にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 心地よい風合いとぬくもりを生み出す、手仕事。 「暮らしを彩る技」開催中。7月21日(火)まで! 【イベント・コトコトレポート】

心地よい風合いとぬくもりを生み出す、手仕事。
「暮らしを彩る技」開催中。7月21日(火)まで!
【イベント・コトコトレポート】

更新日: 2015/7/18

  •  
  •   mixiチェック
◎7月15日(水)~7月21日(火)  催し最終日は午後5時終了
◎1階 催場
1階 催場では、暮らしに取入れやすい、手づくりの風合いやぬくもりのある品々を集めて「暮らしを彩る技」を開催中。今回は、13のショップが登場。アクセサリーや雑貨、ウエアやシューズ、インテリアグッズや家具など、様々なジャンルのアイテムを紹介しています。
「ヒトと出会い、コトを起こし、モノをつくり上げる工房」をコンセプトに、手づくりの品を揃えるお店「ヒトコトモノ・工房」。どこにもない手づくりのぬくもりを伝えて生きたいという思いを持つ作家や職人が、ウエアやシューズ、アクセサリーなどを出品。足のことを考えた靴づくりを目指し、なるべく足に負担のかからないデザインを中心に、木型製作から靴づくりを行う「てしごと★足靴工房」。イベント出店やワークショップを通じて、物づくりの楽しさと、人とのつながりや物を大切にする気持ちを伝えています。

デンマーク語で「歩く」という意味を持つサンダル「Stroget(ストロイエ)」は、フットケアの知識を持つつくり手が「歩き」を考えて開発。姫路のタンナーから仕入れる牛革は厚めで柔らかく、足なじみの良さとナチュラルな風合いが特徴。足幅や甲の高さに合せて調節できるよう、足合せの中心となる3つのポイントにストラップを配置。土踏まずにフィットするラインで、足をしっかりと包み込むデザイン。手縫いのステッチで丁寧に仕上げています。

埼玉「ヒトコトモノ・工房」【西宮阪急初出店】
「てしごと★足靴工房」レザーサンダル ストロイエ(レディース)20,520円・(メンズ)21,600円
◎1階 催場

「ヒトコトモノ・工房」革のオリジナルカードケースづくり
◎各日午前11時~午後7時(所要時間約30分)*最終日の7月21日(火)は午後3時まで
◎参加費:1,620円[材料費を含む] ◎対象年齢:10歳から ◎受付随時
金具留めだけで簡単に出来るカードケース。刻印で名入れもできて、革の色も選べます。


ご主人とお母さま、お二人で桐下駄を手がける「阿保下駄製作所」。素材には、厳しい風雪の中で育まれ、木質の堅さと木目の美しさを備える津軽の桐を使用。愛着を持って長く付き合ってほしいという思いから、イベント出店ではお客さまと対面し、ひとりひとりに合せて細やかに調整。その丁寧な仕事ぶりで、リピーターも多く好評を得ています。

津軽を代表する伝統工芸「津軽塗り」。熟練の職人であっても下地づくりから仕上げまで、漆塗りと研磨を40回以上繰り返す工程で、2ヵ月の期間を要しじっくりと作業に注力します。しっとりとしたマットなベースに、艶やかに浮かび上がる黒漆の模様。雨でも手入れが楽で、はねあげの少ない歯形もポイント。職人が手づくりする鼻緒は、組みひもの表に本絹(ビロード)の裏地を組合せ、足あたりも滑らか。女性らしさの香る粋な佇まいで、涼やかな装いを演出します。

青森「阿保下駄製作所」【西宮阪急初出店】
津軽塗下駄27,000円
◎1階 催場


絵の具のかわりに様々な種類の木を使い、パズルのように組合せて1枚の作品に仕上げるウッドアート。自然の中の豊かな風景や花々、心に残る懐かしい思い出を、緻密な構図とデザインで表現する「アトリエやしろ」の作品を紹介。木によって異なる木目や色合いを確かめながら、ぬくもりのある美しい風合いに仕上げています。

夏休みのある日。里山の大きな木にとまる、大好きなカブトムシを発見。こども心をくすぐる思いがけない出合いで、ふたりともドキドキ。ひとりが木にのぼり、しずかに接近。虫取り網を手にしたもうひとりが見守る中、「おーい!いたぞ」。そんなほのぼのとした様子が伝わってきます。1年を12の花々で表すウッドアート。8月は「あさがお」をテーマに。朝の日差しを受けて咲くそのたおやかな姿に、優しさが溢れています。

新潟「アトリエやしろ」
ウッドアート「おーい!いたぞ」7,560円、「あさがお」4,536円
◎1階 催場


筑後地区のこだわりの職人たちとの新しいコラボレーションを模索しながら、手づくりの家具や木製品を創作する「創作工房 匠夢楽(たくみむら)」。卓越する技術を持ちながら、あくまでもお客さまに沿うように一番近いところでする物づくりを踏襲。自然の香りのする森の恵みが職人の手で、今の様に合った道具として誕生。使い継がれ、深い味わいを醸し、思い出を刻み続けます。

ひとつひとつの製品は、ほとんどひとりの職人が技術と英知を結集して完成。弾力性に富む特徴を持つ広葉樹“たも”を使った「楽座」。日本人が日本で使うロッキングチェアをイメージしてつくられました。背中が伸びた姿勢でかけられ、自分で揺らさないと揺れないよう設計。ロッキングの足には6つの角度が盛り込まれ、座面から立ちやすい工夫も。さらに、木製の枕や背中を押すパーツを装備。緩やかに流れる自分だけの時間を、たっぷりと堪能いただけます。

福岡「創作工房 匠夢楽(たくみむら)」
楽座(ロッキング)199,800円、サイドワゴン64,800円
◎1階 催場


つくり手の愛情が、使い手の愛着に続く一品。「暮らしを彩る技」は、7月21日(火)まで。どうぞ、お見逃しなく。

イベント・コトコトレポート 関連記事はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。