にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 湯引きで、天ぷらで、照り焼きで。 関西の夏に欠かせない「鱧」をいただきましょう。

湯引きで、天ぷらで、照り焼きで。
関西の夏に欠かせない「鱧」をいただきましょう。

更新日: 2015/7/17

  •  
  •   mixiチェック
◎1階 食料品売場
こんにちは。主婦ブロガーの小鳥(ことり)です。
この間、父の大きな節目のお誕生祝いに、家族で父の生まれ育った京都に行ってきました。
色々ゆかりのあるところや思い出の場所を父の記憶をたどって回ってきましたが、大きく変わってしまってもうわからなかったり、父の記憶違いだったのか探せないところもありましたが、わいわい楽しく回ってきました。
父も遠くからこども達家族が集まっての思い出の地探訪に満足だったようです。
さて、京都の夏と言えば、いや関西の夏と言うべきでもある食材として知られる“鱧”。
産卵期である6月、7月は一番美味しい時期ですが、中でも“西宮阪急の鱧は他店とはちょっと違う”と聞いて、西宮阪急の鮮魚売場「西宮魚浜」に行ってきました。

たくさんの新鮮なお魚が並んでいます。
そう言えば、毎週土曜日は話題の近大本マグロの解体実演があって、じゃんけんで勝ったらカマや中落ちをお買得価格で売っていただけるとか。
マグロ好きの娘が聞いたら大喜びしそうな話です。

目的の鱧を発見!
鱧には硬い小骨が非常に多いので“骨切り”という下処理が必要ですが、通常骨切りした状態で仕入れてくるお店が多い中、「西宮魚浜」さんでは鮮魚売場の厨房で骨切りをしているそうです。
なので鮮度も良く、臭みも無く、他店とは全然違うとのこと。
骨切り前の、輝くピンクの身が鮮度のよさを物語っていますね!

骨切りしたものは、天ぷらやフライ、から揚げ、と美味しくいただけます。茶碗蒸しにも良いそうですよ~。

鱧開き、鱧切り身
◎1階 鮮魚売場「西宮魚浜」

一番のオススメは、やはり湯引き!だそうです。
雪のように白い湯引きには、“からし酢みそ”と“梅肉”の2種類が付いているところが心憎い♪
どっちも大好きな私は、とっても嬉しいです。

鱧の湯引き
◎1階 鮮魚売場「西宮魚浜」

照り焼き(写真上)は、違う器に移して温めるだけで調理完了!
鱧の照り焼きはまだいただいたことが無いので、楽しみです。

はも皮は、三杯酢が付いていますが、“たで酢”も合うそうですよ。
和え物にしたら間違いなく美味しそう♪

鱧 照焼き、はも皮
◎1階 鮮魚売場「西宮魚浜」

夫と娘の好物である鰻にも心惹かれました。
大阪「堀忠」の“手焼き鰻”は、名古屋の鰻を生きたまま職人が開いて、備長炭火で焼いて急速冷凍したもの。
美味しくてイチオシだそうですが、嬉しいことにお値段は控えめ♪
家族揃って晩御飯を食べられる週末にいただきたいなぁ。

「堀忠」備長炭火 手焼き鰻
◎1階 鮮魚売場「西宮魚浜」

京都育ちの父は夏にはきっとおいしい鱧や鰻を食べていたんだろうな。
今度父に昔の話を聞いてみようと思います。


<プロフィール>
小鳥(ことり)
米国の大学を卒業後、外資系企業へ就職。
結婚後、夫の転勤に伴い退職。
現在は、自家製のパンやスイーツ作りに興味を傾けている。時には、こどもの洋服や小物も手作りするといったライフスタイルを楽しむ。
自然に恵まれた環境で暮らし小鳥を愛する、一児の母。

阪神間ママブログ ~美食編~ 関連記事はこちら

【TOPICS!】
西宮阪急のポイントカードは全館でお使いいただける優れモノ!
貯まったポイントは、当日の次のお買物からすぐにご利用いただけます。
さらに、メールアドレスをご登録いただくと100ポイントプレゼント!
詳しくは売場係員にお問い合わせください。

西宮阪急ポイントカードの詳細はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。