にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 初夏に嬉しい爽やかなヨーグルトを 離乳食にも摂り入れませんか♪ 【平井美穂 こどものからだと栄養】

初夏に嬉しい爽やかなヨーグルトを
離乳食にも摂り入れませんか♪
【平井美穂 こどものからだと栄養】

更新日: 2015/6/9

  •  
  •   mixiチェック
管理栄養士の平井です いよいよ梅雨に入りましたね 一日の天気や気温の変化が激しい時期ですので皆さまには一層ご自愛のほどを 体温の高いお子さまには、おやつの時間などにもコマメな水分補給をお忘れなくお願いします
前回は健康に良いヨーグルトをもっと食べよう!ということで「塩ヨーグルト」という方法をお伝えしましたが、今回は乳幼児をもつお母さま方にヨーグルトを使った離乳食レシピをご提案します
ヨーグルトは生後5ヵ月頃から摂っても良い食品とされていますが、アレルギーの出やすい蛋白食材なのでお子さまの体質や離乳食の進捗に応じて、少しずつ様子を見ながら摂り入れるようにしてください。

1歳以上の幼児~大人の方へは
〔1〕ヨーグルトとマヨネーズを混ぜた「ヨーグルトドレッシング」のサラダ和え
 レタス・りんご・パイナップルを混ぜ合わせたサラダを和えています。
〔2〕鶏胸肉を5%の味噌とヨーグルトをまぶしつけてビニール袋に包み、1晩漬けて焼いた
「鶏肉の味噌ヨーグルト焼き」
 味噌とヨーグルトの発酵食品の力で、焼いても肉がしっとりと柔らかく仕上がります。
〔3〕ヨーグルトと辛子明太子を混ぜ合わせた「ヨーグルト明太子ソース」の焼き茄子添え
 冷奴にかけても美味しく召し上がれますよ
〔4〕ラッシー⇒牛乳とヨーグルトを同量割してオリゴ糖とレモン汁を加えています。

生後9~11ヵ月頃のお子さまには
1歳までは野菜も火を通す方が無難なので、生食のレタスをキャベツの柔らかい部分の葉に代えてキャベツ・玉ねぎ・にんじんを柔らかく煮たものにヨーグルトとトマトを細かくたたいたものを添えて。

にんじんは<みじん切り>にして煮るよりも<薄切り>にして茹でた方が柔らかく・つぶしやすくなります パサつきがちな鶏肉にヨーグルトを混ぜ合わせると飲み込みやすくなりますね
辛子明太子を焼いたタラコに代えて少量混ぜても良いでしょう

生後7~8ヵ月頃のお子さまには
野菜と鶏肉の味噌ヨーグルト焼きをほぐしたものと一緒に柔らかく炊いたものに、ヨーグルトを添えています。

生後5~6ヵ月頃のお子さまには
野菜だけを昆布だし(スープ)で柔らかく煮たものに少量のヨーグルトを添えて。
まだゴックンしにくいお子さまはペースト状に潰してスープで固さを調節しましょう

今回使用した商品は
甘味づけに砂糖の代わりに乳酸菌を増やす「オリゴ糖」、卵不使用のマヨネーズ、水の分量の2%相当量の昆布を使用した昆布出汁
時間が許す限り質疑応答して、お母さま方の日頃の疑問や不安を解消していただきました

次回の食の乳幼児セミナーは
6月24日(水)午前10時15分~11時15分 1階 食料品売場 「カフェ西宮 by ドンク」にて

皆さまのお越しを楽しみにお待ちしています

平井美穂 こどものからだと栄養 関連記事はこちら


<プロフィール>
平井 美穂 (ひらい みほ)
管理栄養士・食物栄養学修士・調理師
兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科講師
NPO関西ウエルネス研究所理事
平井外科胃腸科クリニック(神戸市東灘区岡本)、その他透析病院等を含め医療機関にて栄養指導を行う。百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案など、乳幼児から高齢者までを対象に幅広い年齢層に対し、食と健康に関する講演会や料理講習会を行う。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。