にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 夏のてみやげ、今年は和菓子で和みたい!

夏のてみやげ、今年は和菓子で和みたい!

更新日: 2015/7/23

  •  
  •   mixiチェック
◎1階 食料品売場
こんにちは、主婦ブロガーの、ようようです。
毎年夏休みには、帰省していますが、今年は何を持っていこうかな。
去年持っていった洋菓子も好評だったけれど、今年は和菓子もいいかな。
友人が「『叶 匠壽庵』の“あも”っていうお菓子が美味しいよ」と教えてくれて以来、「叶 匠壽庵」のファンになった私。西宮阪急1階の「叶 匠壽庵」へ向かいました。
お客さまがひっきりなしに来られていてスタッフも忙しそう。合間をぬって、おすすめを聞いてみました。
西宮阪急限定の詰合せ。夏らしいお菓子が6種類も入っています。
1.“夏の玉露地”(水無月をイメージしています。求肥に寒天が入っていて冷やしても硬くなりにくいそうです。)
2.“ほんわらび”(本蕨を使用したわらび羹に、こし餡の蜜がついています。)
3.“ほうじ茶羹”(寒天にほうじ茶で風味をつけた香ばしく口どけのよい涼菓。黒蜜がついています。)
4.“花甘露 清見”(今年完熟した清見オレンジの果汁をぜいたくに使用した寒天のゼリー。素材の味を楽しめます。)
5.“花甘露 紅玉”(紅玉林檎の甘酸っぱさが楽しめるゼリー。)
6.“あかい/黒蜜きなこ”(近江羽二重粉を使用した求肥餅、香り高い黒須きな粉をまぶしています。黒蜜がついています。)

どれも美味しそう!
いろいろな味が楽しめるし、3~4週間ほど日持ちもするので、お一人の方へ贈っても喜ばれそうです。

「叶匠壽庵」季節銘菓詰合せ1,555円【西宮阪急限定】
◎1階 和菓子売場

あも1棹と氷室寒天2袋の詰合せです。
氷室寒天は角切り寒天、餡と黒糖蜜がそれぞれ袋に入っています。(春日大納言小豆餡と沖縄・波照間産黒砂糖を使用した黒蜜。)
本格的な味が自宅でも楽しめるという“氷室寒天”。まずは自分用にも購入してみたくなりました。

「叶 匠壽庵」の代表銘菓“あも”は、やわらかな羽二重餅を春日大納言小豆で包んだお菓子で、私も大好きです。
夏季には“塩あも”(7月末までの販売)が入っています。優しい丸みのある赤穂の焼き塩を使用していて、通常の“あも”よりさっぱりと、そして、こしのある感じに仕上がっているそうです。
両方とも、日持ちは3週間ほど。帰省は8月だけれど、“塩あも”がほしいから7月中に買っておこうかしら。

「叶 匠壽庵」氷室寒天詰合せ(あも1棹、氷室寒天2袋)2,398円
◎1階 和菓子売場

国産本蕨粉を使用して、こし餡を包んでいます。香ばしい黒豆きな粉がついています。
生菓子なので日持ちはしませんが、近くの方へのてみやげに良さそう。
遠くに住んでいるけど、このお菓子が大好きな妹のために、新幹線に乗る前に買っていこうかしら?

「叶 匠壽庵」草庵蕨(3個入)810円
◎1階 和菓子売場

“塩あも”(7月末までの販売)と“塩水羊羹”の詰合せ。水羊羹が好きな方へはこれ!私の周りにも水羊羹は大好きという方も意外と多いんです。
塩は淡路の藻塩を使用しています。味はさわやかでぐっとしまる感じです。
ちなみに“塩あも”には赤穂の焼き塩、それぞれのお菓子に合せて、塩にもこだわっているのですね!

「叶 匠壽庵」あも(塩)・塩水羊羹詰合せ2,376円
◎1階 和菓子売場

夏はのどごしのよい、つるりと食べられるものや、後味がスッキリするものを食べたくなります。それにやっぱり体が欲しているのでしょうか、塩味がきいているお菓子も普段以上に美味しく感じます。
帰省した時に、美味しいお茶と一緒に、冷やした涼菓をいただいたら気持ちもふっと緩んで、和やかな気分になれそう!


<プロフィール>
ようよう
ニュー ヨーク生まれ、北九州市出身。大学卒業後、外資系食品会社へ就職。結婚・第一子出産後に退職。二児の母。
趣味はテニス、ウォーキング、ストレッチ体操、読書。

阪神間ママブログ ~趣味・雑貨・ギフト編~ 関連記事はこちら

【TOPICS!】
西宮阪急のポイントカードは全館でお使いいただける優れモノ!
貯まったポイントは、当日の次のお買物からすぐにご利用いただけます。
さらに、メールアドレスをご登録いただくと100ポイントプレゼント!
詳しくは売場係員にお問い合わせください。

西宮阪急ポイントカードの詳細はこちら

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。