたちの様子をとてもリアルに愛情いっぱい表現しています。

どろだんごのつくり方が、お話の中でとてもわかりやすく楽しく描かれ、この絵本を読むと、すぐに砂場に行って、どろだんごづくりがしたくなる。

そんな絵本です。

風が心地よい季節。

暑い強い日差しが来る前に、お子さんと一緒にどろだんごづくりしてみませんか。

さぁ、暦の上では立つ夏と書いて立夏。春の心地よさから夏の気持ちよさへ。

今月のコトコトステージ 「ふわはね絵本のある時間」でも、春から夏への絵本を楽しんでいきますよ。

【5・6月のコトコトステージ開催予定】
5・6月もイベント盛りだくさんですよー。


◎5月30日(土)
午前11時より:3歳まで/午後1時より:4歳から
ご好評につき、週末開催決定!ご家族でぜひ遊びにいらしてくださいね。


◎6月9日(火)午前11時より:はじめてえほんクラス/午後1時より:2歳・3歳以上クラス

◎6月19日(金)午前11時より:0歳クラス/午後1時より:1歳クラス

みなさんのご参加をお待ちしております!

詳細およびお申し込みは、西宮阪急ホームページ コトコトステージニュースご紹介ページより、ホームページ掲載後ご確認をお願いいたします。
(日程及び内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。)

内田祐子 ふわはね絵本のお部屋 関連記事はこちら

<プロフィール>
内田 祐子(うちだ ゆうこ)
ふわはねehon主宰
子育てアドバイザー・絵本講師・ベビーシッター
手 遊びやわらべ歌を取り入れたオリジナルの絵本読み聞かせプログラムで、暮らしの歳時記を表現。「はじめて絵本」のクラスでは、絵本の読み方や選び方・楽し み方など、お子さんと絵本を楽しむコツを伝授!子育てアドバイザーの経験を生かし、各種子育てママのお悩み相談にも対応。吹田市在住。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。